ふるふる哲学

今までいろいろな教えに触れてきましたが、私は「神人さん」の教えが、真の教えとしてとてもわかりやすく感じました。 その中でも 【真実に目醒め魂を輝かせる】和人チャンネル https://www.youtube.com/@kamihito-kazuhito. が特にわかりやすく伝えられていると思います。

未設定

旧総まとめ – 自分自身と向き合う

投稿日:

基本的に、元のWordファイルからすべて選択→コピー&ペーストしただけですので、読みずらい箇所があるかと思われます。
だが、総まとめのPDFの中身を記事でも公開したく思い、記事にしました。

 

新、自分自身と向き合う

【【日本人注意】死後の世界と生まれ変わりの結論を聞いてしまいました《神人さんとの対話》 の動画を視聴したメモ】

【日本人注意】死後の世界と生まれ変わりの結論を聞いてしまいました《神人さんとの対話》
https://www.youtube.com/watch?v=dm9H1bHpXZU

(【真実に目醒め魂を輝かせる】和人チャンネル より https://www.youtube.com/@kamihito-kazuhito.)

・病気、老衰等でゆっくり亡くなっていく場合:死期が理解できてくる→と共に霊意識・霊感が強くなっていく→徐々に霊的存在が見えてくる

・交通事故等で急に亡くなってしまった場合:全く覚悟ができていない状態で急に死に至ったため、死んだことを理解するのに時間がかかる→曖昧な状態を過ごす

・霊体が肉体から離れて、霊体と肉体を繋ぐエネルギー線が切れてしまうと、肉体を自分の意思で動かすことが不可能となり、100%霊意識の状態になる
そして、鮮明な意識で、異次元と現次元の両方を見る(幽界、幽現界)

・日本人は集合意識の刷り込みにより、三途の川をほとんどの日本人がまずは見る
そこから、自分の意識に応じたところへ分かれる
→もう楽になりたい
→もっと先へ進みたい
→自分はどうなった?家はどうなってる?家族はどうなってる?仕事場はどうなってる?確認したい(気になると、瞬時にそっちに戻る)
その人がどのような感情で亡くなったかによっても、どのような場所に留まるか、居るか、居たいか
全部自由意志に任される

・死んで地獄に落ちるという教えは正しくはない
→裁判官も現れない、地獄にも落ちていない、鬼もいない、普段と変わらず普通に家にいる

・行きたいと思うところに行く、会いたいと思う人に会える
→当面それを気が済むまで繰り返す

・幽界からさらに一つ先の霊界での暮らし:己の信仰心があったら同じ共有意識を持つ者たちのところへ行く→一つの霊団として捉えられる
霊団に所属するようになる→同じような価値観の者たちがいるから共にそこに過ごすことは心地が良い
霊団の団体の命に従うようになる

・己の欲求が旅人であるならば、ずっと旅している:世界中を、または時空を超えて過去を

・誰かのそばにいたいと思うならば、誰かのそばで近親霊となったり、指導霊となるための学びを深めていったり

・生まれ変わりは、自分では選べない
→そこに関与するのは、守護霊、指導霊たち
→いろいろなことをそこで教育されながら、望みが叶えられるかどうかも含めて、指導霊たちが教育していく
自分が望めば生まれ変われるというような単純なものではない
いろいろな条件状況が揃って、ようやく次の生が与えられる
生まれ変われるということは、簡単ではない
どこに生まれ変われるかということも含めて、高次元存在たちが決めていく

・縄文時代の御霊で生まれ変わらないでいる存在たちもいる
「なぜ生まれ変わらなければいけないんですか?」
縄文御霊たちは、そこで生きていたことが幸せで、その者たちと共にいることが幸せで、生きてても亡くなってもその場空間を共有し続けていた 何百年 何千年
→そこに「生まれ変わらねばならない」という認識は無かった
→それほど幸せな御霊であった

・生まれ変わる必要のない者になりましょうという仏教的な教えは果たして正しい教えであったのか?
→本当にお釈迦様はそれを説いたのだろうか? 仏典とされるものはお釈迦様は自分で書いていない

・死後はこうあるべきだとされる教えも、果たしてそもそもその教えは本当に正しいのか?

・目醒めるというのは、正しく知るということなのでしょう
→そのためには、正しく知りたいっていう欲求を持てるか否か

・霊界の中にも、何百年、何千年前の者たちの意識もそこにあり、その者たちですら本当のことを知らないという現状がある
→霊団レベルで存在している
ほとんどは、死んだ者たちも知らない

・生きている時に探求心がある人たちは、亡くなったならば探求する→過去に行ったり、地球内部に行ったり、太陽の中に行ったり、月の中に行ったり、宇宙に行ったり
何が本当か知りたいと思える人たちは知る

【感想】

【日本人注意】死後の世界と生まれ変わりの結論を聞いてしまいました《神人さんとの対話》
https://www.youtube.com/watch?v=dm9H1bHpXZU

(【真実に目醒め魂を輝かせる】和人チャンネル より https://www.youtube.com/@kamihito-kazuhito.)

こちらの動画、ここ最近の中で特に良い動画内容でした。

以前から、神とは森羅万象のことであると教わってたのですけど、
霊人、霊団、宇宙存在に対する捉え方も、一新されたように思います。

霊界の中にも、何百年、何千年前の者たちの意識もそこにあり、その者たちですら本当のことを知らないという現状があり、霊団レベルで存在している
とあるように、霊界には多数の霊団が存在し、それぞれ霊団ごとに思想も異なってくるのだろうとそう考えられます。

何が正しくて何が間違っているか?
信じられている思想は、霊団の数だけ存在する。
と思うと、正解の無い旅の中で、真実を見出していくという、
その過程はまさに、人生とは探求だなとそう思えたりします。

私の今までの初心の頃からの原動力は、「知りたい」という「知的好奇心」であり、
その知的好奇心こそが自分の誇れる大切にしたい特色でもあったと思い出すことができたように思えます。

