ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

一者はハイブマインド説

投稿日:

私の意識=あなたの意識という「世界に意識は一つ」の一つは、文字通りの一つではなく、
「ハイブマインド」なのかもしれない。
それも、個性を保持してながら必要に応じて集合精神に入ったり出たりできるタイプの「弱いハイブマインド」である。

無限の宇宙意識の分離は苦を生む。
だが、宇宙意識の統合による孤独も苦を生むと私は思う。

宇宙意識の統合に向かう方向が幸せであり、真理だと仮定するならば、
統合した宇宙意識は孤独ではなく「ハイブマインド」であると仮定したほうが良いような気がする。

このハイブマインド世界が、プラトンの言うイデアであるのだろう。
そして、イデアから追放されて物質世界の生物として生まれた理由は「煩悩によりイデアの秩序を乱したことによる」と思われる。

それがキリスト教で言う原罪であり、仏教で言うところのカルマにあたると思われる。

プロティノスの言う一者をプラトンの言うイデアそのものであると仮定すると、真理が見えてくるのかもしれない。

~補足~
ドイツの哲学者G.W.F.ヘーゲルの『精神現象学』において、
「意識」の発展を弁証法に基づいて1意識そのもの、2自己意識、3理性、の3段階が示されている。

>「意識そのもの」の段階では、「感性的意識」から「知覚」へ、そして「悟性」へと認識が深められる。次にこのような認識の主体としての「自己」が自覚され、「自己意識」が生じる。この「自己意識」と同質な意識を他者にも認めることによって、他人の「自己意識」をも認識し、単なる自我を超えた普遍的な、他者との共通性を持つ「自己」、「理性」の現れとしての「自己」を認識にするに至る。この過程が「精神現象学」である。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%8F%BE%E8%B1%A1%E5%AD%A6

この意識の発展の過程こそが、プラトンのイデア論における、イデアからの追放~イデアへの帰還を表しており、
知識の最高段階としての絶対知に達した時に帰還できるものと思われる。

古代ギリシャ哲学から近代哲学に至る西洋哲学の完成、近代哲学の完成と見なされる所以が理解できました。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ゾロアスター教

イラン高原に住んでいた古代アーリア人:ミスラやヴァーユなど様々な神を信仰する多神教(原イラン多神教)であった。   ゾロアスター教のルーツ:この原イラン多神教を基に、ザラスシュトラがアフラ・マズダーを …

no image

仏教の歴史は、原点回帰の歴史である説

原初的な、狩猟文化の「アニミズム」的な世界観においては、原地母神の創造性との一体化が世界観の本質であった。 参考:https://morfos.blog.ss-blog.jp/2020-11-05 ま …

no image

神秘主義思想における「光」という普遍性について

おすすめサイトの記述を基に、「光」についての普遍性について探っていきたいと思う。 アボリジニのコスモロジーと高位イニシエーション [伝統文化のコスモロジー]https://morfos.blog.ss …

no image

全ての未来の可能性、全ての頭で想像できるフィクションは「イデア」として実在し、その中で現実化したものだけが「物質世界」に現象化する説

全ての未来の可能性、全ての頭で想像できるフィクションは「イデア」として実在し、その中で現実化したものだけが「物質世界」に現象化する。 つまりは、様々な未来の可能性の「パラレルワールド」は、「精神世界」 …

no image

志向的クオリアの階層性について

茂木健一郎氏は、志向的クオリアの階層性についてこのように述べられている。 >仏教では、「悟り」の段階として、52段階あるとされている。仏教の開祖、釈迦は最高の52段階まで行った。龍樹は41段階まで行っ …