ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

自己解釈1

投稿日:

宇宙の外にある世界が、プロティノスの言うところの「ヌース」の世界。

ヌースはイデアであり、宇宙の創造神でもある。

プラトンの言うところの「デミウルゴス」である。

その創造神は、プロティノスの言う「一者」、西田幾多郎の言う「絶対無」から生まれた。

その創造神が、宇宙を生み出した。

その宇宙が「宇宙霊魂」と呼ばれる「霊魂」である。

宇宙の中で地球が誕生した。

地球は「地球霊魂」と名付けることができるであろう「霊魂」である。

地球で我々生命が誕生した。

我々は「個別霊魂」である。

我々は、地球霊魂の一部であり、宇宙霊魂の一部である。

そして、創造神の一部でもある。

創造神⇒宇宙霊魂⇒地球霊魂⇒個別霊魂
になるに連れ、「個」が生まれる。

宇宙、そして我々は「個」の獲得のために生まれたと言って良い。

仏教で言うところの、涅槃に入るとは、一者と融合することである。

これはあくまでも私個人の全くの妄想である。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

多様性こそ、生物の本質である

進化論における自然選択説というのは、「環境に最も適した者が生き残る」という進化論である。 この理論だけでは自然選択の結果、分子レベルでも同じような特徴の個体だけが自然選択で残るはずである。だが、実際は …

no image

自説:世界は意志の無限な闘争と創造の場である

ショーペンハウアーは世界を、「意志は究極の目的を欠いた無限の努力(闘争)である」と捉えた。ベルクソンは世界を、「進化とは持続的な創造の推進である」と捉えた。 ベルクソンの言う「創造」を支えているのは何 …

no image

あるがままの瞑想という活路

~あるがままの瞑想~・仏教のゾクチェン(セムデ、テクチュー)に特徴的な瞑想法・仏教のマハー・ムドラー、中国禅・バラモン・ヒンドゥー系のニサルガ・ヨガ・スーフィー系のグルジェフのワーク・シャーマニズム系 …

no image

過去記事5

宇宙は巨大なホログラム ~精密にできた幻~ 電子は粒子としても波動としても現れる ※画像:http://www.t-academia.com スイッチを切った状態のテレビのブラウン管に電子を放射すると …

no image

過去記事3

ホログラムと、東洋哲学の共通性 ※以前の自身のブログ記事を転載 ホログラムフィルムの特徴は、フィルムを何分割かに切っても、そのフィルムの破片に、フィルム全体に記録されてる像そのものの情報が含まれてると …