おそらく私は死後も、真実を知るための探求をしていくのかもしれません。
それが私にとっての喜びでもあると思えます。

目醒めるというのは、正しく知るということなのでしょう
という内容が特にしっくりくる目醒めの定義でした。

それと共に、私は、目醒めとは「森羅万象に感謝すること」でもあるのだろうと、そう思いました。

【HSPの人にこそ聞いてほしい。振動数バリアを張って低い波動に飲み込まれない方法を解説しています。2024年から激化する「炙り出し」を乗り切りましょう。 を視聴した感想】

HSPの人にこそ聞いてほしい。振動数バリアを張って低い波動に飲み込まれない方法を解説しています。2024年から激化する「炙り出し」を乗り切りましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=vvDV644ja60

この内容を視聴して、自分自身の実生活ともリンクしている部分が多々あると感じました。

私自身、「振動数バリア」という概念はこの動画で初めて知ったのですけど、

実はすでに振動数バリアは、実生活で実践していたということに気付きました。

私は仕事において、昔に遡れば遡るほど、低い周波数に飲み込まれて振り回される日々を送っていました。

そんな中で、そんな低い周波数に振り回される日々を終わらせたいと思い、自分自身を変えていった過去があります。

そしてそれは、この動画における「振動数バリア」だったのです。

ただ、自分自身におけるまだ至らない点としては、

瞑想によるリセット時間が足りてないように思えました。

内観の時間は、息を吸うように日々行っているつもりではありますけど、

今一度、ニュートラルに戻すこともさらに心掛けていきたいと、そう思いました。

旧、自分自身と向き合う

【世の中情報で溢れかえっている中、ふと思うこと】

世の中にはたくさんの情報で溢れかえっている。

仏教のお釈迦様の教えも、後に様々な宗派に分かれ、数えきれないほどの経典で溢れかえっていった。

世の中には、たくさんのスピリチュアル系のYouTubeチャンネルや都市伝説系のYouTubeチャンネルが存在する。

世の中には、たくさんのスピリチュアル系の書籍や都市伝説系の書籍や宗教系の書籍で溢れかえっている。

どれが良い、どれが正しい、どれを信じるべきか、
そのようなことを考えている時点で実は、意識が外に向いているのだということにふと気付く。

もしかしたら、大切なのは、
どの教えが良いとか、どのくらい多く知識を得るか、ではなく、
「どのくらい自分の内側と向き合えるか」なのかもしれない。

お釈迦様も、自分の内側とただ真摯に一途に向き合い続けたからこそ、悟りを開くことができたのであろう。
そう思うと、外に存在する教えに依存することよりも、自分の内側と向き合い続けることのほうを大切にしたほうが良いのかもしれないと、ふとそう思いました。

【本や情報についての整理】

[おすすめの本という観点]

~科学的観点から意識の謎について学ぶのにおすすめの本~

・『投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待 』(著:マイケル・タルボット)
https://www.amazon.co.jp/dp/4393366247

・『皇帝の新しい心―コンピュータ・心・物理法則』(著:ロジャー・ペンローズ)
https://www.amazon.co.jp/dp/4622040964

・『脳とクオリア なぜ脳に心が生まれるのか』(著:茂木健一郎)
https://www.amazon.co.jp/dp/4065176654

・『クオリアと人工意識』(著:茂木健一郎)
https://www.amazon.co.jp/dp/4065200660

・『あの世とこの世の仕組み ―あの世の科学者との対話を通して見えてきた真実― (「天地の対話」シリーズ 1)』(著:三上直子)
https://www.amazon.co.jp/dp/4864513686

~真実の歴史を知ることで、全ての宗教の源流と世界の流れを理解するのにおすすめの本~

・『神秘思想 光と闇の全史』(著:富増章成)
https://www.amazon.co.jp/dp/4865813209

・『見てきたように面白い「超古代史」: 「人類の起源」から「来るべき終末の暗示」まで』(著:黒戌仁)
https://www.amazon.co.jp/dp/4837969895

・『シン・人類史』(著:ウマヅラビデオ)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08Z3LXV8L/

・『アナザー・ジャパン』(著:ウマヅラビデオ)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0BB6HC3FH/

・『アセンションからリセット・リスタートへ―〈天地の対話〉による10年間の挑戦― (「天地の対話」シリーズ2)』(著:三上直子)
https://www.amazon.co.jp/dp/4864513899

・『新たな地球への遺言 ―〈魂の対話〉を通して見えてきた人類の問題― (「天地の対話」シリーズ3)』(著:三上直子)
https://www.amazon.co.jp/dp/4864513945

~チャネリング、リーディング、第六感の仕組みについて学ぶのにおすすめの本~

・『覚醒事後に読む本『アンビエント次元』 高次元でいったい何が行われているのか?』(著:深海月Lina)
https://www.amazon.co.jp/dp/B0BMTDMRZP

~目醒め、悟りに至るまでの実践について学ぶのにおすすめの本~

・『僕が宇宙の仲間に聞いたこと』(著:中村咲太)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4046061227/

・『ラージャ・ヨーガ 解説 ヨーガ・スートラⅠ』(著:松川慧照YOGA SCHOOL KAILAS)
https://www.entertainment.yoga-kailas.com/product-page/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3-%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AC-%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AC-%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A9

『ラージャ・ヨーガ 解説 ヨーガ・スートラⅡ』(著:松川慧照YOGA SCHOOL KAILAS)
https://www.entertainment.yoga-kailas.com/product-page/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3-%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AC-%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AC-%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A9-1
[ジャンルごとという観点]

~科学的観点~

投影された宇宙 マイケル・タルボット

脳とクオリア

クオリアと人工意識

~スピリチュアリズム~

スピリチュアリズムの入門を学べるおすすめのサイトはこちら
・https://spiritualism-books.jp/sp-introduction1/
・https://spiritualism-books.jp/sp-introduction2/

スピリチュアリズムから見た心霊現象の歴史(系譜)を学べるおすすめのサイトはこちら
・http://sp-phenomena.in.coocan.jp/part2/p2chapter1/index.htm

