ふるふる哲学

今までいろいろな教えに触れてきましたが、私は「神人さん」の教えが、真の教えとしてとてもわかりやすく感じました。 神人さんの教えに興味のある方は「神人講演会」に参加されることをおすすめいたします。

未設定

雑記

投稿日:

全ては、物理法則に従って動く因果的決定論な世界。

 

「自由意志は幻想である」これは学会の定説であるらしい。

自由意志は本当は無い。だが、我々は自由意志が「ある」ように感じている。

自由意志という存在そのものも、「自由意志のクオリア」であると言えよう。

 

この世に存在するあらゆる全ては、「物理法則に従って動いている」

我々は物理法則に従って動かされてるだけの「遺伝子の乗り物」にすぎないのだろうか?

もし、遺伝子の乗り物にすぎないのであれば、「心」が存在する意味は何だろうか?

ゾンビでも良かったのではないだろうか?

  

「心」とは「クオリア」である。 そして、そのクオリアは、物理法則の枠組みでは説明できないものである。

そして、そのクオリアの性質を表す一つの現象として「明晰夢」がある。

明晰夢とは、睡眠中にみる夢のうち、自分で夢であると自覚しながら見ている夢のことである。明晰夢の経験者はしばしば、夢の状況を自分の思い通りに変化させられると語っている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E6%99%B0%E5%A4%A2

明晰夢で見る世界は、物理法則による制限のない世界だ。

その中では、思い通りに自在に自分自身で世界を操ることができるらしい。

まるで、自分が神になったかのように…

でも、明晰夢の世界は決して「他者」と交わることのない、

孤独な世界。

 

物理法則の制限のない、クオリアのみでできた世界は「他者がいない」孤独な世界なのかもしれない。

そして、「他者と交われる世界」は物理法則に支配された「この世」しか無いのかもしれない。

我々の心は、「自由意志」を犠牲にする代わりに、「他者との交流」を欲したのかもしれない。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

もしも地球が「お金のいらない国」だったら(【宇宙くんの手紙】中村咲太 より)

お金をもらうために仕事をしているという意識が現代は強いけど、本来の仕事はお金をもらうためのものなのだろうか? それぞれの人が自分のやりたいことや、やれることをやっていく。素直に自分の能力をいかした仕事 …

no image

自説:人生の3段階

人生の3段階 1、自分の欲求を極限まで追求する 2、極限まで追求した結果、根源的な虚しさという壁に突き当たる 3、仏教の真理に気付き、悟りへの道を歩む ※究極的には仏教でなくても良い(補足にて後述) …

no image

最も、最適な「祈り」の方法は、神社やお寺に参拝することである説

「祈り」を実践する上で、具体的にどのように行うことが最適であるかについて考えたところ、実はその答えは身近なところにあった。 それは「(身近な)神社やお寺に参拝すること」である。 (少額ずつでも定期的に …

no image

宝くじについて

宝くじの正式名称は「当せん金付証票」です。 宝くじの歴史そのものは、古くは江戸時代から存在し、「神社や寺の修復費用を集めるなどの目的」で発行されていたそうです。 その後、1944年に当時の根拠法である …

no image

過去記事11

世界の本質を最もよく描いた宗教は仏教なのではないか説 ~第2話「宇宙論」~ 宇宙の果てには何があるんだろう? 宇宙の誕生(ビッグバン)より前の世界は、どんな世界だったのだろう? それを解き明かす理論と …