ふるふる哲学

今までいろいろな教えに触れてきましたが、私は「神人さん」の教えが、真の教えとしてとてもわかりやすく感じました。 神人さんの教えに興味のある方は「神人講演会」に参加されることをおすすめいたします。

未設定

霊界、幽界と、シャーマニズムの天上世界、地下世界について

投稿日:

神界、霊界、幽界、幽現界という世界があるが、
シャーマニズムにおいては、「天上世界」「地上世界」「地下世界」と三世界に分かれている。

双方の関係性をどのように解釈するかについて考えた時、

神界、霊界:天上世界

幽界:地下世界

幽現界:地上世界

と解釈できるような気がする。

天上世界の中の最高天に位置するのが、神界であり、創造神、天神といった存在がいる。

天上世界の中の下方に位置するのが、霊界であり、指導霊、守護霊、ハイヤーセルフといった存在がいる。

そして、幽界というのはシャーマニズムにおける地下世界であり、パワーアニマルや祖霊、精霊といった存在がいる他、様々な想念がある場所である。

幽現界は地上世界に位置し、地上世界を彷徨っている存在が一般的に霊として現われると思われる。

神界、霊界、幽界、幽現界については、こちらを参照
https://www.youtube.com/watch?v=JwJx_A9fhp0

シャーマニズムの世界観については、こちらを参照
https://morfos.blog.ss-blog.jp/2020-09-25

私個人が解釈した世界の仕組みを絵にしてみました。

また、前回の記事で記載した、

天上世界:本来の自分がいる世界

地下世界:様々な経験データ

地上世界:本来の自分が、様々な経験データを一部引き継いで、それを具現化させた世界

と解釈することもできると思われる。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

雑記

おすすめYouTubeチャンネル https://www.youtube.com/user/196710noby/videos 蜂の生き様を伝えてるチャンネルです。 このチャンネルを気に入った理由は、 …

no image

ふと思った目醒めた人の特徴について

完全私個人の思いつきかつ、もしかしたらただの勘違いかもしれないのですけど、目醒めてる人の特徴の中に、もしかしたら「疑似的死」を一度経験している人がわりと多いのではないかと、ふとそう思いました。 例えば …

no image

神秘主義思想における「光」という普遍性について

おすすめサイトの記述を基に、「光」についての普遍性について探っていきたいと思う。 アボリジニのコスモロジーと高位イニシエーション [伝統文化のコスモロジー]https://morfos.blog.ss …

no image

仕事とは何か

仕事の本質ってなんだろう?と考えた時に、やはり野生の動物に立ち返ってみると、「食べるための食糧の確保」「安全場所の確保、寝床の確保」野生の動物にとっての、日々の生活の大半そのものが、人間における「仕事 …

no image

「外に出て自然の恵みを感じる」ことの大切さ

娯楽とは何か?生きるとは何か?と考えた時、「外に出て自然の恵みを感じる」ことの中に、その意義を見出すことができるのではないかと思いました。 娯楽についていくつかピックアップしてみると・文学・ファッショ …