ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

輪廻転生の存在証明?

投稿日:

「皇帝の新しい心」を読み終えました。
ペンローズ氏は、意識の謎の解明は「量子重力理論」の解明と関わっているとおっしゃってました。
量子重力理論とは、宇宙の始まりである「ビッグバン」の謎を解明する未解明の理論です。

ペンローズ氏いわく、時間の流れはエントロピーの増大と関係しているとのことです。
エントロピーは、小さい状態から大きい状態へ移行します。それは「秩序から無秩序への移行」です。

実のところ、これ以外の物理法則には時間に関しては、逆向きでも正向きでもどちらでも成立してしまうのです。
エントロピーの増大が唯一、時間と関係する物理法則なのです。

そして、宇宙の始まりであるビッグバンの直後は「エントロピーが極小」の状態です。
宇宙の終わりであるビッグクランチは「エントロピーが最大」の状態です。

そして、ここからは私の考えなのですが、
生物も、老化というエントロピーの増大が必ずあります。
産まれて間もない頃は、エントロピーが最小の状態だったでしょう。
それが、老化というエントロピーの増大により、生物の身体は次第に劣化していきます。(劣化⇒無秩序になっていく)

宇宙の誕生~宇宙の終焉(エントロピーが極小の状態から増大していく)
生物の誕生~生物の死(エントロピーが極小の状態から増大していく)
という共通点が見出すことができます。

そして、ペンローズ氏は(まだ私が読んでない本)『宇宙の始まりと終わりはなぜ同じなのか』にて、
宇宙の始まりと終わりは「同じ」である、
というサイクリック宇宙論を提唱しています。

つまり、これが示唆することは、
生物の誕生と死は「同じ」である、と言えます。

宇宙は「物理空間」ですが、生物の意識は「心的空間」とも言えます。
意識である「心的空間」も、宇宙の始まりと終わりという物理空間の誕生と終わりと同じような法則で成り立っているのではないかと、
そう思いました。

つまり、サイクリック宇宙論は、宇宙空間の輪廻転生と言えますし、
もし意識も量子重力理論が関係しているとするならば、輪廻転生の存在が示唆されるのではないかと思います。

だが、それと同時に、「意識の誕生と死は同じ」と説くならば、
「輪廻転生は存在するけど、あの世は存在しない」ということになります。

死の瞬間は、次なる生の始まりであるわけですから、
あの世が間に入る隙はありません。

だが、プラトン的世界であるイデアは「無時間的」な存在ですので、時間概念が存在しないイデアという「あの世(仮)」においては、
「時間の流れの無いあの世という期間」が存在する可能性は否定できない…

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

意志はいかなる目標も限界もない。 意志は終わるところを知らぬ努力である。

ショーペンハウアー(著)「意志と表象としての世界」第29節:意志はいかなる目標も限界もない。 意志は終わるところを知らぬ努力である。 を読んで、はっとさせられました。 人生とは終わり無き努力であり、こ …

no image

もう一つの案(この世の真理)

私が思う、もう一つの案。 中立一元論という立場をヒントに… 物理的でも心的でもない一種類の中間的な存在が「量子」であるとすると、 1つの量子には、『イデアの全情報』が含まれている。 複数の量子により構 …

no image

私個人の思想

私個人が「理想」だと思う境地、こういう境地を目指したいと思う「理想の姿」についての思想を語りたいと思う。 私は人生において、こういう境地になりたいと思って生きている。 それは、「無所有の状態で幸せにな …

no image

補足

~補足6~ドイツの哲学者マルクス・ガブリエルの著作『なぜ世界は存在しないのか』に書かれていることは真理に近いように思える。 ~補足7~宇宙論について、ロジャー・ペンローズの提唱した「共形サイクリック宇 …

no image

東洋哲学と西洋哲学の融合

「真理」は、東洋哲学と西洋哲学を融合した先に見えてくるように思えます。 古い年代順に、東洋と西洋の融合が図られた哲学は ●プロティノス ⇒ 新プラトン主義 ●ショーペンハウアー ⇒ 意志と表象としての …