ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

ベルクソンの哲学を現代物理で考察してみた

投稿日:

ベルクソンの哲学を現代物理で考察してみた。

真空:イマージュ
いま目に映っている世界:純粋知覚、クオリア
粒子:目に映った対象の物質世界そのもの
過去の記憶:純粋記憶(ここではカルマと呼ぶ)
私という存在:持続

かつて、真空の世界は、粒子と反粒子が対生成や対消滅を起こす均衡の取れた空間であった。

だが、ある時、真空は自分自身の存在を創造したいと願った。
真空は、自分自身の存在を見た。

その瞬間、粒子と反粒子の均衡は破れ、粒子で構成された物質世界が生まれた。
これが宇宙のビッグバンである。

真空は、見るという行為を行ったことで、過去の記憶というカルマを生み、カルマは精神という思考を生んだ。

物質である粒子の質量と対を成すように精神が生まれた。

最初に生み出されたのは、宇宙精神である。
宇宙精神は、真空を見ることで、新たに物質世界の宇宙をどんどん生み出していった。
それと同時に、カルマもどんどん保存されていった。

この宇宙の連続的な生成は、時間を生み出した。

ある日、カルマが宇宙精神から分離した。
それが地球精神である、地球のカルマであった。

カルマはどんどん分離していき、そして私という存在を生み出した。

私という存在は、カルマの持続である。

私という精神の中には、宇宙誕生から今に至るカルマの全記憶が保存されており、
ゆえに、真空を見た瞬間、そのカルマに対応した物質世界が生み出される。

真空には、全ての可能性がその中に含まれている。

おそらくであるが、ダークエネルギーがカルマの正体であると思われる。

考察する上でヒントになったチャンネル
ブッダかずひさ https://www.youtube.com/channel/UCcqDxoJreSq-pfeag9rvFIw

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

自己解釈2

一者はまず、「ヌース質料」と「質料」を流出させる。 質料は、物質世界を創る素材となり、ヌース質料はイデア界を創る素材となる。 一者から流出したヌース質料と物質的質料が、お互いに相互作用を起こすことで、 …

no image

睡眠は、特殊な輪廻転生の一種である説

後期密教、タントリズムではこのように考えられている。 >タントリズムでは、「人間の1日」の周期と、「人間の一生」の周期と、「宇宙」の周期と「神の1日」の周期を重ねて考えました。
つまり、「睡眠/夢見/ …

no image

現代の科学の時代において、宗教やスピリチュアルの精神を一般に伝える方法

現代においては、科学的な世界観が価値観として支配しており、ほとんどの人類の潜在意識の中に科学というものが根付いている。 このような時代において、宗教やスピリチュアルで説明されているような精神を、一般的 …

no image

0=∞=1についての解釈

『宇宙一美しい奇跡の数式』(著:ノ・ジェス)の存在を知った。 著者がYouTubeに「神の解明」として、動画を投稿されている。 https://www.youtube.com/watch?v=144_ …

no image

自己解釈1

宇宙の外にある世界が、プロティノスの言うところの「ヌース」の世界。 ヌースはイデアであり、宇宙の創造神でもある。 プラトンの言うところの「デミウルゴス」である。 その創造神は、プロティノスの言う「一者 …