ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

『【宇宙くんの手紙】中村咲太』のYouTube動画を見た内容のメモ2

投稿日:

●【中村 咲太 公開チャネリング】聖母マリア 〜目醒めの“i” はどんな愛?〜
https://www.youtube.com/watch?v=CxjuX96AUOM

ピラミッドは、5次元の宇宙や別のパラレル、宇宙のいろいろなところと繋がっている波動の高い場所

この前苦しくて自殺しちゃったけど、誰か聞いてくれないかな~ でも、天使のフリしないときっと聞いてくれないから、天使っぽく話してみよう という存在も多くいる

俺天使ほどではないんだよね、プレデアスとかシリウスとか地球のサポートしてるけどそういうのでもないんだよね これ以上地球の波動が高くなると地球とコンタクト取れなくなっちゃうんだよね という存在もいる

ハイヤーセルフと繋がって、ハイヤーセルフのマネジメントが入っているとそういう存在と繋がらなくなる

人間関係と同じ 自分と一致した人生を送っていくと人間関係の別れや出会いが出てくる

宇宙のすべては「愛」でできている
密度の違いによって、形成の仕方が違う
(無視や争いすら愛でできている ※けど愛の密度が薄い)

愛を求めている時は、自分と愛を分離させて、愛を探すフリをしなければならない

すべてが愛であり、自分自身が愛そのものである

カルマというのは、魂の傷みたいなもの
愛の密度が薄い時にカルマが起きる

自分を枯渇させることで、相手に愛を与えることは、愛ではない
これでは±ゼロであり、何も生まれていない

大事なのは、自分自身が愛であると知った上で、自分自身のやりたいことをやり、人を豊かにしていくこと

愛が広がっていくと、いろいろなことを「許す」ということに繋がっていく
許しの中に、自分のことを嫌ってもいいよ、怒ってもいいよ、納得しなくたっていいよ、相手がどんな反応示したっていいよ、というスタンスで自分自身にとっての愛を表現していく

自分自身が、愛に気づいた生き方をしていれば、自然と自分自身が周りにとっての灯台になる

昔:努力による生き方 ⇒ 波動が荒い 今:愛による生き方

地球そのものが愛の方向に波動を上げていっている

自分の中の自己防衛を無くす
自己防衛も闘い
相手のどんな反応や対応も受け入れる心 受け入れる喜び
これを受け入れられる私はもっと波動を上げれるのではないか、というワクワク

ノー防御によって、自分自身の生き方ができる

波動が上がっていくことへの怖さ
変化の怖さ
そこから来る「これで本当の良いのだろうか」という疑い

自己防衛をするというのは、自分がその周波数を持っていると認めているようなもの
波動を制御するということに比重を置いていれば、自己防衛はいらなくなる

愛そのもので生きるということは「(外向きの)良い人」「(外向きの)真面目な人」でいるということをやめるということ

自然な人になるということ

私先にいくわと言って「周りの灯台」になっていく人が、魂的に「良い人」

「無関心」が愛から一番遠い
喧嘩すら愛でできている(相手の存在を認めているから)
自分自身の人生に対してどれだけ興味を持っているか
自分の人生に夢中になって責任を持てるかどうか

自分が自分のことを好きになると、自然とモテるようになる
自分の人生に興味を持つこと
外に愛を探すのではなく、自分自身に愛を向ける

「やりたいこと」の決めていることの中の、まだ決めていない小さなこと、決め見落としていることに目を向ける

言葉は補足くらいなもの
愛がにじみ出るくらいなところまで行く(灯台になる)

嫌いな人や苦手な人にも愛で包み込む
すべてに対して愛で見れるようになった時、ワクワクが生まれる

そして、嫌いな人苦手な人に対して祝福のエネルギーを送る

目覚めないと、と義務感に変わっていった時は、もう一度ワクワクを思い出す、楽しいプロジェクトであることを再認識する

 

●2020年「春分」目醒めのゲートを潜る【宮古島リトリート&ワークショップ】
https://www.youtube.com/watch?v=kCHXW1IhjVg