~シャーマニズム、原始宗教~

シャーマニズム、原始宗教について学べるおすすめのサイトはこちら
・シャーマンと伝統文化の智恵の道
https://morfos.blog.ss-blog.jp/

原始宗教の1つであるオーストラリアの先住民アボリジニについて学べるおすすめのサイトおよび動画はこちら
・https://youtu.be/T-0WJzC7_aY
・https://youtu.be/NBMxfcY37bI
・https://morfos.blog.ss-blog.jp/2020-11-17

原始宗教の1つである古代日本の縄文時代の思想について学べるおすすめの動画はこちら
・https://youtu.be/BqsVBVAaSyk
・https://youtu.be/VNcn3thscNA
・https://youtu.be/RdmO66JXtuM

古代日本のカタカムナについて学べるおすすめの動画はこちら
・https://youtu.be/93bkOOmheE0
・https://youtu.be/Vy9fQZDiKfs
・https://youtu.be/6rgxMvULpy4

~神秘主義~

神秘主義思想全般における普遍性のある思想について学べるおすすめのサイトはこちら
・https://morfo.blog.ss-blog.jp/2011-03-20

~チャネリング、リーディング、宇宙会議~

チャネリング、リーディングのやり方、仕組みについて学べるおすすめのYouTubeチャンネルはこちら
・深海月Lina
https://www.youtube.com/@shinkaidukilina

※同氏のおすすめの本はこちら
・『覚醒事後に読む本『アンビエント次元』 高次元でいったい何が行われているのか?』(著:深海月Lina)
https://www.amazon.co.jp/dp/B0BMTDMRZP

宇宙会議の参加方法について学べるおすすめの動画はこちら
・https://youtu.be/DrvPZvs-IXU
・https://youtu.be/lfEdnEjcp-o
・https://youtu.be/ry5cM265LwA

チャネリング、リーディング、宇宙会議をベースに、目醒めについて発信されているおすすめのYouTubeチャンネルはこちら
・【宇宙くんの手紙】中村咲太
https://www.youtube.com/@user-ic1js1so7j/videos

※同氏のおすすめの本はこちら
・『僕が宇宙の仲間に聞いたこと』(著:中村咲太)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4046061227/

~仏教、ヨーガ~

仏教、ヨーガについて学べるおすすめのYouTubeチャンネルはこちら
・AmritaChannel
https://www.youtube.com/@AmritaChannel

~総合的な見解~

チャネリング、リーディング、悟り(仏教、ヨーガ)にかけて総合的な見解を学べるおすすめの動画はこちら(都市伝説の裏の裏チャンネルより)
・世界樹とカバラの真実とチャネリングの落とし穴 第6回
https://youtu.be/X8oU_K6O3a8
・霊感商法に騙されるな!スピリチュアル業界の嘘を暴く!【生放送修正録画】
https://youtu.be/4adE_5VK0ks
・死んだらどうなるの?人間の持つ根幹的な恐怖と「悟り」の真実! 第19回
https://youtu.be/v0BMbfBHibw

シャーマニズム、原始宗教、世界宗教、神秘主義、スピリチュアルにかけて深いところでは全て繋がっているということに気付ける動画およびサイトはこちら
(それぞれの内容を比較することにより)
・https://youtu.be/9giB5fn3mkg
・https://youtu.be/BqsVBVAaSyk
・https://youtu.be/RdmO66JXtuM
・https://youtu.be/f1Ktqza3UyU
・https://youtu.be/Mb2nvBB0Qqk
・https://youtu.be/zKsqxor8FAo
・https://morfos.blog.ss-blog.jp/2020-11-17

~真実の歴史~

宇宙種族の歴史という観点で学べるおすすめの本はこちら
・『プリズム・オブ・リラ―銀河系宇宙種族の起源を求めて』(著:リサ・ロイヤル)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4434041959/

人類史という観点で学べるおすすめの本はこちら
・『シン・人類史』(著:ウマヅラビデオ)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08Z3LXV8L/

日本史という観点で学べるおすすめの本はこちら
・『アナザー・ジャパン』(著:ウマヅラビデオ)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0BB6HC3FH/

真実の歴史について学術的に考察しているおすすめのYouTubeチャンネルはこちら
・考え方の学校 Yoshi Sun TV
https://www.youtube.com/@yoshisuntv7502

【悟り・サマーディと、霊能者や占い師・スピリチュアル系の人との関係性について(本物と偽物の違いは何か)】

霊能者や占い師・スピリチュアル系の人が世の中にはたくさんいます。
その中でも、どのくらい信じて良いかどうか、本物と偽物の違いは何なのか?について考えるにあたり、
この動画の内容がかなり参考になると思いました。

AmritaChannelより、
「他人の心を読む能力」「すべての生き物の声を理解する能力」「星の配置を知る能力」他_【完全解説】ヨーガ・スートラ(8)
https://youtu.be/Sqm8UgBfluQ

2:47 他心通より引用

他心通:他人の心に超集中力を向けることによって、他人の心と一体化して他人の心がわかる

自分や相手の過去世や来世を見る能力、心の中を見る能力、いわゆる六神通と言われる神通力は、サマーディの後に起こる

八正道とかのひたすら基礎的な訓練を続け、第一サマーディ→第二サマーディ→第三サマーディ→そして第四サマーディという究極の瞑想状態に入る
この4つのサマーディ全部をクリアした後に、神通力が現れる

だが、瞬間的にサマーディに入れる人はまずほとんどいない
(凄く準備をした後にサマーディに入れる人はいる)

そこまで本当はいってないけど、何となく経験する神秘的な経験を真実の経験と取り違えている人もいる

仏典やヨーガ経典においては、サマーディという二元を超えた究極の瞑想状態に入れないとその前の経験というのは全部魔境である
その前で神の声が聞こえたり、他人の声が分かったり、過去世が分かったりというのは全部不正確な情報である

それを経験すること自体は悪いことではない
でもそれを信じすぎてはいけない
それはまだけがれがたくさん含まれたものであるから、正しい情報もその中にあるかもしれないけど、間違った情報もいっぱいあるかもしれない
それくらいの軽い気持ちでいたほうが良いかもしれない

【現実を生きる上での参考になる目醒めの動画】

AmritaChannelより、
フリーメイソンの思想と仏教の思想には共通点があった【そこから導き出される真の自由・平等・友愛】
https://youtu.be/KUt1mMzt8dM

