ふるふる哲学

学びの過程を記しています。新しい記事になるほど学びを深めた上での記事となります。

未設定

ベルクソンの純粋記憶は、仏教で言うカルマである

投稿日:2022年1月22日 更新日:

フランスの哲学者アンリ・ベルクソンは、「純粋記憶」「イマージュ」「持続」「純粋知覚」という概念を提唱した。

これをプロティノスの新プラトン主義にカルマを導入した形で説明するとどうなるかについて考察する。

プロティノスの言葉+カルマで説明するとこうなる。

・イマージュ:一者
・持続:魂
・純粋記憶:カルマ(プロティノスの言うロゴス)
・純粋知覚:魂を形作るヌース

ビッグバンの前、宇宙にはたった1つのイマージュが存在した。
その中には、全ての可能性が含まれている。

ある時、イマージュからヌース質料が流出した。

ヌース質料は、イマージュを振り返って見た。
その瞬間、純粋知覚というヌースが生まれ、見たという行いが純粋記憶に保存された。

純粋記憶は、ヌースから持続という名の魂を形作った。

魂は、再びイマージュを見た。
その瞬間、純粋知覚が再び発生し、見たという行いが純粋記憶に保存された。

この純粋知覚の生成の連続を「時間」と呼び、今私たちが見ている宇宙を創造している。

これが、ベルクソンの哲学の正しい理解だと私は思います。

ジョン・ホイーラーは、「単一電子宇宙仮説」をリチャード・P・ファインマンに提案しました。

宇宙には、単一電子しかなく、その単一電子とはベルクソンの言うイマージュであり、プロティノスの言う一者なのだろう。

~補足~
プロティノスの新プラトン主義から、仏教の唯識を考察してみると、

・一者:阿頼耶識
・ヌース質料:分離した阿頼耶識
・霊魂:末那識

という解釈になると思いました。

阿頼耶識から、自分の分身である阿頼耶識を流出させ、
分身の阿頼耶識は、元の阿頼耶識を振り向いて見ることで、宇宙空間が生まれる。

カルマの連鎖により、末那識という霊魂が形成された。

という流れであると思われる。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

補足2

~補足9~アメリカ出身ニール・ドナルド・ウォルシュ/著 『神との対話』書かれている内容に、凄く真理が含まれていると感じた。 まさに、現代の聖書と言っても過言ではない。 ~補足10~地球全体の生態系は、 …

no image

凄いサイトとそのkindle本を見つけた ⇒ 情報と物質の関係に基づいた「心身問題・観測問題は擬似問題」の科学的証明

http://infomatlabo.cool.coocan.jp/ 心身問題や観測問題について議論しているサイトであるが、 「心身問題とは何か 心身問題は擬似問題である」 「クオリアの起源 「クオリ …

no image

それでも、「無償の愛」という絶対的真理がそこにはある

自我や煩悩は肯定しても良い。 人間臭さも肯定して良い。 かつては、それを望んで我々は自由を獲得しようとしたのだから。 自我や煩悩は肯定して良いけど、それでも1つだけ忘れてはいけない絶対的真理があると思 …

no image

火の鳥の正体は、インド神話における創造神ブラフマーではないか説

手塚治虫氏の名作『火の鳥』  Yahoo!ショッピング検索結果 晩年、最後に描く予定だった幻の作品「火の鳥 現代編」 その内容とは、「猿田の最期の末裔(手塚治虫氏)の亡骸から、火の鳥が誕生する」という …

no image

可能性としてすでに未来は決定しているが、現実としてはまだ存在していないというタイプの決定論的世界である

~補足1~論理的に「世界」そのものを語ることはそもそも不可能である。無限後退… の先に何があるのだろうか… 語ることはできない。「一者」というのは、そもそも存在をも超越した存在であり、人が知覚すること …