ふるふる哲学

学びの過程を記しています。新しい記事になるほど学びを深めた上での記事となります。

未設定

自分らしい生き方をするために

投稿日:

ユング心理学は、自分らしい生き方を送るためのヒントとなる。

ペルソナ
・社会で生きる上で人は役割、立場に合わせた仮面を被る
・仮面の振る舞いが個人そのものの振る舞いとなると日常生活に悪影響である

影(シャドウ)
・人の性格には二面性がある
・実現しなかった本来の自分
・自分の認めたくない自分

タイプ論
・人間の傾向を8つに分類
・2つの態度、4つの機能

コンプレックス
・衝動や欲求が無意識に混ざり合って形成された観念の複合体

元型(アーキタイプ)
・全人類で共通のイメージ
・世界中の神話や物語の共通性

集合的無意識
・過去の人の無意識も繋がっている
・統合失調症患者の妄想がある古代祈祷書と共通する

社会生活を送る上で普段被っている「ペルソナ」と、「本来の自分」が解離することで、精神的問題が起こる。
この時に出てくるのが「影(シャドウ)」である。
影(シャドウ)は、実現しなかった「本来の自分」
そして、それにより無意識の中で成長した「コンプレックス」は、やがて日常生活にも支障をきたす。

影は、夢を通じてSOSを出してくる。
「元型(アーキタイプ)」と影というトラウマが合わさって、それが夢となって現れる。
つまり、夢から元型を除いて考えてみると、自身のトラウマに気付くことができる。

この影を自覚して、現在の自分と統合することで、精神的問題は解消する。

また、アニマ・アニムス(抑圧された自分の異性性)という概念もあり、抑圧されたアニマ・アニムスを認識することも、精神的問題の解消に繋がる。

無意識の領域に偏った心的エネルギー、無意識の中にできた「コンプレックス」に絡めとられた心的エネルギー
無意識の領域に偏ってしまった心的エネルギーを意識の領域に戻すことが、自己実現に繋がってくるのである。

※そのための方法として「創造的退行」がある。
(自我を一時的に発達段階の初期に戻すこと)

このような無意識に抑圧された自分に気付くことが、自分らしい人生を送ることに繋がると思われる。

ニーチェは「超人」になるためには、3つのステップがあると言った。

第1ステージ:ラクダ
第2ステージ:獅子
第3ステージ:幼子

自らの創造力に身をゆだね、勝手に自由気ままに遊ぶ。
まるで幼い子供のような無邪気な精神。
それこそが最終段階であり、超人である。

ニーチェの言う「超人」とはまさに、ユングの言うペルソナを取り払い、影(シャドウ)を自覚しそれと統合した「本来の自分」
それこそが、ニーチェの言う「超人」なのだろうと思われる。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

『【宇宙くんの手紙】中村咲太』のYouTube動画を見た内容のメモ5

●【変化は目醒めの乗り物】2種類の変化🌟変化は新鮮で得るものがたくさん🌈2021年スピリチュアルメッセージhttps://youtu.be/dAGh9oNfjxU 変化する生き方は、一見いろいろ失うよ …

no image

『【宇宙くんの手紙】中村咲太』のYouTube動画を見た内容のメモ10

●【神様から聞いたコト】「予言の力」を完全性の意識から使っていく🌞太陽神アポロンのチャネリングhttps://youtu.be/7ozNKBFkC1M 僕たちが目を醒まして完全性を思い出したら、自分が …

no image

雑記

ショーペンハウアー前後の哲学史と、物理学の歴史との関係性を調べてみると興味深いことがわかりました。 デカルト以前の西洋哲学は、「キリスト教」支配下での神の存在証明が中心だったが、科学の父であるガリレオ …

no image

過去記事4

並行世界 ~『隠れていた宇宙 』(著:ブライアン・グリーン )~ ※以前の自身のブログ記事を転載 ・『隠れていた宇宙 下』(ブライアン・グリーン (著), 大田直子 (翻訳), 竹内薫 (監修)) 読 …

no image

感覚的クオリアと志向的クオリアについての理解

感覚的クオリアとは、感覚器を通して知覚した外部の情報のクオリア 志向的クオリアは、感覚器を通さない、脳内にある「仮想」を構成するクオリア 脳は、感覚器を通して入ってきた「感覚的クオリア」と、脳内にあら …