ふるふる哲学

学びの過程を記しています。新しい記事になるほど学びを深めた上での記事となります。

未設定

アストラル界、メンタル界、コーザル界についての解釈・理解と、輪廻転生についての解釈・理解

投稿日:2022年3月12日 更新日:

各世界の特性および理想的境地は、こういう世界であると解釈した。

アストラル界:光の世界

メンタル界:愛の世界

コーザル界:波動の世界(カルマを書き換える力)

神(如来):統合された原初の世界

アストラル界においては、天国の世界は「光の世界」であり、地獄の世界は「闇の世界」である。

メンタル界においては、天国の世界は「愛の世界」であり、地獄の世界は「煩悩の世界」である。

コーザル界においては、世界の「カルマ」を管理する世界であり、ここから先は高級な魂でないと立ち入れない世界である。

そして、統合された原初の世界が「神」であり「如来」の世界である。

まず、統合された世界が分離したことによって我々は生まれた。

メンタル界→アストラル界と次元が下がるにつれ、分離の度合いが高まり、分離の最終到達地点が物質世界である。

罪のカルマを多く持った魂は、死後アストラル界において、その罪のカルマが反映された闇の世界を見ることになり、メンタル界においては煩悩の世界を見ることになる。

そのような罪を持った魂は、コーザル界には立ち入ることができない。
なぜなら、コーザル界はカルマを管理する世界であり、煩悩を持った存在がコーザル界に立ち入ると、世界のカルマが暴走し、秩序が崩壊するからである。

それを防ぐために、罪のカルマを持った存在は、アストラル界、メンタル界において罪のカルマが浄化され、
「空(くう)」の状態になった上で、再び物質世界に生まれ変わっていく。

徳を積んだ魂は、アストラル界において、その徳が反映された光の世界を見て、メンタル界においては愛の世界を見る。

そして、コーザル界へ次元上昇する。

世界の目的は、全ての罪のカルマを浄化し、「光」と「愛」で満たされた「理想郷」を創造することである。

~追記~
仏教の唯識と禅定の段階との関係性について、

こちらのサイトによると
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=256697
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=258152

・物質世界:前五識、意識

・エーテル界、アストラル界、メンタル界:末那識

・コーザル界:阿頼耶識

という対応関係になっている。

また、禅定については、
初禅天~第四禅天:アストラル界~メンタル界(色界)
に相当し、

コーザル界から先は、無色界に属する。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

プラトン

紀元前427年~紀元前347年 古代ギリシャの哲学者 ソクラテスの弟子、アリストテレスの師   40歳の頃の第一回シケリア旅行にて、ピュタゴラス学派と交流を持ったことで、数学・幾何学と、輪廻転生する不 …

no image

あらゆる哲学や宗教に共通すること

パルメニデスの言う「一なるもの」は、 プラトンの言う「イデア」であり 、 プロティノスの言う「一者」 ショーペンハウアーの言う「意志」 ウィトゲンシュタインの言う「論理空間」 ユングの言う「集合的無意 …

no image

スピリチュアリズムから見た心霊現象の歴史(系譜)を読んで、自分なりにまとめたメモ

スピリチュアリズム普及会スピリチュアリズムから見た心霊現象の歴史(系譜)http://sp-phenomena.in.coocan.jp/part2/p2chapter1/index.htm   ~ア …

no image

これまでの私個人の気付きの流れの概要

・デヴィッド・ボームが提唱した量子力学の解釈「内在秩序と外在秩序」カール・グスタフ・ユングが提唱した「集合的無意識」カール・プリブラムが提唱した「脳ホログラフィー理論」ロジャー・ペンローズが提唱した「 …

no image

ブロック宇宙論とクオリア

心の哲学まとめWiki の 「現象的意識の非論理性」https://w.atwiki.jp/p_mind/pages/139.html と 「意識の統一性」https://w.atwiki. …