ふるふる哲学

学びの過程を記しています。新しい記事になるほど学びを深めた上での記事となります。

未設定

自己解釈1

投稿日:

宇宙の外にある世界が、プロティノスの言うところの「ヌース」の世界。

ヌースはイデアであり、宇宙の創造神でもある。

プラトンの言うところの「デミウルゴス」である。

その創造神は、プロティノスの言う「一者」、西田幾多郎の言う「絶対無」から生まれた。

その創造神が、宇宙を生み出した。

その宇宙が「宇宙霊魂」と呼ばれる「霊魂」である。

宇宙の中で地球が誕生した。

地球は「地球霊魂」と名付けることができるであろう「霊魂」である。

地球で我々生命が誕生した。

我々は「個別霊魂」である。

我々は、地球霊魂の一部であり、宇宙霊魂の一部である。

そして、創造神の一部でもある。

創造神⇒宇宙霊魂⇒地球霊魂⇒個別霊魂
になるに連れ、「個」が生まれる。

宇宙、そして我々は「個」の獲得のために生まれたと言って良い。

仏教で言うところの、涅槃に入るとは、一者と融合することである。

これはあくまでも私個人の全くの妄想である。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ホピ族の伝承について

・ホピ:平和の民全ての繋がり、自然のバランスがまわり続けますようにと、調和を祈り続けている遥か昔、宇宙を創った創造主から直々に調和を祈り続ける役割を約束されているホピ族が約束を捨てた時、世界のバランス …

no image

全ては「ハイヤーセルフ、神」の創った「設定」である

シャーマニズムの世界や、神話の世界の中に、「天空神」「地母神」という概念がある。 これをそのまま純粋に解釈するなら、地母神は「地球そのもの」であり、天空神は「宇宙そのもの」もしくは「宇宙をさらに超えた …

no image

この世は「我」を追求する場である

本当の真理は「諸法無我」である。 真の姿は「無我」である。 だが、この世は様々な「我」を生み出すために存在する場である。 この世における人生とは、ただひたすら「我」を追求する場ではないかと、そう思えて …

no image

もう一つの案(唯識を中心に)

唯識において、「種子」という、いろいろの現象を起こさせる可能性である、可能力があります。 ベルクソンは「世界はイマージュの総体」だと言いました。 イマージュ ≒ 種子 と解釈すると、唯識においては、「 …

no image

ベルクソンと仏教

ベルクソンの「純粋記憶」は、仏教の唯識における「阿頼耶識」との共通点を見出すことができると思います。 茂木健一郎氏の『クオリアと人工意識』を読んで、そのことに気付きました。   ベルクソンの純粋記憶 …