眠りから目覚めへの移行が簡単に移動できる時期が、ゲートが開いてる時期

ゲートが閉まり二極化になると、眠りと目覚めへの移動が簡単には行えなくなる ⇒ 閉まってる時期に目覚めにジャンプしたのが、仏陀やイエス・キリスト

閉まっている時期は、たくさん過酷な修行して目覚めていった
開いている時期は、そういう過程なしに簡単に移行できる

宮古島は「地球の創造」に関係している
人類が地球に来る前に、神やいろいろな存在が地球を創っていった
山を創ったり、海を創ったり

私たちはこれまで眠りの創造のエリアと繋がって創造していった
これからは、創造のラインをアセンション型に新しく繋ぎ変えていく
目覚めの創造

 

●2019年「冬至」【サファイアの忘年会】宇宙から覚醒のエネルギーが降り注ぐ冬至の夜に。
https://www.youtube.com/watch?v=5bfuvlWEfdU
自分の人生そのものと向き合っていく視点が大事

 

●「統合のスタンス」〜どこで統合してる?〜
https://www.youtube.com/watch?v=4ZlOEaPIPns
自分自身に正直で素直な生き方

同じ統合のワークをやっていても、自分自身に正直に素直な視点じゃないと統合しきれない
眠りのスタンスで統合しようとしてる? or 完全に目覚めると決めて統合しようとしてる?

 

●冬至の前にフリートーク|意識の整理は「わからない」を見つめなおすことから。
https://www.youtube.com/watch?v=YgkkBnEOTBM

(自分自身の気持ちが)わからないを無くしていく

わからないであっても、わからないなりに、今わかっていることを確認していく

そして、わかったことはズルズル行かずに決める

これまで決めてきたことも、自分が変化することで、昔決めてきたこともズレていく
「今この瞬間の自分にとって惹かれているもの、捉えているものは何か?」

毎瞬毎瞬自分をアップデートしていく

そして、今この瞬間を楽しむ

運命は決まっているけど、無限に運命はあるので、無数にある運命を「選択」していく

 

●冬至のワーク|イメージワークの捉え方。
https://www.youtube.com/watch?v=bmvs1RfsP4s

大事なのは、ワークではなく「自分自身の行動、選択」

ワーク頼りのスタンスになるのではなく、ワークを使って、自分の行動、選択を最大化していくというスタンスが大事

 

●【中村咲太のバリ旅】(前半)2020年 目醒めのリトリート説明会Movie
https://www.youtube.com/watch?v=bq14Pz1BvwY

眠っていた頃は、神は崇める存在だった

本当は、神も自分も同じだけの力を持っていて、役割の違いなだけ

 

●【中村咲太のバリ旅】(後半)2020年 目醒めのリトリート説明会Movie
https://www.youtube.com/watch?v=duEgFmZ9DVQ

神や宇宙を「外」に見ている時は、本質と向き合うことはできない
自分の中にある「宇宙」を認めていくスタンス
分離のない見方で、宇宙や神と向き合っていく

神という「他人」と話しているのではなく、「内なる神」と話している
自分が受け取った物や感じたことは、自分にとっての「真実」

自分の中と繋がっていくことが本当のチャネリングや目覚めである

バリ島の歴史が始まる前の時代… 宇宙人からも叡智を受け取っていた ⇒ 当時の人は宇宙人も神だと思っていたのだろう

 

●目醒めていく意識は、ネガティブを扉にできる☆
https://www.youtube.com/watch?v=PfroeSK4nkA

ネガティブは「扉」

正直に生きるからこそ出てくるネガティブは「扉」

やりたいことをやっている時に出てくるネガティブは「扉」

ネガティブを手放して扉の先に出ていくことで、意識が広がっていく

 

●意思の明確さでジャンプする|「わからない」を選ばない|家族・恋愛・パートナー|など。
https://www.youtube.com/watch?v=wutOZxH7o5I

「現実は自分で創っている」の集まりが地球

人の意識が動いているので、大きなことを起こしている

各々が次の目的地にジャンプしている

自分の意思を常に明確に持つ

「ピュアさ」「真っ直ぐさ」を使う

自分が変われば答えも変わる

自分の中の答えが羅針盤

 

●自分の中の「ピュア」と向き合うワーク。「ピュアな一致」と「粗い一致」の違い。
https://www.youtube.com/watch?v=gHjqFIThBkc

エゴな角度からの一致ではなく、ピュアな角度からの一致

※動画内の、自分の中の「ピュア」と向き合うワークを参照

 

