ふるふる哲学

学びの過程を記しています。新しい記事になるほど学びを深めた上での記事となります。

未設定

天球の音楽

投稿日:

古代ギリシャの数学者・哲学者のピタゴラスは、「宇宙は音楽を奏でており、それがこの世の調和をもたらしている」と語った。

※宇宙の奏でる音楽を「天球の音楽」と呼んだ。

また、ピタゴラスの影響下にあったプラトンは、「音楽は宇宙の調和だけではなく、人間に調和を与え、魂が救済される」と語った。

16~17世紀のドイツの天文学者であるヨハネス・ケプラーは、著書『宇宙の調和』の中で「惑星の動きには音楽的な調和がある」と主張した。

つまり、ここからわかることは、
宇宙の本質は「音楽のような調和」であり、これはベルクソンの言う「持続」という概念にも繋がってくる。

宇宙の奏でる音楽を「天球の音楽」とピタゴラスが言ったように、プロティノスの言うところの一者は「天球の音楽」を創造する“存在を超えた存在”であると言える。

我々生物の存在は、この天球の音楽を構成する1つの楽器のようなものであり、この1つの楽器の生み出す持続が「魂」なのであろう。

私の自説ではあるが、物質や、植物、分解者といったショーペンハウアーの言うところの低位のイデアになるほど、天球の音楽の基礎となる土台を構成しており、
これらの存在が奏でる音楽は、天球の音楽の本質に近いのかもしれない。

我々のような高度な生き物になるほど、独自性を持った音楽を奏でるようになり、独自の世界観へ派生していくのだろうと思われる。

~補足~
仏教の「曼荼羅」(両界曼荼羅-金剛界曼荼羅、胎蔵界曼荼羅)には、真理が描かれている。

~補足~
我々が、「何も知らない無知な状態」でこの世に産まれてくる理由は、
『そのほうが幸せだから』なのかもしれない。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

私の思う、この世の真理にかなり近いと感じる哲学

プロティノス(一者) 仏教-唯識(阿頼耶識) アンリ・ベルクソン(持続-純粋記憶) カール・グスタフ・ユング(集合的無意識)

no image

一者はハイブマインド説

私の意識=あなたの意識という「世界に意識は一つ」の一つは、文字通りの一つではなく、「ハイブマインド」なのかもしれない。それも、個性を保持してながら必要に応じて集合精神に入ったり出たりできるタイプの「弱 …

no image

雑記

2023年1月24日の気付き ・結局のところ私のスタンスは、どっぷり特定のスピリチュアルだけを盲信するわけでも、特定の宗教を盲信するわけでもない。あくまでそれらは参考にはするけど、最終的には「私の思う …

no image

ゾロアスター教

イラン高原に住んでいた古代アーリア人:ミスラやヴァーユなど様々な神を信仰する多神教(原イラン多神教)であった。   ゾロアスター教のルーツ:この原イラン多神教を基に、ザラスシュトラがアフラ・マズダーを …

no image

悟りとは

多くの人は「本当はやりたいことがある。でも、周りの目があるから… 金銭的な心配があるから… 常識的に考えるとこうだから…」と何かといろいろ自分の中の“しがらみ”を自ら作ることによって「本当のやりたいこ …