という動画が凄く参考になると思いました。

フリーメイソンの掲げているもの
「自由、平等、友愛」

ヨーガ、仏教が求めるものも、
「自由=魂の自由・解脱、平等=自他の区別が無くなり全てが平等であるという智慧、友愛=他者への慈愛」

しかし、普通の人がイメージする自由、平等、友愛というのは、ちょっと違う

一説によると、この地球というのは、偶然によって世界の流れができてきたわけではなく、頭のいい一部の人たちによる支配・コントロールの上で多くの実験がなされてきた
それによって社会システムというのが形成されてきた
自由主義と共産主義の対決、それは大いなる実験だったという考え方がある
どっちが正しいか、どっちが利益を生むのか、という実験
一応実験上は、自由主義が勝利を得たように見える

けど、そもそも自由とか平等という意味をはき違えているのではないか

共産主義
人々の欲望は凄くある、エゴもたくさんある、この状態で社会システムだけ平等にしたらみんなやる気を無くす
平等とはいえ、一部の者たちが搾取を行い、多くの民はやる気を無くした(頑張ってもお金持ちになれないから)

自由主義
自分の欲望を満足させ、自分のエゴを尊重し、自分のやりたいように生きる
好きなように金を稼ぐ自由
みんな欲望のままに生きる

ヨーガ・仏教における自由は、「煩悩からの自由、輪廻からの自由、執着といった重荷からの自由」

真の自由=エゴの自由ではなく、エゴからの自由
真の平等=社会システム上の平等ではなく、様々な平等の悟り
真の友愛=民族間、仲間間だけの愛ではなく、一切衆生への愛(全人類、全生命に対して本当に親友のように我が子のように両親のように接する・見る)

社会システムを変えてもしょうがない
1人1人が目醒める(悟る)こと
まずは自分が目醒める(悟る)こと

本来は、自由と平等は対立しない
なぜ自由と平等は対立するか?
一般における自由はエゴの自由だから→つまり平等を望まない

慈悲の瞑想(トンレン)は、自由、平等、友愛を得るための最高の修行の一つ
・自分の幸福を他者に差し出す→私が私がという執着から自由になる
・苦しみください、みんな苦しみを持て余してるでしょうからどんどん私にください
※怒りとは、苦しみの譲り合い(自分の中にある苦しみを誰か受け取ってくれという逆トンレン)
※執着とは、限られた幸福というボールの奪い合い

慈愛は、幸福の与え合い→執着から自由になることで無限の幸福と自由が得られる
苦悩を人に放出することをやめて、自分が受けることを繰り返すことにより、大いなる安らぎ・無限なる苦悩の無い状態になる

幸福を集めることが幸福である 苦しみを周りに放出することが安らぎである、という錯覚がある これがまさに無智
本当に智慧ある者が見たら、どんどんその人は苦しみの泥沼にはまっているだけ
これに気付くことが、平等の智慧に繋がる

一般的な多くの仏教書では、自他の平等視のほうが説かれる場合が多い
自分と他人を平等に見ましょう、あなたは自分がこういう目にあったら苦しくて嫌でしょう、だから他人にも苦しみを与えないようにしましょう、自分とみんなは同じなんですという発想

自他の転換においては、
自分は幸福であれ 他人はどうでもいい、というエゴの働きを無理矢理逆転させる 
日々その発想で生きる
我々には元々強いエゴの働きがあるから、二元性を超えて平等にというのはなかなか難しい
エゴ:他人=99:1 これを、エゴ:他人=50:50にしたい
50:50を意識して生きるだけでは、実際には50:50にはならず、90:10くらいにしかならない
99:1を1:99に逆転させることで、実際には50:50になれるかもしれないという発想

その人の性格の問題もあるので、「自他の平等視」「自他の転換」 自分に合うほうを選んで良い
あるときは自他平等、あるときは自他転換とミックスさせても良い

この自他転換の瞑想をよりシステマティックにまとめたのが、慈悲の瞑想(トンレン)

慈悲の瞑想(トンレン)は、仏教の真髄が秘められた修行であるともいえ、呼吸を利用することで、呼吸とトンレンを組み合わせる癖を身に付けることで無意識にトンレンをやりやすくなる

【原始時代は、本もネットも何も無かった】

原始時代は、本もネットも何も無かった。

でも人々は、その中でアニミズム、シャーマニズムといった信仰を自然と生み出し、それらの原始信仰は現代のあらゆる宗教やスピリチュアルに影響を与えている。

現代は、あらゆる本がたくさん存在し、ネット上にはあらゆる情報や動画で溢れかえっている。

もちろん、それらの情報を参考にすることは良いことなのかもしれないが、
それらの情報に囚われすぎるのはあまり好ましくはない気がする。

世の中に溢れかえっている様々な情報からいったん離れ、
(そして、自らの内側に存在する様々な先入観という情報からも離れ)
目の前の世界を、自らの感覚だけでありのままに見てみることも大事なのかもしれない。

ふとそのように思いました。

【ふと思い出した、目醒めの曲だと思う曲】

最近、中村咲太さんが音楽を通して目醒めを発信される活動を始められました。
目醒めを音楽を通して発信されている方は、他にもブッダかずひささんという方もおられますが、
これらの音楽を通した目醒めの発信という流れを見て、ふとこの曲を思い出しました。

槇原敬之 WE LOVE YOU.

