ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

『【宇宙くんの手紙】中村咲太』のYouTube動画を見た内容のメモ12

投稿日:

●「秋分」の2つのポイント🍁身軽になりながら「新しい自分」を設定するワーク⭐️
https://youtu.be/52ao_rt31fk

波に乗っていく時、身軽なほうがスムーズに進んでいける

ネガティブを感じてる自分を許せていないと、手放せない
手放して身軽になっていくには「許す」が凄く大事

※6:20あたりから、身軽になりながら「新しい自分」を設定するワーク

ここは物理次元の「地球」という惑星
だから行動や言葉が凄く大切

 

●【神様から聞いた話】高次な存在と「共同創造」で生きる方法
https://youtu.be/Ev5yHmjw_iM

アセンションは、地球だけの話ではなく、宇宙にとっても、神様にとっても大成長期
アセンションは、宇宙みんなの共同イベント
人間界、宇宙界、神界、霊界も大成長期
ゆえに、共同することが大事
神様、マスター、宇宙人など、さまざまな意識と共同(協力)していく
これからは、段々といろいろな次元との繋がりが深くなっていく

アセンションは、宇宙みんなにとってのイベントなので、神様であっても人類と共同するということを必要としていたり興味深いとしていたりする
共同する準備が整っている人を探している
共同創造の準備が整うと、無意識であっても僕たちのアイデアや行動に、高次のエネルギーが最善な形で関与してくるようになる

神界と人間界は連動している だが、神界が人間界を勝手に変えて良いわけではない
共同はしながらも、人間界を新しくするのは、人間自身である
神は人間界で肉体を持ち、行動することはできない
神は、人々の中にある“内なる神”の側面と繋がり共同する
“内なる神”とは、直感や感覚やインスピレーションなどの「第六感」に宿り、その感覚こそが「あなたという神」である
人々がこの第六感を使い、受け入れることで、神は人々の“内なる神”を通してコンタクトする
“内なる神”を「第六感」を通して開いていくことが大切である

神界をリニューアルできるのは神界の存在たち
人間界をリニューアルできるのは人間界の存在たち

どうやって連動、共同するのか
僕たちの中の“内なる神”を通して連動、共同していく
直感、感覚、インスピレーション、チャネリング、リーディング、ヒーリング
第六感(内なる神)は、高次の存在と地球の僕たちの「架け橋」

共同創造とは、
僕たちの才能や魂の目的×神々のエネルギーやアイデア
が自然と融合されてアップデートされて降りてくる

無意識レベルの直感で神々は、僕たちに提案してくる

~「共同創造の準備」が整っている状態の6個の特徴~
①自分の中の「第六感」「内なる神」への信頼
直感や感覚、フィーリングへの信頼

②行動力(変化の準備、古さを手放す準備)
降りてきても行動しなければ、ただ降りてくるだけで何も起こらない
行動すると変化する
行動できる⇒変化できる準備が心の中で整っている⇒今ある古いものに執着せず手放す準備ができている

③ピュアで純粋な意図
独りよがりな強欲な使い方、ギラギラしたエゴな使い方、は共同創造を生かせない
共同創造は、この世界がよりハッピーになっていくために共同創造を起こす

④現実的な「メリット・デメリット」に左右されない
現実的なメリットデメリットは三次元の概念の中で生まれているもの
降りてきたことは、この概念よりも飛び越えたところにあったりする
メリットデメリットで並べたら確かにAなんだけど、感覚として本当にBに惹かれている、直感的にBが良いというのが降りてきている、だからBを選ぼう となる

⑤高次な存在を「上」に見ない(崇めない)
上に見ることで、成長がある一定のところで止まってしまう
これ以上成長できないという壁になることもある
自分の一部であると見ていくことが良い
尊敬、リスペクト、敬意を払うのは良い

⑥魂の発展へのワクワク、好奇心
精神レベルでの成長や発展にワクワクと楽しむ視点

共同創造とサポートは違う
日々高次な存在からサポートは受けている
サポートされている上で、共にアクションを起こしていくことが共同創造

 