●「愛」は地球と自分に贈るプレゼント。|スターシードやライトワーカーの話も一緒に。
https://youtu.be/A0WbEFd3X_M

何かやりたいことを見つけよう、こんなことを成し遂げた、等… 目に見えるところでこれをしたと言えるものがあることで初めて安心できる人もいるが、大事なのはそれ以上に「どんなエネルギーでやったか」 幸な気持ちでそれをやったか。
何もしていなくても、ただポカポカな気持ちでここに存在しているだけで、世界の役に立っている。

 

●【SPI☆LABO】魂で遊ぶ生き方|希望を表現する大人。
https://youtu.be/dZyge6ehwBU

遊ぶ時こそ、真実の自分を生きている
遊んでないということは、真実から遠くなっている

遊ぶ=楽しむ、楽しむ=愛する

息抜きが要らないくらいの「遊び」を人生の中心に置く

日常そのものを楽しむことが、使命と一致していく

 

●【聖母マリアのチャネリング】
https://www.youtube.com/watch?v=hCqMOmyVZwM

自分を生きることを貫き、そのほかのことを柔軟にする
勇気を持って自分自身を信頼して変化を捉えていく

人生というのは芸術のツール
地球というのはキャンバス
皆さんは絵具や筆といった道具を使い、地球というキャンバスに絵を描くように、たくさんのアートを創っていく

 

●【SPI☆LABO】最近の話|4月は春分後の「新しい人生」のスタート。
https://www.youtube.com/watch?v=Djf7tyg-roI

愛の循環をサポートするツールが仕事

 

●新しいアセンデットマスターとの繋がりを深くするワーク|YouTubeライブのお知らせ。|チャネリンの話など。
https://www.youtube.com/watch?v=MEZ7STy3mZo

アセンデットマスター:地球での輪廻転生の輪を抜けた人たち
地球の外側から人類をサポートしたり、導きをしたりすることによって自分の成長をしていこうという者たち
源に還るための学びという点では我々と一緒だが、源に還るための学び、体験の仕方の違い

仏陀、イエス・キリスト、聖母マリア、セントジャーメイン、セラピス・ベイ等々…

 

☆●【ワンネス意識のチャネリングとは?】〜宇宙そのものの自分で、地球を生きる〜
https://www.youtube.com/watch?v=4k3O34WyXRg

分離の意識でのチャネリング:自分の外に天使やマスターがいて、外の存在の彼らと繋がるという認識

ワンネス意識のチャネリング:自分=宇宙そのもの、天使やマスターは宇宙に存在する、つまり自分の中に天使やマスターが存在する

自分の中の天使性、自分の中のマスター性を自由にダウンロードして生きる

天使やマスターを外に見る視点は自分軸ではない
天使やマスターを自分の中の存在と捉えることで、自分軸になる

 

☆●チャネリングの個性|信頼の大切さ|自分軸で自分と向き合う etc
https://youtu.be/HjXHlHUyc6Q

自分の中の天使性、マスター性
Aさんの中の聖母マリア、Bさんの中の聖母マリア
繋がる先は同じ意識の聖母マリア

けど、Aさんという脳の回路、Bさんという脳の回路を経由するので、AさんとBさんで聖母マリアを見ている視点が違ってくる

自分自身に降りてきたことに疑いの目で見ないように
降ろして、行動して、何かに気づく、というプロセスがセットになってチャネリング
自分自身を信頼することで、宇宙意識の自分との距離は縮まっていく

チャネリングは、質問の仕方も大事
他人軸での質問ではなく、自分軸での質問

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

雑記

物理的には、生物は「遺伝子の乗り物」であることは否定しようがない。 現実世界の法則だけを見ると、人生の目的は単に「自分の遺伝子を残すこと」でしかない。 それ以外の「精神的な人生の目的」に関しては、人類 …

no image

「意味」や「目的」は、本当は存在しない

創造神が世界を創造した「意味」や「目的」我々の魂が輪廻転生をする「意味」や「目的」 本当は「意味」や「目的」というものは、存在しないのかもしれない。 意味や目的を追い求めるのは、我々の自我、エゴであり …

no image

イデアの存在を信じたい

no image

過去記事6

脳の正体はホログラム 記憶はいったいどこに、どのように蓄積されているのか? ※画像:http://www.biz-kpc.net 神経心理学者カール・ラシュリー氏による、ネズミの脳の実験 ラシュリーは …

no image

雑記

ソクラテス以前の古代ギリシャ哲学において、デモクリトスが「原子論」を唱え、原子の存在を予言した。 現代においては「素粒子」の存在が確認されている。   ソフィスト時代において、アリストテレスが「四原因 …