凄く良い曲だと思います。

【最近何度も繰り返し聴いている曲】

槇原敬之 Such a Lovely Place

輪廻転生と、愛を体験するために生まれてくるという真理が描かれているような気がします。

一説によると、自殺してしまった友人に贈った曲とも言われています。

曲の内容を超えて、最近私が感じることを書いてみますが、
今、人より早く目醒めていっている人も、まだ眠っている人も、同等に等しくその人の行く末を信頼して良いのではないかと私は思うのです。
私は、霊感が全くありませんし、知識でしかスピリチュアルの内容を得ることはできませんけど、
どんなに深い眠りについている人であっても、どんなに遅くとも「いつかは必ず目醒める」時は来ると、そう私は思うのです。
早い遅いの違いであって、始まりと終わりは全ての存在にとって等しいものであると私は思うのです。

だから、全ての存在の行く末を信頼して良いと思いますし、自分自身の行く末も無条件に信頼して良いと思うのです。

ですので、私は自分の行く末を全面的に信頼しています。

【1人1真実、1人1真理、それらは源という巨大な真理の一側面を表している(更新:8月15日)】

私が今まで参考にしてきた1真理

太字 ⇒ 個人的に特に感銘を受けた真理の一部
★ ⇒ 個人的に特に最重要だと思う真理の一部

~哲学~

・宇宙の謎を哲学的に深く考察しているサイトさんにとっての真理の一部
『宇宙の謎を哲学的に深く考察しているサイト』
https://newphilosophy.net/

・エレア・メビウスさんにとっての真理の一部
『心の哲学まとめWiki』
https://w.atwiki.jp/p_mind/

・哲学チャンネルさんにとっての真理の一部
『哲学チャンネル』
https://www.youtube.com/@user-or5vy1ek4t

・アルトゥール・ショーペンハウアーさんにとっての真理の一部
『意志と表象としての世界〈1〉』
https://www.amazon.co.jp/dp/412160069X
『意志と表象としての世界〈2〉』
https://www.amazon.co.jp/dp/4121600703
『意志と表象としての世界〈3〉』
https://www.amazon.co.jp/dp/4121600711

・アンリ・ベルクソンさんにとっての真理の一部
『精神のエネルギー』
https://www.amazon.co.jp/dp/4256983236

~科学~

・マイケル・タルボットさんにとっての真理の一部
『投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待 』
https://www.amazon.co.jp/dp/4393366247

・ロジャー・ペンローズさんにとっての真理の一部
『皇帝の新しい心―コンピュータ・心・物理法則』
https://www.amazon.co.jp/dp/4622040964

・茂木健一郎さんにとっての真理の一部
『脳とクオリア なぜ脳に心が生まれるのか』
https://www.amazon.co.jp/dp/4065176654
『脳と仮想』
https://www.amazon.co.jp/dp/4104702013
『クオリアと人工意識』
https://www.amazon.co.jp/dp/4065200660

・三上直子さんにとっての真理の一部
『あの世とこの世の仕組み ―あの世の科学者との対話を通して見えてきた真実― (「天地の対話」シリーズ 1)』
https://www.amazon.co.jp/dp/4864513686
『アセンションからリセット・リスタートへ―〈天地の対話〉による10年間の挑戦― (「天地の対話」シリーズ2)』
https://www.amazon.co.jp/dp/4864513899
『新たな地球への遺言 ―〈魂の対話〉を通して見えてきた人類の問題― (「天地の対話」シリーズ3)』
https://www.amazon.co.jp/dp/4864513945

~宗教、神秘思想~

・白坂慎太郎さんにとっての真理の一部
『再生リスト:宗教入門』
https://www.youtube.com/playlist?list=PLy3eeYyvpdHHuXkWltTNsjzqBgpcDpVEj

・morfoさんにとっての真理の一部
『シャーマンと伝統文化の智恵の道』
https://morfos.blog.ss-blog.jp/
『神話と秘儀』
http://morfo.seesaa.net/
『神秘主義思想史』
https://morfo.blog.ss-blog.jp/
『夢見の技術』
http://blog.livedoor.jp/morfo/
『世界の瞑想法』
http://morfov.blog79.fc2.com/
『仏教の瞑想法と修行体系』
https://ameblo.jp/morfo/

★松川慧照さんにとっての真理の一部
『AmritaChannel』
https://www.youtube.com/@AmritaChannel
『ラージャ・ヨーガ 解説 ヨーガ・スートラⅠ』
https://www.entertainment.yoga-kailas.com/product-page/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3-%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AC-%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AC-%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A9
『ラージャ・ヨーガ 解説 ヨーガ・スートラⅡ』
https://www.entertainment.yoga-kailas.com/product-page/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3-%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AC-%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AC-%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A9-1

・スピリチュアリズム普及会さんにとっての真理の一部
『スピリチュアリズムから見た心霊現象の歴史(系譜)』
http://sp-phenomena.in.coocan.jp/part2/p2chapter1/index.htm

・富増章成さんにとっての真理の一部
『神秘思想 光と闇の全史』
https://www.amazon.co.jp/dp/4865813209

・黒戌仁さんにとっての真理の一部
『見てきたように面白い「超古代史」: 「人類の起源」から「来るべき終末の暗示」まで』
https://www.amazon.co.jp/dp/4837969895

・ウマヅラビデオさんにとっての真理の一部
『シン・人類史』
https://www.amazon.co.jp/dp/4763138782
『アナザー・ジャパン』
https://www.amazon.co.jp/dp/4763139924

・Yoshiさんにとっての真理の一部
『考え方の学校 Yoshi Sun TV』
https://www.youtube.com/@yoshisuntv7502

~スピリチュアル~

・深海月Linaさんにとっての真理の一部
『深海月Lina』
https://www.youtube.com/channel/UCoUiCobb2DENIscb4F3gEWQ
『覚醒事後に読む本『アンビエント次元』 高次元でいったい何が行われているのか?』
https://www.amazon.co.jp/dp/B0BMTDMRZP

・神人さんにとっての真理の一部
『【真実に目醒め魂を輝かせる】和人チャンネル』
https://www.youtube.com/@kamihito-kazuhito.