●【10月のリーディング】「新人類」として生きるためのポイント✨
https://youtu.be/490B3mVDIQs

私の正解は私が決める
自分は自分の道を生きる
今までは、社会の中でこういう風にやるのが安定した生き方で正解だとか、こういう考え方が一般的に考えて良い人だよとか、みんなで共有している正解、常識があった
これが今グラついてきている
多数派の正解が、本当のそうなのか?それも悪くはないけど、もっと新しい考え方があるんじゃないか?と移行していっている

他人軸で外に正解を求めると、「魂の望むルート」からズレていくことに繋がる
「自分の答え」を持った上で、誰かの話を参考にするのは大切
「答えそのもの」を外に求めるのは、他人軸になる
「周りと違う選択」でも良い
自分の中の正解を「肯定」していくことが大切
(後から違うと思ったら、その時に素直に修正すれば良い)
行動する時は、潔く、前向きに、フレッシュに

「自分をハッキリと表して生きる」
これが新人類の第一の練習
ワンネスというのは、みんなが一緒というわけではない
みんな違う、けど元は1つ
人と違くて良い、けど根底にある愛というものは1つだったということに気付くことがワンネス
いろいろなことをして生きるけど、表現しているものは、本当は全て「愛」

 

●【チャネリング】宇宙意識を思い出す生き方⭐️ハイヤーセルフの濃度を上げる
https://youtu.be/sQIB8U9Nyyk

「無限の可能性が私にあるのであれば、私は何を選ぶ?」

脳みそ(概念)の外側へ出て行った時に、「3次元の殻」を破ることになる

「制限の殻」を破っていった時に、ハイヤーセルフの光が、地球上の意識にさらに差し込む

根拠はないけど、私にとってこれに惹かれている、これが大切なように感じる、何か気になる、
理論を超えた、頭での想像を超えた感覚

降りてきた感覚を、地球上で言葉にしたり、形にしたり、行動にしたりすることで、宇宙そのものの濃度を濃くしていける

 

●【目醒めの2極化】3次元の概念を外すワーク|人類の集合意識
https://youtu.be/EhNT9NQ3o0c

「集合意識」という次元があり、そこに直接アクセスして情報を読み取る

「重たい周波数」に繋がってる人
「軽やかな周波数」に繋がってる人
両者がより顕著に

同じ地球で生きてても、繋がるところが変わるだけで見え方が大きく違って見える
自分の意識が繋がる先を、意図的に変えていく
この先に存在する「自分の軽やかな姿」にワクワクしながら、今できることを丁寧に行動する
現実に関係なく、どこにフォーカスを当てるかは、僕たちの自由
「考え方」「見方」「意味」は自分で選ぶ

「眠りの意識」のシステムの外側に出る
宇宙意識の「心地のいい領域」を使って生きる

難しい、困難、複雑、無理、こうしないといけない…
これらが絡み合って「システム化」している

※12:15あたりから、ワーク

イメージは、神聖な部分と繋がっていく偉大な視点

ネガティブな周波数を嫌っていると本当に手放すことはできない
使うのは「感謝」
今まで3次元の体験をさせてくれた、この周波数に「ありがとう」

季節が変わるという現実を僕たちは映している
変わるという四季を映しているということは、僕たちの内側も変わり時である
外で起きることは、内側で先に起こっている

自分に一致して動いて行った先の失敗は、失敗ではなく何も失っていない、気づきを得ている

 

●【宇宙人に聞いた話】人類に記憶された「情報」を新しくする🌟
https://youtu.be/bRbRjdbBGu4

ガイさん―未来の時空から来ている宇宙人

頸椎:僕たち人類の生物学的なシステムや仕組みの情報が入っている
この地球で地球人として、僕たちが生命として創られる時に、当時のいろいろな宇宙種族の人たちがサポートであり実験のようなことをしていた
(僕たちがAIを作っているように、当時は地球人が創られた)
その時に、宇宙種族の人たちが地球人の頸椎に情報を入れていた
AIチックだったかつての古いシステムの情報が記録されている

