ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

雑記

投稿日:

全ては、物理法則に従って動く因果的決定論な世界。

 

「自由意志は幻想である」これは学会の定説であるらしい。

自由意志は本当は無い。だが、我々は自由意志が「ある」ように感じている。

自由意志という存在そのものも、「自由意志のクオリア」であると言えよう。

 

この世に存在するあらゆる全ては、「物理法則に従って動いている」

我々は物理法則に従って動かされてるだけの「遺伝子の乗り物」にすぎないのだろうか?

もし、遺伝子の乗り物にすぎないのであれば、「心」が存在する意味は何だろうか?

ゾンビでも良かったのではないだろうか?

  

「心」とは「クオリア」である。 そして、そのクオリアは、物理法則の枠組みでは説明できないものである。

そして、そのクオリアの性質を表す一つの現象として「明晰夢」がある。

明晰夢とは、睡眠中にみる夢のうち、自分で夢であると自覚しながら見ている夢のことである。明晰夢の経験者はしばしば、夢の状況を自分の思い通りに変化させられると語っている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E6%99%B0%E5%A4%A2

明晰夢で見る世界は、物理法則による制限のない世界だ。

その中では、思い通りに自在に自分自身で世界を操ることができるらしい。

まるで、自分が神になったかのように…

でも、明晰夢の世界は決して「他者」と交わることのない、

孤独な世界。

 

物理法則の制限のない、クオリアのみでできた世界は「他者がいない」孤独な世界なのかもしれない。

そして、「他者と交われる世界」は物理法則に支配された「この世」しか無いのかもしれない。

我々の心は、「自由意志」を犠牲にする代わりに、「他者との交流」を欲したのかもしれない。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

続スピリチュアリズム入門を読んで、その中の一部を自分なりにまとめたメモ

スピリチュアリズム普及会続スピリチュアリズム入門https://spiritualism-books.jp/sp-introduction2/   ~動物の死後のゆくえ~地上時代に人間から愛を受けた動 …

no image

「無償の愛」の心を育む実践方法として、「慈悲の瞑想」

「無償の愛」の心を育む実践方法として、「慈悲の瞑想」を提案したいと思う。 慈悲の瞑想は、Wikipediaの「慈悲の瞑想」ページの「参考」項目にある文章を、イメージしながら唱えるだけでも良い。また、日 …

no image

自由からの逃走を神秘主義的に捉えると

エーリヒ・フロムの著作に『自由からの逃走』というのがあります。 簡単な解説はWikipediaを参照https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E …

no image

プラトンの哲学

【イデア論】 生成変化する物質界の背後には、永遠不変のイデアという理想的な範型があり、イデアこそが真の実在であり、この世界は不完全な仮象の世界にすぎない。 不完全な人間の感覚ではイデアを捉えることがで …

no image

一切の認識を超えた世界(ショーペンハウアー)

ショーペンハウアーは、『意志と表象としての世界(正編)』の最終第71節にて、「一切の認識を超えた世界」について述べています。 解脱により、最終的に到達する地点としてショーペンハウアーは「一切の認識を超 …