ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

アストラル界、メンタル界、コーザル界についての解釈・理解と、輪廻転生についての解釈・理解

投稿日:2022年3月12日 更新日:

各世界の特性および理想的境地は、こういう世界であると解釈した。

アストラル界:光の世界

メンタル界:愛の世界

コーザル界:波動の世界(カルマを書き換える力)

神(如来):統合された原初の世界

アストラル界においては、天国の世界は「光の世界」であり、地獄の世界は「闇の世界」である。

メンタル界においては、天国の世界は「愛の世界」であり、地獄の世界は「煩悩の世界」である。

コーザル界においては、世界の「カルマ」を管理する世界であり、ここから先は高級な魂でないと立ち入れない世界である。

そして、統合された原初の世界が「神」であり「如来」の世界である。

まず、統合された世界が分離したことによって我々は生まれた。

メンタル界→アストラル界と次元が下がるにつれ、分離の度合いが高まり、分離の最終到達地点が物質世界である。

罪のカルマを多く持った魂は、死後アストラル界において、その罪のカルマが反映された闇の世界を見ることになり、メンタル界においては煩悩の世界を見ることになる。

そのような罪を持った魂は、コーザル界には立ち入ることができない。
なぜなら、コーザル界はカルマを管理する世界であり、煩悩を持った存在がコーザル界に立ち入ると、世界のカルマが暴走し、秩序が崩壊するからである。

それを防ぐために、罪のカルマを持った存在は、アストラル界、メンタル界において罪のカルマが浄化され、
「空(くう)」の状態になった上で、再び物質世界に生まれ変わっていく。

徳を積んだ魂は、アストラル界において、その徳が反映された光の世界を見て、メンタル界においては愛の世界を見る。

そして、コーザル界へ次元上昇する。

世界の目的は、全ての罪のカルマを浄化し、「光」と「愛」で満たされた「理想郷」を創造することである。

~追記~
仏教の唯識と禅定の段階との関係性について、

こちらのサイトによると
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=256697
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=258152

・物質世界:前五識、意識

・エーテル界、アストラル界、メンタル界:末那識

・コーザル界:阿頼耶識

という対応関係になっている。

また、禅定については、
初禅天~第四禅天:アストラル界~メンタル界(色界)
に相当し、

コーザル界から先は、無色界に属する。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

臨死体験のパターンと瞑想のワンネス体験から考察する「世界の真理」

臨死体験には、ある一定のパターンが存在する。 臨死体験のパターン 1:死の宣告が聞こえる 2:知覚が鋭敏になる 3:体外離脱する 4:意識だけが宇宙へ旅立つ 5:暗いトンネルを通過して出口に明るい光を …

no image

幸せになる秘訣は、「自他」両方に愛を向けることである

『無償の愛』が大切であると語ってきたが、その『愛』を向ける対象は、「他者」にだけ向ければ良いというわけではない。 「自分」に対しても、他者と同じくらい大切にして、自分に愛を向けることが大事である。 他 …

no image

イデアの存在を信じたい

no image

宗教を比較した考察

ゾロアスター教・感謝の儀式・森羅万象に宿る善のために働く精霊・善悪二元論・最後の審判・天国と地獄・善思・善語・善行の3つの徳(三徳)の実践 マンダ教・流水による洗礼、信仰儀礼の遵守による光の世界の帰還 …

no image

「神秘主義思想における普遍性」について、おすすめサイトから引用

神秘主義思想全般における普遍性のある思想を、参考となるサイトから紹介したいと思います。 >人間の意識や世界にはいくつもの層(階層性)があるというのが、基本的な考え方です。 >そして、表面的な層(低い層 …