例:眠って生きる情報、支配されるという情報、無機質な情報、等々…

人類は突然変異のようなもので、AIがいきなり「私も生物として発展します」と宣言したようなもの
地球人は、かつてはこれほど目を醒ましていくほどにまでできる種族して生み出されたものではなかった
もう少し別の用途で誕生したのが当時の地球人だった
それが突然変異で、「心」を持ち、「愛」を感じ始め、さらには「愛を表現」するようになった
本当はもう少し機械的で、無機質だった
支配されて動かされるような
人類もAIを作って便利に共同しようとしている
それと似ていた
でもある時、ピノキオのように人類は「愛」を自らの意志で使い始めた
そのかつての別の用途のための古いシステムの情報が頸椎に記録されている

波動を上げていくうえで、頸椎の生物学的な情報も変えていく必要がある
目を醒ましていくという、宇宙の1つの種族としてより発展的な変化を迎えるという意味での目を醒ましていくという生物学的な情報
自分主体という情報
あたたかくて、「愛」をもっと深める明るい意味でのハートフルさという情報

※7:15あたりから、人類に記憶された「情報」を新しくするワーク

 

●【今、宇宙で起きてること】あなたのガイドの大移動⭐️自分200%で生きる
https://youtu.be/pvS_ZseveVk

僕たちをサポートする宇宙のサポーターたちが移動期に入っている
冬至までの間に切り替わる
多くの人の中で起こっている
1人1人の中でも大幅に変わっていく可能性がある

今もう一度、深く自分自身がどう生きていくのか?を一歩進んで決める
制限をよりはずし、これまでの描いていた自分の理想よりもう一歩先もあるかもしれないと思い

その生き方の電波によって、サポーターたちは集まっていく

もう1つ殻を破って一致していく
限界を1つ突破したような

楽しく生きる、楽に生きるとは、必要大切から目を背けて楽になるのは、楽ではなくただ怠けている 成長体験から目を背けている
楽に生きるとは、この大切必要すらリラックスして向き合うことができる、という心の準備ができている状態が楽に生きるということ
どれだけ本気で自分の人生を大切にしていきたいか
本当の本当はどう思っているのか?

※12:10あたりから、ワーク

ピュアで純粋さで
どういうあり方でいたいか? ⇒ それを体現するために、何をしたいか? 執着せずに決めていく

本気だけど力まず、リラックスの中での本気
行動していくことが大事
自分じゃ無理だ、周りに迷惑かけるから、をしないことが大事

後で変わったりしても、今の自分にとっての真実の音を出していけば、宇宙の次元のサポーターたちは「今はこう言ってるけど、もうすぐで言ってることが変わるな、移行期間だから変わる可能性あるな」ということも理解した上で来てくれる
後で変わっても良いから、今の自分にとっての真実の音を出して決めていく

サポーターたちも、誰が共同創造してくれるかなとワクワクしている
だから僕たちもワクワクの電波を出していくことで繋がる

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

私の思う、この世の真理にかなり近いと感じる哲学

プロティノス(一者) 仏教-唯識(阿頼耶識) アンリ・ベルクソン(持続-純粋記憶) カール・グスタフ・ユング(集合的無意識)

no image

世界は自由の場であり、我々は物理法則という制限を設定して存在しているという可能性

現実世界において、我々人類は「宗教」という設定を創ることによって、意味や目的を見出して生きている。別の言い方をすると「意味や目的」という制限を自らかけることを望んで生きていると言っても過言ではない。 …

no image

「ソウルメイト」という概念について、自分なりに調べて考察

スピリチュアルにおいて、「ソウルメイト」という概念がある。 おそらく、人生において重要人物となる存在は、確実に「ソウルメイト」なのだろう。 それと同時に、ある程度そのソウルメイト同士の、人生における影 …

no image

仮に理想郷の創造が実現されたとしても

仮に理想郷の創造が実現されたとしても、我々はその理想的な状態にいずれは「慣れ」てしまい、理想郷が、自身の心によって理想郷として認識できなくなってしまう。 ゆえに、仮に理想郷が実現されたとしても、それは …

no image

スピリチュアリズム入門を読んで、自分なりにまとめたメモ

スピリチュアリズム普及会スピリチュアリズム入門https://spiritualism-books.jp/sp-introduction1/   睡眠中すべての人間が、幽体離脱している(思い出せないだ …

タウンライフ旅さがし

忍者AdMax