ふるふる哲学

学びの過程を記しています。新しい記事になるほど学びを深めた上での記事となります。

未設定

もし自分が宗教を創るとしたら「自然崇拝」

投稿日:2022年1月27日 更新日:

【信仰対象】
自然

【教義】
~魂の階層~

最上層:神(宇宙そのもの)

高い層:植物魂、微生物魂(生産者、分解者)

中間層:動物魂(一次消費者)

低い層:動物魂(二次消費者)

最下層:人間魂

~説明~

神を宇宙そのものと考える。

無生物に近いほど宇宙と一体化していると捉え、無生物に近い生物であるほど魂の階層は高い。
つまり、動物ではない生物が高い波長の魂を持っていると考える。

植物は、宇宙からの光エネルギーを直接活用することから、特別な存在であると言える。

中間層に来るのは、草食動物と呼ばれる一時消費者である。
植物をエネルギー源としていることから、中間層と捉えた。

低い層に来るのは、他の動物を捕食することをエネルギー源としている二次消費者以降の動物である。

そして最下層に来る生物を人間と捉えた。
なぜなら知能が最も発達した動物だからである。

魂の階層の高さが魂の価値を決めるものではなく、階層の高い魂であるほど神(宇宙)と一体化し、
階層が低いほど、神(宇宙)との分離が顕著になり、その存在自体が「分離した神(小宇宙)」に近い存在となっている。

~原罪、カルマ~

人間は知能を持ったことにより、知能を持ったことが直接的な原因ではないものの原罪を負うこととなった。
その原罪の直接的な原因は、環境破壊であり、自然の秩序を乱す行為である。

それがカルマとなっている。

~善と悪~

自然の摂理に従った生き方を善とし、自然の摂理に反する生き方を悪とする。

【実践】
1,環境破壊を止める
2,自然を保護する
3,自然の摂理に従った生き方をする

これらの実践により、煩悩やカルマは解消され、自然と一体化した人間としての生き方が実現される。

~実践例~

自然保護団体、環境保護団体に寄付をする。
・公益財団法人日本自然保護協会
 https://www.nacsj.or.jp/
・公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)
 https://www.wwf.or.jp/

観葉植物を御神体として育てる。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人類の起源、日本人のルーツについて

TOLAND VLOG『【驚愕】日本人のルーツ編』より ~動画内容1~・人類に進化する前は、オランウータン、チンパンジー、ゴリラといった類人猿であった ・ある時、類人猿が直立で二足歩行を始めた猿人とい …

no image

自己解釈1

宇宙の外にある世界が、プロティノスの言うところの「ヌース」の世界。 ヌースはイデアであり、宇宙の創造神でもある。 プラトンの言うところの「デミウルゴス」である。 その創造神は、プロティノスの言う「一者 …

no image

ワンネス、純粋記憶、決定論、我々は役者

私の思う、この世界におけるキーワード 世界に意識は1つ:ワンネス 私という自己同一性や魂の正体:純粋記憶、持続 自由意志は幻想である:決定論 プロティノスは、この世界の出来事は舞台で役者が、次々に衣装 …

no image

自灯明・法灯明についての解釈、仏教とキリスト教について

自灯明・法灯明 「自らを灯明とし、自らをより処として、他のものをより処とせず、法を灯明とし、法をより処とせよ」 と説かれている。 だが、その真理の法というのは、自己意識の中心にあり、それは万人に共通で …

no image

アメリカの預言書オアスペについて ※真実の歴史を知る鍵かもしれない

・我々が住む物質世界は、霊界や神界に管理されている ・物質的なことを学べるように、人間に肉体を与えた霊性を高めるために ・神の世界にいずれ帰ってこれるように死を創造した ・肉体を持つ人間と、霊的な天使 …