ふるふる哲学

今までいろいろな教えに触れてきましたが、私は「神人さん」の教えが、真の教えとしてとてもわかりやすく感じました。 神人さんの教えに興味のある方は「神人講演会」に参加されることをおすすめいたします。

未設定

アカシックレコード

投稿日:2018年6月17日 更新日:

デートスポットとして名高い、お台場。

ネオン輝く夜の夜景を背景に、僕は彼女と二人っきりのひと時を過ごしていた。

(ああ・・・このままずっとこの幸せなひと時が続けば良いのに・・・)

刻々と近づく、今日という日の別れに、もどかしさを感じる。

・・・・「またね」

・・・・・・

・・・

! は、・・夢か・・・

目覚めの朝と共に、僕は、1年前のデートの出来事を夢の中で思い出した。

・・・そう、そのデート相手の彼女は、今、海外留学のため3年以上戻って来ない。

しばらく会ってなかったからだろう。留学前最後のデートのことを思い出したのは。

諸行無常のごとく、絶えず変化し続ける現実世界。

自分の夢に向かって突き進んでいく彼女。

彼女の存在がどんどん遠くなっていくように感じてた。

・・だが、1年前のあのデートの出来事を夢の中で思い出したことで、気付かされた。

「あの頃の気持ち」を忘れそうになってたことに。

夢の中で思い出した光景

それは、彼女と夜空を眺めてた時のことだった。

夜空が好きな彼女。プラネタリウムにデートに行った時の思い出。

そんな、夢の中の出来事を思い出してる時に、ふと横を向くと一冊の本が無造作に置かれてた。

自分がだいぶん前に買った本だ。

「・・・・・生ける宇宙・・・」

(…!!)

……

世界は絶えず変化し続け、常ならむなら、
気持ちも絶えず変化し続け、常ならむものだ。

・・そう、恋人の愛し合う気持ちも・・・

忘れそうになってたあの頃の愛し合ってた気持ち。それを思い出させてくれたのは、思い出という名の記憶だった。

記憶は変わらず、あの頃の出来事を再現してくれる。

記憶の中の彼女は、いつも変わらず僕に笑いかけてくれる。

「初心忘るべからず」という言葉が脳裏を過った。

果たして、『記憶』は自分の頭の中でしか存在しないのだろうか?

もしあの頃の出来事の思い出が、どこかこの世とは違う場所に記録されてたとしたら、
その記録は僕たちに、どう語りかけてくれるだろうか?

夜空の眺めとともに、僕と彼女の思い出が走馬燈のように蘇る。

・・・よし、電話しよう。

 

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

快楽と苦痛は表裏一体

快楽と苦痛は表裏一体である。 それが、我々が「存在している」ということである。 存在するから、快楽と苦痛という表裏一体の現象が表れる。 ニーチェはこう言った。 「大きな苦痛こそ精神の最後の解放者である …

no image

スピリチュアルを受け入れられるようになった経緯

昔の自分は、宗教も全く信じないし、スピリチュアルも全く信じない、信じている人の気持ちが理解できない、そんな人でした。 私の場合、「信じれるようになるまでに時間がかかった」というほうが正しいのかもしれま …

no image

ネーターの定理ではクオリアは説明できない?(クオリアに保存則は当てはめらない?)

「心の哲学まとめWiki」の記事「パルメニデス」にてhttps://w.atwiki.jp/p_mind/pages/96.html >物理的なものは生成消滅しているように見えても、実は他の元素や素粒 …

no image

巨石文明について(TOLAND VLOGより)

~位山について~・正統竹内文書によると神々が最初に降り立った地が位山と言われている ・天皇陛下の儀式で実際に、位山のイチイの木でつくられている笏を使っている ・位山に入山する前に、飛騨一宮水無神社にご …

no image

『アナザー・ジャパン』(著:ウマヅラビデオ)を紹介したい

人類そのものは確かにアフリカから誕生したが、ノアの方舟伝説にあるように一回大量絶滅があり、大量絶滅の後の、今の現生人類の祖が日本から始まった。今の人類は日本から世界に広がっていき、そして一部は再び日本 …