ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

自分らしい生き方をするために

投稿日:

ユング心理学は、自分らしい生き方を送るためのヒントとなる。

ペルソナ
・社会で生きる上で人は役割、立場に合わせた仮面を被る
・仮面の振る舞いが個人そのものの振る舞いとなると日常生活に悪影響である

影(シャドウ)
・人の性格には二面性がある
・実現しなかった本来の自分
・自分の認めたくない自分

タイプ論
・人間の傾向を8つに分類
・2つの態度、4つの機能

コンプレックス
・衝動や欲求が無意識に混ざり合って形成された観念の複合体

元型(アーキタイプ)
・全人類で共通のイメージ
・世界中の神話や物語の共通性

集合的無意識
・過去の人の無意識も繋がっている
・統合失調症患者の妄想がある古代祈祷書と共通する

社会生活を送る上で普段被っている「ペルソナ」と、「本来の自分」が解離することで、精神的問題が起こる。
この時に出てくるのが「影(シャドウ)」である。
影(シャドウ)は、実現しなかった「本来の自分」
そして、それにより無意識の中で成長した「コンプレックス」は、やがて日常生活にも支障をきたす。

影は、夢を通じてSOSを出してくる。
「元型(アーキタイプ)」と影というトラウマが合わさって、それが夢となって現れる。
つまり、夢から元型を除いて考えてみると、自身のトラウマに気付くことができる。

この影を自覚して、現在の自分と統合することで、精神的問題は解消する。

また、アニマ・アニムス(抑圧された自分の異性性)という概念もあり、抑圧されたアニマ・アニムスを認識することも、精神的問題の解消に繋がる。

無意識の領域に偏った心的エネルギー、無意識の中にできた「コンプレックス」に絡めとられた心的エネルギー
無意識の領域に偏ってしまった心的エネルギーを意識の領域に戻すことが、自己実現に繋がってくるのである。

※そのための方法として「創造的退行」がある。
(自我を一時的に発達段階の初期に戻すこと)

このような無意識に抑圧された自分に気付くことが、自分らしい人生を送ることに繋がると思われる。

ニーチェは「超人」になるためには、3つのステップがあると言った。

第1ステージ:ラクダ
第2ステージ:獅子
第3ステージ:幼子

自らの創造力に身をゆだね、勝手に自由気ままに遊ぶ。
まるで幼い子供のような無邪気な精神。
それこそが最終段階であり、超人である。

ニーチェの言う「超人」とはまさに、ユングの言うペルソナを取り払い、影(シャドウ)を自覚しそれと統合した「本来の自分」
それこそが、ニーチェの言う「超人」なのだろうと思われる。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

世界の本質は「創造」である

フランスの哲学者アンリ・ベルクソンの著作『創造的進化』から、このように思いました。 世界の本質が「創造」だとするならば、 アイドルは、アイドルという文化、ライブという空間を創造しており、私の立場である …

no image

自説:人生の3段階

人生の3段階 1、自分の欲求を極限まで追求する 2、極限まで追求した結果、根源的な虚しさという壁に突き当たる 3、仏教の真理に気付き、悟りへの道を歩む ※究極的には仏教でなくても良い(補足にて後述) …

no image

アストラル界、メンタル界、コーザル界についての解釈・理解と、輪廻転生についての解釈・理解

各世界の特性および理想的境地は、こういう世界であると解釈した。 アストラル界:光の世界 メンタル界:愛の世界 コーザル界:波動の世界(カルマを書き換える力) 神(如来):統合された原初の世界 アストラ …

no image

本来の自己を思い出す

人間の文明の成長過程は、人間が赤ちゃんから子供時代を経て大人に成長する過程に似ているような気がする。 そして、ある段階で気が付く。赤ん坊の頃が一番神に近い存在であったということに。 エーリヒ・フロムの …

no image

西田哲学の中に、真理を理解するヒントがあるように思えた

茂木健一郎さんの動画自己意識の中心の空虚さについて自己意識の中枢はなぜ無色透明なのかを見ているうちに、西田幾多郎の「絶対無」という概念をふと思い出しました。 西田哲学については、哲学チャンネルさんのこ …