ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

真理は、ゴンドワナ型神話の中にある

投稿日:

多種多様な世界の神話は、大きく2つのグループに分けられる。

ゴンドワナ型神話とローラシア型神話である。

ゴンドワナ型神話は、古い時代のものであり、最初に地球各地に広まったものである。

一方、ローラシア型神話は、そのあとに出てきたものであり、ゴンドワナ型を「上書き」するように広まったものである。

ゴンドワナ型神話は、
世界の始まり、世界の終わりに言及せず(世界は最初からすでにあり、今後もある前提)
明確な主人公や英雄がおらず、登場人物も神も動物もみんな「対等」の群像劇である。

対して、ローラシア型神話は、
世界の始まり、世界の終わりについての言及があり、各物語の間に、ある程度の時系列の関係があり、明確な主人公や英雄も登場する。

引用:https://mythpedia.jp/mythology/sekai-sinwa-gakusetu.html

そして、おそらくゴンドワナ型神話は、狩猟文化の頃の価値観を表しており、
ローラシア型神話は、農耕文化以降の価値観を表しているのだろう。

>ローラシア型神話は、神がいかに世界と人間を創造し、その後、人間がエクメーネ(居住地域)を拡大、やがて人間の間に自民族意識や権力が生まれたのかを語る神話である。

>ゴンドワナ型神話は、そもそも人間と動植物や自然現象を区別しない時代、人間がその一員として森羅万象や動物、木々や花々と矛盾なく共存した時代の神話である。

引用:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/54030?page=2

『世界神話学入門』(著者:後藤明)
後藤氏は、ゴンドワナ型神話の特徴について、次のように述べている。
>“一つだけ確実に言えることとして、人間も動物も、そして神や精霊も、地上において一緒に暮らしていたとされることである。
夜空の天体もかつては生命をもち、人々の隣で暮らしていたとされる。それらの間に上下関係、階層関係はなく、平等な、相互依存関係こそあるべき姿だという主張が、その基底にはあるように思われる。”(同書P134)

引用:https://aomatsu123.blog.fc2.com/blog-entry-348.html?sp

オーストラリアの原住民アボリジニは言う、
「すべてのものは、すべてのものに繫がっている」

このような、アニミズムの世界観こそが、真理であるのだろう。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

仏教、キリスト教、イスラム教の共通点に気付いた

仏教、キリスト教、イスラム教の共通点に気付きました。 お釈迦様も、イエス様も、ムハンマド様も、「瞑想」をしているという点です。 もう1つは「煩悩(欲)を捨てる」ことを良しとしている点。 さらに、仏教に …

no image

人生の目的、課題におけるキーワード

●物質主義、ものへの執着、肉体的な欲、精神的な依存を減らす心・精神性において「奉仕」を重要視する ●対人関係において、慈愛の心を持ち、見返りを求めない奉仕の心を持つ ●苦しみは、天からの贈り物であり、 …

no image

雑記

ソクラテス以前の古代ギリシャ哲学において、デモクリトスが「原子論」を唱え、原子の存在を予言した。 現代においては「素粒子」の存在が確認されている。   ソフィスト時代において、アリストテレスが「四原因 …

no image

スピリチュアリズムから見た心霊現象の歴史(系譜)を読んで、自分なりにまとめたメモ

スピリチュアリズム普及会スピリチュアリズムから見た心霊現象の歴史(系譜)http://sp-phenomena.in.coocan.jp/part2/p2chapter1/index.htm   ~ア …

no image

マルクス・ガブリエル、ヘーゲル、仏教、スピリチュアルの言葉を使って真理について考察

空(くう)から、あらゆる意味の場が発生した。 あらゆる全ての意味の場の中心にある本質は、空というvoidである。 世界の目的は「あらゆる全ての意味の場」を止揚した「理想郷の意味の場」の創造である。 我 …