★kazさんにとっての真理の一部
『曼荼羅スピリチュアル』
https://www.youtube.com/@kaz-mandala

★中村咲太さんにとっての真理の一部
『【宇宙くんの手紙】中村咲太』
https://www.youtube.com/@user-ic1js1so7j/videos
『僕が宇宙の仲間に聞いたこと』
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4046061227/

これら1人1人の真理はどれも皆、源という巨大な真理の一側面を表していると言うことができます。
その反面、1人1人の色眼鏡、フィルターが入った上での真理の情報となりますので、真理の一側面を表してはいるものの、100%正確な情報ではないということです。(仏教ではこれを魔境と言う)
※そしてそれは、チャネリング先の高次元存在においても同様のことが言える(存在している以上、少なからずその存在にとってのフィルターは必ずあるため)
これらのあらゆる1真理を多数参考にしていくことにより、その中の共通点が見えていき、おぼろげながら真理が見えてくる。
あらゆる1人1人の真理を参考にしつつ、現実の生活を通して自分の内側と向き合いながら、私にとっての真理に現在進行形で気付いていこうとしております。

【スピリチュアルの観点で見た宇宙の歴史と、地球のアセンションについてざっくりとしたまとめ】

・宇宙誕生

・様々な宇宙種族に分かれる

・宇宙種族間の争い

・地球での実験:様々な宇宙種族を1つの星に共存させたらどうなるか

・実験の結論:共存は無理

・地球はこれから良い星になっていく → 価値観を共にしない種族は別の星に生まれ変わっていく

・これからの時代 → みんなの霊意識が高まる、つまり全員霊能者になるような時代になっていく
⇒ 相手の心が全員わかるようになる → 嘘付けなくなる
⇒ 必然的に、みんなの意識が良き状態になっていく
これがつまりアセンション

参考
【真実に目醒め魂を輝かせる】和人チャンネル
https://www.youtube.com/@kamihito-kazuhito.
より、神人さんとの対話動画から得られる情報の一部から、私の記憶を基に簡単にまとめた

【ふと思った目醒めた人の特徴について】

完全私個人の思いつきかつ、もしかしたらただの勘違いかもしれないのですけど、
目醒めてる人の特徴の中に、もしかしたら「疑似的死」を一度経験している人がわりと多いのではないかと、
ふとそう思いました。

例えば、本当に死の淵に立たされる経験であったり、もしくは借金という社会的死であったり、
一度どん底を経験することによって、それが人生最大の執着である「生存欲求」という人生最大の執着を手放すきっかけとなる。
つまり、一度「疑似的な死」を経験すれば、もはやそれ以上の怖い物は何もなくなり、精神的に無敵になれるのではないか。

(とはいえ、だからといって故意に疑似的死を経験する必要はないのかもしれないですけど)

生存欲求から来る「現状維持」が最大のブレーキになったり、その先に進めない要因になったりもしますから。
そういうことなんでしょうね。

【~最新の私の結論~【10月21日更新】】

【はじめに】

神人さんが発信されている教えはたしかに凄く良く、とても参考になることばかりなのですけど、
とはいえ、神人さんの教えにのみ固執する必要はないのかもしれないとも、そう思ったりもします。

ほかにも、中村咲太さんであったり、並木良和さんであったり、とても良い内容を発信されている方々がおります。
また、スピリチュアルというジャンル以外でも、TOLAND VLOGさんであったり、そういった発信者さんもいたりします。
それぞれの角度から発信されている内容が、ある時共通性を見出すことができ、それに+実生活ともリンクさせていくことにより、より深い気付きになっていくのかもしれません。

【『しあわせ手帳』(神人 著)】

実生活において、一番初めの基礎的な部分として、『しあわせ手帳』(神人 著)が特に参考になるのではないかと思いました。

『しあわせ手帳』(神人 著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4787718851

まず最初に、この本で幸せについて向き合っていき、その上で『じぶんでできる浄化の本』(神人 著)も合わせて参考にしてみるという流れが良いと感じました。

【『じぶんでできる浄化の本』(神人 著)】

今までいろいろな情報に触れ、本を読んできましたが、こちらの本が浄化において実践していく上で特にわかりやすいと感じました。

最近は、知識を収集することよりも、「自分自身と向き合い、いかに浄化し、統合していくか」にフォーカスするようになりました。
こちらの本においては、神示浄化において、別売の『大日月地神示 前後巻』(神人 著)を音読することで、浄化と共に知識を得ることもできると思われます。

『じぶんでできる浄化の本』神人 著
〜シャーマンが伝えたい今一番大切なこと〜
https://www.amazon.co.jp/dp/4198656894

※神人さんのFacebookの投稿より
————————————

 わたしにとって本書は、誰かの言葉を受け売りで書いたものではなく、ひとりの靈媒体質者として、これまで経験してきた苦悩の数十年間を絞り出して綴った、いわばミックスジュースのような一冊です。ぜひ実用書としてお使い下さい。

 著書をお読みになられ、記載内容をご理解なさり、日々実践して頂くことは勿論のことではありますが、それ以外にも実は"隠された効能"がございます。

*本書に掲載されております「光・浄化・調和マーク入りしおり」を切り取り、裏面に名前を書いて本書に挟むこと。
そうすることで、貴方の本となり靈的媒体となります。

・本を読む(持ち歩く)
・本をチャクラに当てる
・本を枕元に置いて寝る

 遠隔にて浄靈浄化のエネルギーをわたし(指導靈団)よりお送りいたしますので、本そのものを靈的媒体として貴方を祓い浄め癒します。
本を胸のチャクラに当てて
「おーーーうーーー」
と静かに3度唱えてみて下さい。
気に入って頂ければ毎日でも構いません。
*ご購入なされました方は是非お試し下さい。あくまでも信じる方対象となります。

心身の健康維持を望まれます方
心身の健康を回復なされたい方
ぜひ本書をお読み下さい。
また病で苦しまれている大切な方への
お見舞いの一つとしてお贈り下さい。

 本書をお届けできることが、わたくし神人が皆さまのために今できる精一杯のことです。ご理解頂ければ幸いに存じます。

*これは靈感商法です。くれぐれも"真偽のほどは各人のご判断に委ねたい"と思いますので、予めご了承下さい。

みなみなうれしうれしたのしたのし
かわるかわるありがたいありがたい
おーーーうーーー
おーーーうーーー
おーーーうーーー

神人 拝 

————————————

(著者より)
「わたしは、幼少期より数えきれないほどの不可思議な靈験(れいけん)を重ね、異次元世界のあらゆる存在たちと語らいながら共に生きてきました。
本書の浄化の仕方は、わたし自身が靈媒体質と向き合いながら、長年の間、実際にひとつひとつ試してきたものであり、それぞれ相応の効果が得られたものばかりです。
まずはいろいろな方法があることを知っていただき、
気になるものを試していただくことで、皆様に見合った
浄化の仕方が必ず見つかると思います」  

第1章 「人」とはいったい何か?
人間という生命体のしくみ
心身の不調には、苦しみをもたらしている要因が必ずある
ほとんどの人の苦しみは、人間関係だった
負のエネルギーを受けつづるけと、どうなるのか?
負のエネルギーを受けにくくするには?
靈は存在するのか?

