ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

自説:世界は意志の無限な闘争と創造の場である

投稿日:2021年12月24日 更新日:

ショーペンハウアーは世界を、「意志は究極の目的を欠いた無限の努力(闘争)である」と捉えた。
ベルクソンは世界を、「進化とは持続的な創造の推進である」と捉えた。

ベルクソンの言う「創造」を支えているのは何か?と考えた時、
「創造」を支えているものこそ、「究極の目的を欠いた無限の努力(闘争)」にあるのだろうと思える。

意志の絶え間ない闘争が、絶え間ない創造を生む。

つまり、この世は意志の働きによる無限の闘争による創造の場であり、
それが世界の本質であると私は思う。

そして創造は「快」を生み、闘争は「苦」を生む。
快と苦は、常に表裏一体なのである。

「創造」を選んでひたすら闘争の場に身を投じる生き方が正解なのだろうか?
それとも、「闘争」という苦の連鎖から脱するために、「意志」の消失に努める生き方をするのが正解なのだろうか?

どちらの生き方も正解であるように思える。
どちらの生き方を選ぶかは個人の自由である。

仏教で言う解脱とは、この闘争の場からの離脱であり、
解脱そのものが生命の普遍的な目的ではなく、あくまで「創造の場を選ぶか?」それとも「そこからの解脱を選ぶか?」という、単に「生き方の違い」でしかないのではないか?とそう思いました。

解脱とは、プロティノスの言うところの「一者」との融合であり、創造とは「一者」が多様性を創造する行為である。

そして「創造」を支える闘争の場に身を置く生き方を、孔子は儒家として説き、
「闘争」の場に参加しない生き方を、老子は道家として説いたのだろう。

生き方に正解は無く、どちらの生き方も正解である。
仏教の言葉で言うなら、涅槃に入る生き方をするのも正解であり、輪廻転生の場に留まり続ける生き方をするのも正解なのかもしれない。

そして、生き方の実践において何よりも大事なことは「適切な環境」に身を置くことである。

ところで、論理的に「世界」そのものを語ることはそもそも不可能。
無限後退… の先に何があるのだろうか… 語ることはできない…

「一者」というのは、そもそも存在をも超越した存在であり、
人が知覚することも想像することも不可能な存在。
証明することも不可能だし、永遠に謎なままであろう。
人間が知覚できる領域を超えているということなのだろう。
分析で語れることは極少数。主観的な直感でしか認知できないことがある。
いや、直感でも認識できないことがある。

言語化できない直感と言えようか。
直感でも認識できないこともあるのであれば、
それを信じるのであれば、「一者」というのを私は信じたい。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

幸せになる秘訣は、「自他」両方に愛を向けることである

『無償の愛』が大切であると語ってきたが、その『愛』を向ける対象は、「他者」にだけ向ければ良いというわけではない。 「自分」に対しても、他者と同じくらい大切にして、自分に愛を向けることが大事である。 他 …

no image

プラトン

紀元前427年~紀元前347年 古代ギリシャの哲学者 ソクラテスの弟子、アリストテレスの師   40歳の頃の第一回シケリア旅行にて、ピュタゴラス学派と交流を持ったことで、数学・幾何学と、輪廻転生する不 …

no image

臨死体験、中間生記憶の共通パターンから考察する「世界の真理」

臨死体験や中間生記憶には共通するパターンがあり、文化や地域を越えた普遍性がある。この共通パターンの普遍性が非常に興味深いと共に、真理がそこにあるような気がする。 神秘体験そのものには時代を越えた共通性 …

no image

過去記事10

世界の本質を最もよく描いた宗教は仏教なのではないか説 ~第1話「導入」~ 初めまして。 管理人のふるふると申します。 このブログでは、自身の趣味である、俗に言う「オカルトちっく」な内容の記事を中心に、 …

no image

江原啓之 著「人はなぜ生まれいかに生きるのか」

江原啓之 著「人はなぜ生まれいかに生きるのか」を読んで、私が解釈したその世界観を図にしました。 プラトンのイデア論を発展させた、プロティノス祖の「新プラトン主義」の ●「ヌース」は「一者」、あるいは、 …