ふるふる哲学

今までいろいろな教えに触れてきましたが、私は「神人さん」の教えが、真の教えとしてとてもわかりやすく感じました。 神人さんの教えに興味のある方は「神人講演会」に参加されることをおすすめいたします。

未設定

アカシックレコード

投稿日:2018年6月17日 更新日:

デートスポットとして名高い、お台場。

ネオン輝く夜の夜景を背景に、僕は彼女と二人っきりのひと時を過ごしていた。

(ああ・・・このままずっとこの幸せなひと時が続けば良いのに・・・)

刻々と近づく、今日という日の別れに、もどかしさを感じる。

・・・・「またね」

・・・・・・

・・・

! は、・・夢か・・・

目覚めの朝と共に、僕は、1年前のデートの出来事を夢の中で思い出した。

・・・そう、そのデート相手の彼女は、今、海外留学のため3年以上戻って来ない。

しばらく会ってなかったからだろう。留学前最後のデートのことを思い出したのは。

諸行無常のごとく、絶えず変化し続ける現実世界。

自分の夢に向かって突き進んでいく彼女。

彼女の存在がどんどん遠くなっていくように感じてた。

・・だが、1年前のあのデートの出来事を夢の中で思い出したことで、気付かされた。

「あの頃の気持ち」を忘れそうになってたことに。

夢の中で思い出した光景

それは、彼女と夜空を眺めてた時のことだった。

夜空が好きな彼女。プラネタリウムにデートに行った時の思い出。

そんな、夢の中の出来事を思い出してる時に、ふと横を向くと一冊の本が無造作に置かれてた。

自分がだいぶん前に買った本だ。

「・・・・・生ける宇宙・・・」

(…!!)

……

世界は絶えず変化し続け、常ならむなら、
気持ちも絶えず変化し続け、常ならむものだ。

・・そう、恋人の愛し合う気持ちも・・・

忘れそうになってたあの頃の愛し合ってた気持ち。それを思い出させてくれたのは、思い出という名の記憶だった。

記憶は変わらず、あの頃の出来事を再現してくれる。

記憶の中の彼女は、いつも変わらず僕に笑いかけてくれる。

「初心忘るべからず」という言葉が脳裏を過った。

果たして、『記憶』は自分の頭の中でしか存在しないのだろうか?

もしあの頃の出来事の思い出が、どこかこの世とは違う場所に記録されてたとしたら、
その記録は僕たちに、どう語りかけてくれるだろうか?

夜空の眺めとともに、僕と彼女の思い出が走馬燈のように蘇る。

・・・よし、電話しよう。

 

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スピリチュアリズムから見た心霊現象の歴史(系譜)を読んで、自分なりにまとめたメモ

スピリチュアリズム普及会スピリチュアリズムから見た心霊現象の歴史(系譜)http://sp-phenomena.in.coocan.jp/part2/p2chapter1/index.htm   ~ア …

no image

古代日本のカタカムナについて

カ:全てのエネルギーの根源カタ:現象世界に出てきたものカム:潜象世界から命の根源を守っている力ナ:これらを総合する括り 潜象世界の「ム」が抜けて、生物脳が劣化→カタカナ生物脳(直感で捉える脳)が劣化→ …

no image

我々に神の視点や、縄文時代の人々の視点や、他の生き物の視点を直接的には知り得ない

我々は、今置かれている環境を基準にしか考えれない存在であるとも言える。 つまりは我々に、神の視点や、縄文時代の人々の視点、他の生き物の視点を直接的には知り得ない。 視点が違えば、見えてくる世界も全く違 …

no image

ゾロアスター教

イラン高原に住んでいた古代アーリア人:ミスラやヴァーユなど様々な神を信仰する多神教(原イラン多神教)であった。   ゾロアスター教のルーツ:この原イラン多神教を基に、ザラスシュトラがアフラ・マズダーを …

no image

人生の目的、課題におけるキーワード

●物質主義、ものへの執着、肉体的な欲、精神的な依存を減らす心・精神性において「奉仕」を重要視する ●対人関係において、慈愛の心を持ち、見返りを求めない奉仕の心を持つ ●苦しみは、天からの贈り物であり、 …