ふるふる哲学

今までいろいろな教えに触れてきましたが、私は「神人さん」の教えが、真の教えとしてとてもわかりやすく感じました。 神人さんの教えに興味のある方は「神人講演会」に参加されることをおすすめいたします。

未設定

悪人正機という活路

投稿日:2022年5月7日 更新日:

今まで散々多くのことを探求し、今までたくさん考察を書いてきた。
それでも、自分の中から苦しみが無くなることは無かった。

なぜだろうかと思った末に、行き着いた先は「悪人正機」でした。

詳しい解説は、詳細の内容を知ったきっかけとなった動画の解説にお任せし、
私は重要だと思うキーワードを引用したいと思います。

悪人正機の教えとは。親鸞の驚くべき思想に迫る
https://www.youtube.com/watch?v=GkBYaPHSoQQ

※こちらの動画もおすすめします
【浄土真宗最大の疑問】悪人こそ救われる?
https://www.youtube.com/watch?v=KX63BD05qtA

浄土真宗

親鸞聖人

善人なおもて 往生を遂ぐ いわんや悪人をや

罪悪深重 煩悩熾盛の衆生

雑毒の善

禅僧と乞食

お前は人に与えることのできる身分を喜べよ
俺は人に与えようとしても
与えられるものがないんだ
お前は人に与えられる我が身の境遇を
感謝しなさいよ

与えられるものがあるということは
それだけで感謝しなきゃいけないことですよ

あなたの人生に与えるものがあるということは
幸せなことですよ

無碍の一道

~私個人の解釈~
進化論において、自然淘汰、性淘汰、利己的遺伝子論といったものがあるように、
我々は進化の過程において、どうしても「適者」「不適者」と分かれる形で生き延びて進化していった。

現世利益、現世幸福という観点で見た時に、様々な境遇の方々がおり、
その人の苦しみというのは「その人になってみないとわからない」ことです。

そんな悟りからは程遠い私たちの心が、悟りの本質に気づく時は、実は「人生の苦しみ」の中にあるのだろうと、私はそう思います。

ゆえに、苦しみの多い人生であればあるほど、「気づき」の多い人生であるとも言えますし、
そこに「悪人正機」の意味も見出せるような、そんな気がしました。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

臨死体験のパターンと瞑想のワンネス体験から考察する「世界の真理」

臨死体験には、ある一定のパターンが存在する。 臨死体験のパターン 1:死の宣告が聞こえる 2:知覚が鋭敏になる 3:体外離脱する 4:意識だけが宇宙へ旅立つ 5:暗いトンネルを通過して出口に明るい光を …

no image

過去記事10

世界の本質を最もよく描いた宗教は仏教なのではないか説 ~第1話「導入」~ 初めまして。 管理人のふるふると申します。 このブログでは、自身の趣味である、俗に言う「オカルトちっく」な内容の記事を中心に、 …

no image

スピリチュアルビジネスについての解釈

まず、前提として「お金儲け自体を悪だとジャッジしない」ことが大切であると私は思う。 「このようなビジョンを実現したいです」と表明している人、または「このようなことが好きで多くの人に広めていきたいです」 …

no image

ふと思い出した、目醒めの曲だと思う曲

最近、中村咲太さんが音楽を通して目醒めを発信される活動を始められました。目醒めを音楽を通して発信されている方は、他にもブッダかずひささんという方もおられますが、これらの音楽を通した目醒めの発信という流 …

no image

64劫目で理想郷が生まれる

阿毘達磨倶舎論によると、64劫目で三禅天まで無くなり、全ての存在が四禅天で暮らすことになるらしい。 つまり、全ての存在が悟りの境地に至るにはこれだけの長い時間がかかるのだといえる。 だが、この一連のプ …