ふるふる哲学

今までいろいろな教えに触れてきましたが、私は「神人さん」の教えが、真の教えとしてとてもわかりやすく感じました。 神人さんの教えに興味のある方は「神人講演会」に参加されることをおすすめいたします。

未設定

【微ネタバレ注意】『古事記転生』(著:サム(アライコウヨウ) )を紹介したい

投稿日:

『古事記転生』を読んで感じた感想をそのままお伝えしていきます。

この内容は、1人1人の我々の人生そのものと向き合うきっかけになる本であると感じています。
内容のネタバレも微量含みますので、ご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・

この本における大きなキーワードとして「国づくり」というキーワードがあります。
もちろん「村づくり」も国づくりの大きな要素の一部であると思います。

それと共に、私自身は、日常生活の中にも「国づくり」はたくさん潜んでいると感じました。

たとえば、会社を経営するという視点も、会社という1つの組織づくりでありますし、
お店1つ経営するにしても、1つの組織づくりであります。
そして、YouTuberという活動そのものも、YouTubeチャンネルという1つの組織づくりであります。
アイドルグループという存在も同様に考えることができ、
つまり、我々の日常生活そのものが、小さな国づくりの集合体であると捉えることができます。

そして、実際に組織づくりを行う「運命のガイド」という目的を持って生まれてきた者と、その目的に賛同する「運命のガイドに導かれる存在」という、縁と縁の繋がりによって、この「国づくり」は成り立っているということでもあります。

つまり、国づくりは身近に存在し、その1つ1つの国づくり全てが、「気づき」と「感謝」の連続である。
そのように私は感じました。

また、大国主がつくり上げた国を譲ってもらうためにやってきたアマテラス率いる高天原の存在たちでありますが、
ここからは、完全に私個人の妄想になってしまいますが、
アマテラスつまり天照大御神は、瀬織津姫と同一存在であるとも捉えることができ、
大国主がつくり上げた国づくりの根幹に瀬織津姫があるならば、その世界における国は目醒めの周波数の強い国であり、その後そこから我々地球存在たちは自ら「眠り」の体験を経験する選択を行った。
つまり、その眠りの体験をするための、眠りの体験を国に反映させるための存在が瀬織津姫の分身である天照大御神であると捉えることができるのではないか、
という妄想を私自身しました。

そして、天津神と国津神の統合、はたまた天照大御神と瀬織津姫の統合こそが、これからの新しい時代をつくり上げていくのかもしれません。

また、ここではアマテラスを眠りの体験と表現しましたが、そもそも目醒めや眠りといった二元の概念すらも統合していくことで、アマテラスつまり天照大御神は目醒めの存在へとなっていくと私は感じております。
いや、ニュートラルな存在へとなっていくと感じております。

以上、感想という名の、完全私の妄想話に飛躍した記事をお送りしました。

商品URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B0C9HJKF8F

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

生きているだけで幸せなのだということに気付くことが人生である

生きているだけで幸せなのだということに気付くことが、人生である。 本当の幸せとは何か?どんなに金持ちになったとしても、どんなに社会的地位を得たとしても、それが果たして本当に人より幸せと言えるのだろうか …

no image

お釈迦様はなぜ悟ったのか?について

インドにおいては、ヴェーダによって神話が伝えられ、ウパニシャッドによって哲学的な意味が伝えられた。そして、六派哲学、沙門の思想によって様々な解釈が行われた。 ウパニシャッド哲学:梵我一如【正統派:六派 …

no image

過去記事5

宇宙は巨大なホログラム ~精密にできた幻~ 電子は粒子としても波動としても現れる ※画像:http://www.t-academia.com スイッチを切った状態のテレビのブラウン管に電子を放射すると …

no image

生物の進化と、魂の進化

仏教における、六道輪廻において、人間界のほうが畜生界(動物)より上となってます。 また、ショーペンハウアー哲学においても、植物を低位のイデア、最上位のイデアを人間と捉えています。 ベルクソンは「創造的 …

no image

「中道」という生き方

人間は、常に「目的」を求める生き物である。「目的」に向かっている時に人間は生き甲斐を感じ、逆に目的の枯渇が人間にとっての苦となる。 人間は退屈を苦と感じ、常に退屈を生み出さない努力を永遠と続ける存在で …