ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

もし自分が宗教を創るとしたら「自然崇拝」

投稿日:2022年1月27日 更新日:

【信仰対象】
自然

【教義】
~魂の階層~

最上層:神(宇宙そのもの)

高い層:植物魂、微生物魂(生産者、分解者)

中間層:動物魂(一次消費者)

低い層:動物魂(二次消費者)

最下層:人間魂

~説明~

神を宇宙そのものと考える。

無生物に近いほど宇宙と一体化していると捉え、無生物に近い生物であるほど魂の階層は高い。
つまり、動物ではない生物が高い波長の魂を持っていると考える。

植物は、宇宙からの光エネルギーを直接活用することから、特別な存在であると言える。

中間層に来るのは、草食動物と呼ばれる一時消費者である。
植物をエネルギー源としていることから、中間層と捉えた。

低い層に来るのは、他の動物を捕食することをエネルギー源としている二次消費者以降の動物である。

そして最下層に来る生物を人間と捉えた。
なぜなら知能が最も発達した動物だからである。

魂の階層の高さが魂の価値を決めるものではなく、階層の高い魂であるほど神(宇宙)と一体化し、
階層が低いほど、神(宇宙)との分離が顕著になり、その存在自体が「分離した神(小宇宙)」に近い存在となっている。

~原罪、カルマ~

人間は知能を持ったことにより、知能を持ったことが直接的な原因ではないものの原罪を負うこととなった。
その原罪の直接的な原因は、環境破壊であり、自然の秩序を乱す行為である。

それがカルマとなっている。

~善と悪~

自然の摂理に従った生き方を善とし、自然の摂理に反する生き方を悪とする。

【実践】
1,環境破壊を止める
2,自然を保護する
3,自然の摂理に従った生き方をする

これらの実践により、煩悩やカルマは解消され、自然と一体化した人間としての生き方が実現される。

~実践例~

自然保護団体、環境保護団体に寄付をする。
・公益財団法人日本自然保護協会
 https://www.nacsj.or.jp/
・公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)
 https://www.wwf.or.jp/

観葉植物を御神体として育てる。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

雑記(妄想という名の仮説)

妄想という名の仮説 量子力学における「観測」とは 「観測することで、過去の状態が決定する」 つまり、時間は「未来から過去へ」流れている 原因:未来結果:過去 宇宙は、人間が誕生するように進化していった …

no image

もしスピリチュアルな世界が真理だとして、なぜこの世が生まれたのか

もしスピリチュアルな世界が正しいとして、なぜこの世が生まれたのか? おそらく、「個」を「我」を欲したからなのだろう。 あの世の世界は、「個」や「我」というのが完全には無い世界なのだろう。集合精神(ハイ …

no image

「神との合一」は、「死」によって必ず達成される

「神との合一」は、「死」によって必ず達成される。 「死」の先にあるのは、仏教でいう「空」であり、それすなわち「神との合一」である。 世界に意識はひとつ、という考えがあるが、私という意識と、あなたという …

no image

普遍的な強者や弱者、普遍的な適者や不適合者というのは、存在しない

環境が自然淘汰を生み出し、地球各地の環境の違いが進化による生物の多様性を生み出した。 それぞれ違う環境において、淘汰される個体もまた違ってくる。 とすれば、人間社会においても、それぞれの環境においてそ …

no image

睡眠は、特殊な輪廻転生の一種である説

後期密教、タントリズムではこのように考えられている。 >タントリズムでは、「人間の1日」の周期と、「人間の一生」の周期と、「宇宙」の周期と「神の1日」の周期を重ねて考えました。
つまり、「睡眠/夢見/ …