ふるふる哲学

学びの過程を記しています。新しい記事になるほど学びを深めた上での記事となります。

未設定

悪人正機という活路

投稿日:2022年5月7日 更新日:

今まで散々多くのことを探求し、今までたくさん考察を書いてきた。
それでも、自分の中から苦しみが無くなることは無かった。

なぜだろうかと思った末に、行き着いた先は「悪人正機」でした。

詳しい解説は、詳細の内容を知ったきっかけとなった動画の解説にお任せし、
私は重要だと思うキーワードを引用したいと思います。

悪人正機の教えとは。親鸞の驚くべき思想に迫る
https://www.youtube.com/watch?v=GkBYaPHSoQQ

※こちらの動画もおすすめします
【浄土真宗最大の疑問】悪人こそ救われる?
https://www.youtube.com/watch?v=KX63BD05qtA

浄土真宗

親鸞聖人

善人なおもて 往生を遂ぐ いわんや悪人をや

罪悪深重 煩悩熾盛の衆生

雑毒の善

禅僧と乞食

お前は人に与えることのできる身分を喜べよ
俺は人に与えようとしても
与えられるものがないんだ
お前は人に与えられる我が身の境遇を
感謝しなさいよ

与えられるものがあるということは
それだけで感謝しなきゃいけないことですよ

あなたの人生に与えるものがあるということは
幸せなことですよ

無碍の一道

~私個人の解釈~
進化論において、自然淘汰、性淘汰、利己的遺伝子論といったものがあるように、
我々は進化の過程において、どうしても「適者」「不適者」と分かれる形で生き延びて進化していった。

現世利益、現世幸福という観点で見た時に、様々な境遇の方々がおり、
その人の苦しみというのは「その人になってみないとわからない」ことです。

そんな悟りからは程遠い私たちの心が、悟りの本質に気づく時は、実は「人生の苦しみ」の中にあるのだろうと、私はそう思います。

ゆえに、苦しみの多い人生であればあるほど、「気づき」の多い人生であるとも言えますし、
そこに「悪人正機」の意味も見出せるような、そんな気がしました。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ショーペンハウアー、プロティノス、アリストテレス、プラトン、アナクサゴラスの世界観

まだまだ勉強中である私が解釈した、各哲学者たちの世界観 【アナクサゴラスの世界観】   【プラトンの世界観】   【アリストテレスの世界観】   【プロティノスの世界観】   【ショーペンハウアーの世 …

no image

サイコシンセシス(統合心理学)についての解釈

サイコシンセシス(統合心理学)とは、イタリアの精神科医ロベルト・アサジョーリによって創設された心理学で、どうやらトランスパーソナル心理学の一分野らしい。 そのロベルト・アサジョーリが提唱した心の構造は …

no image

私は「性質二元論」が正しいと思っている&私自身の人生の意義について

心の哲学には、大きく分けて「唯心論」「二元論」「唯物論」がある。 今まで得た知識による私の直感では、まず「唯心論」と「唯物論」はあり得ないと思っている。 残ったのは「二元論」だが、二元論には大きく2つ …

no image

支配的モナド、従属的モナドという概念から、知識不足な私が勝手に考察

2021年の出生数は81万人だったということを知った。 そして、「そうか…私という存在は、世界の人口約80億人のうちの1人なんだな…」という数の多さを考えてるうちに、「なぜ私は私なのか」という疑問を再 …

no image

雑記

今までの探求の道筋 今まで私が「この世とは何か?」について探求してきた、道筋のざっとメモったやつを挙げます。 メモをそのまま挙げるので、読みにくいとは思いますが・・・ 宇宙への興味 ・次元とは何か―0 …