第2章 浄化の方法① 五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)を通して
靈症とは?
倦怠感や不快感/感情のコントロールができない/
異常な言動や行動/顔つきや話し方が豹変する/不眠症/
激しい怒りや悲しみ/喪失感や疎外感/原因不明の体の痛み
/強い眠気/強い悪寒/金縛り/異常な食欲、など

第3章 浄化の方法② 自然編
靈的体質とは?
吸収体質/憑依体質/靈媒体質など
浄化が必要な人とは?
浄化の仕方
五感浄化(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)
自然浄化(太陽・月・星・海・湖・川・山・風・火など)
/塩浄化/鉱物浄化/土浄化/入浴浄化/
/言霊浄化/参拝浄化/など

第4章 浄化の方法③ チャクラ・色彩・瞑想など
各チャクラに負のエネルギーを吸ってもらう方法
発声浄化/笑い浄化/塩浄化/掃除浄化/衣浄化/
色彩浄化/芸能浄化/宇宙浄化/瞑想浄化/
過去の事象を浄化するための瞑想法
未来を創造するための瞑想法
宇宙エネルギーを取り込むには?

第5章 浄化の方法④ 神示浄化など
神示音読浄化/印浄化/参拝浄化/祈祷浄化/
他愛浄化/善行浄化/お祭り浄化
浄化の方程式とは?
より多くの善き念・エネルギーを受け取る方法

第6章 地球の浄靈浄化
わたしたちが地球にできること
未来を生み出す力

※神示浄化における神示、『大日月地神示 前後巻』(神人 著)はこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4787718835
https://www.amazon.co.jp/dp/4787718843

【ブンジュ村のシャーマンが縄文人の魂から教えてもらったことについての内容を聞いて感じたこと】

TOLAND VLOGチャンネルより 
https://www.youtube.com/@TOLANDVLOG/videos

全ての日本人は見てください。
https://www.youtube.com/watch?v=GGyvU9yI3A0

【日本が大きく変わる日】アフリカの長老が明かす〝大変革の日〟が衝撃すぎる。この動画は絶対に見てください。
https://www.youtube.com/watch?v=yCoUnHg-dms

ブンジュ村で伝わってきた、縄文人のスピリットについての話なのですけど、
縄文人のスピリットの内容が、目醒めを発信されているスピリチュアル界隈の方々の言う話ともリンクしてくるような気がするといいますか、
【宇宙くんの手紙】中村咲太チャンネル https://www.youtube.com/@user-ic1js1so7j/videos  で中村咲太さんが話されてきた内容との共通性も見いだせるようなそんな気がしました。

もしかしたら、中村咲太さんや並木良和さんをはじめとする方々が発信されている「目醒め」とは、縄文人の頃のような感性を思い出すことなのかもしれませんね。

【~最新の私の結論2~【11月05日更新】】

~現在の自分の生活~

現在、YouTubeチャンネルにおいては、

・【真実に目醒め魂を輝かせる】和人チャンネル 
https://www.youtube.com/@kamihito-kazuhito.
・曼荼羅スピリチュアル https://www.youtube.com/@kaz-mandala
・考え方の学校 Yoshi Sun TV https://www.youtube.com/@yoshisuntv7502

を主に積極的に視聴しつつ、
永年プランで入った、

・ブッダかずひさの全人類ブッダ化計画 https://buddhakazuhisa.com/

というオンラインサロンを、視聴専門として視聴しつつ、
つい最近入った、

・中村咲太さんの、NPO法人 風の時代学校のオンラインサロン https://lounge.dmm.com/detail/6889/

を視聴専門として視聴していきつつ、

自分の活動の中心軸としては、ミクチャの某ライバーさん(アイドルプロデューサーになることを目指している方)のファンとして、そこから生まれるコミュニティを大切にしていきたいと、
そう思って生活しております。

(そして、私にとっての癒しは「槇原敬之の楽曲」です。)

人それぞれ、中心軸を置く場所も異なりますし、人それぞれ、参考になると感じるしっくりくるスピリチュアルをはじめとする発信者さんも異なってくるかと思いますので、
私自身は、これらのスピリチュアルをはじめとする発信者さんの情報を「参考」にしつつ、そこから得られた気づきを中心軸として置いている某ライバーさんとの関係性に活かしていきたいと思っております。
【~最新の私の結論3~【11月08日更新】 ※追記あり】

【目醒めとは何か? 悟りとは何か?】

・自分が納得いくまで徹底して、知識的探求をする

・自分が納得いくまで徹底して、経験的探求をする

⇒徹底して探求した知識と、徹底して探求した経験から、点と点が線で繋がるように「気付き」が得られ、
その気付きが、悟り、目醒めになっていく。

ゆえに、知識や経験に特定の正解は無い。
自分で得た知識、自分で得た経験を、自分の中で点と点を線で繋げていく一連のプロセスにこそ意味がある。

追記
私自身の気付きを記載していきたいと思います。

我々は地球の恵みによって生きることができており、その基本に立ち返ることが、目醒めに繋がってくる。
近年のスピリチュアル界においても、縄文人のスピリットや縄文回帰といったキーワードが注目されているのは、そのためである。

それに関連して、対人関係において、
対人関係の不和や苦手意識の根本背景には、眠りの時代と言われるピラミッド型縦社会やそれに付随して起こる競争社会、
物質的豊かさを追求する思考といった古い周波数を手放しきれていない、
つまり、これらの時代の頃の価値観の自覚していないところでの洗脳が払拭しきれていないことが根本原因として挙げられるように思える。
対人関係においても、基本に立ち返ることが大切であり、
森羅万象に対する感謝を心の底から日々思うことができるようになれれば、自然と対人関係も良好な思考になっていくのではないかと、
そう解釈することができる。

