ふるふる哲学

今までいろいろな教えに触れてきましたが、私は「神人さん」の教えが、真の教えとしてとてもわかりやすく感じました。 神人さんの教えに興味のある方は「神人講演会」に参加されることをおすすめいたします。

未設定

アストラル界、メンタル界、コーザル界についての解釈・理解と、輪廻転生についての解釈・理解

投稿日:2022年3月12日 更新日:

各世界の特性および理想的境地は、こういう世界であると解釈した。

アストラル界:光の世界

メンタル界:愛の世界

コーザル界:波動の世界(カルマを書き換える力)

神(如来):統合された原初の世界

アストラル界においては、天国の世界は「光の世界」であり、地獄の世界は「闇の世界」である。

メンタル界においては、天国の世界は「愛の世界」であり、地獄の世界は「煩悩の世界」である。

コーザル界においては、世界の「カルマ」を管理する世界であり、ここから先は高級な魂でないと立ち入れない世界である。

そして、統合された原初の世界が「神」であり「如来」の世界である。

まず、統合された世界が分離したことによって我々は生まれた。

メンタル界→アストラル界と次元が下がるにつれ、分離の度合いが高まり、分離の最終到達地点が物質世界である。

罪のカルマを多く持った魂は、死後アストラル界において、その罪のカルマが反映された闇の世界を見ることになり、メンタル界においては煩悩の世界を見ることになる。

そのような罪を持った魂は、コーザル界には立ち入ることができない。
なぜなら、コーザル界はカルマを管理する世界であり、煩悩を持った存在がコーザル界に立ち入ると、世界のカルマが暴走し、秩序が崩壊するからである。

それを防ぐために、罪のカルマを持った存在は、アストラル界、メンタル界において罪のカルマが浄化され、
「空(くう)」の状態になった上で、再び物質世界に生まれ変わっていく。

徳を積んだ魂は、アストラル界において、その徳が反映された光の世界を見て、メンタル界においては愛の世界を見る。

そして、コーザル界へ次元上昇する。

世界の目的は、全ての罪のカルマを浄化し、「光」と「愛」で満たされた「理想郷」を創造することである。

~追記~
仏教の唯識と禅定の段階との関係性について、

こちらのサイトによると
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=256697
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=258152

・物質世界:前五識、意識

・エーテル界、アストラル界、メンタル界:末那識

・コーザル界:阿頼耶識

という対応関係になっている。

また、禅定については、
初禅天~第四禅天:アストラル界~メンタル界(色界)
に相当し、

コーザル界から先は、無色界に属する。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「神秘的あるいは強烈な光に遭遇する」場面という真理

臨死体験のパターンの中にある「神秘的あるいは強烈な光に遭遇する」の場面 あの場面こそ真理であり、魂の最終目的地である。 (※ただし臨死体験そのものはしないに越したことはない) ・無条件の愛に包まれ、宇 …

no image

『見てきたように面白い「超古代史」――「人類の起源」から「来るべき終末の暗示」まで』(著:黒戌仁)を紹介したい

目次 はじめに……「音」 と「神話」に隠された、超古代史の謎に迫る本プロローグ……「人類創世」の法則●この世界は「言葉」から始まったAUM(オーム)のマントラが表わすもの神話を解明するキーワード 第Ⅰ …

no image

1人1真実、1人1真理、それらは源という巨大な真理の一側面を表している(更新:8月15日)

私が今まで参考にしてきた1真理 太字 ⇒ 個人的に特に感銘を受けた真理の一部★ ⇒ 個人的に特に最重要だと思う真理の一部 ~哲学~ ・宇宙の謎を哲学的に深く考察しているサイトさんにとっての真理の一部『 …

no image

これまでの私個人の気付きの流れの概要

・デヴィッド・ボームが提唱した量子力学の解釈「内在秩序と外在秩序」カール・グスタフ・ユングが提唱した「集合的無意識」カール・プリブラムが提唱した「脳ホログラフィー理論」ロジャー・ペンローズが提唱した「 …

no image

この世は「我」を追求する場である

本当の真理は「諸法無我」である。 真の姿は「無我」である。 だが、この世は様々な「我」を生み出すために存在する場である。 この世における人生とは、ただひたすら「我」を追求する場ではないかと、そう思えて …