また、目醒めにおける参考になるエピソードとして、お釈迦様の悟りに至るまでのエピソードが挙げられる。
お釈迦様は王族として何不自由無い裕福な環境にお生まれになられたが、
その後、自ら激しい苦行を行うことになる。
そしてこれ以上の苦行は無意味であると達した後に悟りを開くこととなった。
だが、その苦行という過程は、悟りにおいては無意味ではなく、
これらの、最初に生まれた何不自由無い裕福な暮らしから極限の苦行に至るまでの一連の経験全てが、悟りに至るまでのプロセスであったと、
そう解釈することができる。

このように、偉人の数々のエピソードであったり、気付きに至るまでのヒントとなる知識は世の中には昔からあるが、
実際にそのエピソードの本質に気付くまでには、自分自身も経験してみないと見聞きした情報だけでは理解しきれない部分がある。
そう改めて感じさせられました。

追記
争いがあって初めて平和を学ぶことができる
戦争と平和は同時発生し、この現実世界で戦争を完全に無くすことは不可能であるとした場合、
この現実世界の次元をどうバージョンアップできるのか? について、
「許容と譲歩」という答えに辿り着く、
ということを教わりました。

負けても、許容し譲歩する
もし仮に身内が殺されたとしても、許容し譲歩する、
そのような非常事態に許容し譲歩できるような人間は、全てを悟った人間にしかできない
神に近づく領域とさえいえる

とした場合、
今この私に求められることは、
「今この瞬間、どん底に近い感情を経験しているその『自分自身』を許容し譲歩する」ことなのではないか。
誰もがみんな、良い状態の自分を好み、悪い状態の自分を嫌う
もしかしたら、そのえり好みこそが、自分自身を悟りから遠ざけているのではないだろうか、

と考えた時、
今この瞬間、どん底を経験している自分自身を客観的に観察していきたいと、
そうふと思えた。

【HSPの人にこそ聞いてほしい。振動数バリアを張って低い波動に飲み込まれない方法を解説しています。2024年から激化する「炙り出し」を乗り切りましょう。 を視聴した感想】

HSPの人にこそ聞いてほしい。振動数バリアを張って低い波動に飲み込まれない方法を解説しています。2024年から激化する「炙り出し」を乗り切りましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=vvDV644ja60

この内容を視聴して、自分自身の実生活ともリンクしている部分が多々あると感じました。

私自身、「振動数バリア」という概念はこの動画で初めて知ったのですけど、
実はすでに振動数バリアは、実生活で実践していたということに気付きました。

私は仕事において、昔に遡れば遡るほど、低い周波数に飲み込まれて振り回される日々を送っていました。
そんな中で、そんな低い周波数に振り回される日々を終わらせたいと思い、自分自身を変えていった過去があります。

そしてそれは、この動画における「振動数バリア」だったのです。

ただ、自分自身におけるまだ至らない点としては、
瞑想によるリセット時間が足りてないように思えました。

内観の時間は、息を吸うように日々行っているつもりではありますけど、
今一度、ニュートラルに戻すこともさらに心掛けていきたいと、そう思いました。

【当ブログ管理人のリアルな現状の実践日記(追記 ※11月14日更新)】

当ブログ管理人のこれまでの経緯

・最初に仏教に注目した
仏教の精神面の教えは実生活においてとても役立ち、実際に自分を改善していくことができた
だが、座禅や瞑想(またはヨーガ)といった実践面においては、長続きせず挫折に近い状態である

・次に出会ったのは、中村咲太さんというスピリチュアル界の目醒めの発信者さんであった
目醒めという概念をそこで初めて知り、初めて知る内容が多々あった
だが、統合のワークといった実践面においては、長続きせず挫折に近い状態である

・次に出会ったのは、神人さんであった
これまでの知識や常識が覆されるような、新たな知識の数々で、とても魅了された
だが、大日月地神示の音読といった実践面においては、長続きせず挫折に近い状態である

追記
・『最高の幸せは、不幸の顔をしてやってくる!』 しんちゃん (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4761275820
に出会いました。
凄く参考になる内容でした。
実践方法や考え方自体はシンプルでわかりやすく、「幸せで満たされている」という自分の状態をイメージした状態で、溢れた分を周りの人におすそ分けするというシンプルなもので、本の内容のエピソード自体も凄くおもしろい内容でした。
少しずつ自分なりに実践していきたいと思えました。

・「真を知る」については、これからも神人さんの発信に注目していきたいと思います。
神人さんの発信については、
【真実に目醒め魂を輝かせる】和人チャンネル 
https://www.youtube.com/@kamihito-kazuhito.
に注目していきたいと思います。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

これまでの私個人の気付きの流れの概要

・デヴィッド・ボームが提唱した量子力学の解釈「内在秩序と外在秩序」カール・グスタフ・ユングが提唱した「集合的無意識」カール・プリブラムが提唱した「脳ホログラフィー理論」ロジャー・ペンローズが提唱した「 …

no image

仮に理想郷の創造が実現されたとしても

仮に理想郷の創造が実現されたとしても、我々はその理想的な状態にいずれは「慣れ」てしまい、理想郷が、自身の心によって理想郷として認識できなくなってしまう。 ゆえに、仮に理想郷が実現されたとしても、それは …

no image

FNS歌謡祭 コンテスト時代

FNS歌謡祭というものがあります。 フジテレビ系列で放送されている、年末大型音楽番組であります。 コンテスト時代は(1974年 – 1990年)であり、実は、明確な目的をもって始まったので …

no image

宇宙は無であると同時に全てが存在する、できないを体験するために地球に生まれた

宇宙は「無」であると同時に「全て」が存在する。 本来の自分であるハイヤーセルフは、「なんでもできる」「どこにでも行ける」「全てを創造できる」「愛の塊」のような存在。 そんな、ハイヤーセルフは「やれない …

no image

真理とは、知識ではなく「体感」するものである

世の中には、様々な物や知識に溢れている。これらの多くは、人間の手によって生み出されたものである。 だが、人間の手によって生み出されたものはいつかは消えてしまう。いや、世界にあるあらゆる目の前にある自然 …