ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

「後期密教」と「狩猟文化の原地母神信仰」との共通性の比較

投稿日:

参考、引用元サイト
https://ameblo.jp/morfo/entry-11029556433.html
https://ameblo.jp/morfo/entry-11059590347.html
https://morfos.blog.ss-blog.jp/2020-11-05
https://morfos.blog.ss-blog.jp/2020-10-15-1
https://morfos.blog.ss-blog.jp/2020-11-17
https://morfos.blog.ss-blog.jp/2020-10-06
https://morfos.blog.ss-blog.jp/2020-11-04
https://morfos.blog.ss-blog.jp/2020-10-04
https://morfos.blog.ss-blog.jp/2020-09-29
https://morfos.blog.ss-blog.jp/2020-10-26
https://morfos.blog.ss-blog.jp/2020-09-25

【後期密教の背景思想】
根源的な意識の母体(空)から、「意味の種」と言うべき「光」や「音」、「種子」を経て元型的・象徴的な動的なイメージ(象徴物・諸尊像など)が生まれ、最終的に形の定まった言葉やイメージで構成される日常の認識世界が生まれる。

根源的な意識の母体は、イメージも言葉もない、無分別、無相、主客のなし状態であり、
元型的・象徴的イメージは、動的・創造的で、「意味の種」の状態であり、外界を写したイメージではなく内的に生み出される存在である。

曼荼羅は体系化された、清浄な元型的イメージの表現である。

概念やイメージが固定的で二元的であるため煩悩が生まれ、それらが清浄な尊格と結びついた動的にものになれば、煩悩はなくなり、かつ、創造的になる。

曼荼羅は、マクロコスモス(外的世界)とミクロコスモス(内的世界=心身)の両方の根源的な力の全体が、束縛されずに創造的に現われた姿である。

「究竟次第」の瞑想法は、「霊的生理学(気の身体論)」をベースにして作られている。

気の身体は、「気の身体の種(心滴=ティクレ、ビンドゥ)」の状態から、骨格となる主要な気の脈管(ツァ、ナーディー)が生まれ、最終的に全身を流れる脈管としての気の身体が作られる。

気が末端的な場所・構造にある時は、意識も日常的であり、気が根源的な場所・構造にある時には、意識も根源的になる。

インド神話には、典型的なシャーマニズムのコスモロジーがあり、シャーマン的な神話もある。
「プラーナ」の宇宙論は部派仏教の「倶舎論」の宇宙論とも似ている。
世界の中心には世界山の「メール山(須弥山)」がある。
天上は何層にも渡る世界がある。
地下には7層の世界がある。

【狩猟文化の原地母神信仰】
地上の存在は、人間も動物も、植物も、鉱物も、太陽などの天体も、すべて「原地母神」の子供であり、
それらはすべて人間の親戚であり、その魂に本質的な違いはない。

狩猟文化のシャーマン的な神秘思想の核心は、日常的な自我を殺すことによって、「原地母神」として表される創造力に合一し、再生することである。

シャーマンがトランス状態に入る時、あるいは、入った時に、典型的に現れる言葉やイメージ以前の生理的な「幻視」と「幻聴」がある。
これらは、「魂の世界への入口」、「変身への入口」だとも考えられている。
※幻視は、「内部閃光」などと称される、幾何学的な図形
※幻聴は、「ブーン」という蜂の飛ぶ音や、低い唸り声のような音

「ドリームタイム」の世界は、大地の中に種や根があるようなイメージで捉えることができる。
この「種」は、一種の「イデア」、「元型」のような存在である。
「ドリームタイム」から地上世界が生まれることは、内的・心的・潜在的なものが、外的・物質的・具体的なものになるという創造のプロセスである。

「パワー・オブジェクト」や「スピリット・ヘルパー」には多くの種類があり、これを4方に配置したり、12の月に配置したりして、体系化がされていることもある。
これは、後世におけるマンダラや象徴体系の原型と考えることができる。

体の中には、一種の生命の樹がある。
これをつたって体の中を昇降する霊的エネルギーは、「天の雫(体の稲妻)」と呼ばれる。
そして、体に3つの霊的センター(頭頂、心臓、肝臓)があると考えられている。
インドや中国で発展した霊的生理学に近いものが、マヤ/トルテカにも存在した。

ツングース、ラップ、ヤクートなどでは、シャーマンの「秘密言語」があり、シャーマンは、イニシエーションでその習得が必須のものとなっている。
儀式などで、精霊との会話で使う。
トランスになって、精霊を呼び出す「パワー・ソング」で使われることもある。
シャーマンは、「秘密言語」を先輩シャーマン、もしくは、精霊から直接、教わる。
「精霊」的存在は、怪物のような恐ろしい存在であると同時に、知識を授けてくれる教師的存在でもある。 彼らによって、体の各部位を表す呪術的な言葉を教えられ(言わされ)、様々な病気の原因と治療に関する知識を得る。
呪術的な言葉は、体の各部位を操作する力を持つ。

「天上」、「地上(中間世界)」、「地下(冥界)」
世界の中央には大きな樹(世界樹、宇宙樹)があって、3つの世界をつなげている。
あるいは、大きな山(世界山)がある。
天は複数の層(7層や9層というのが多い)から構成されている。
地下にもいくつかの層があると考えることもある。

【比較】
~比較1~
●後期密教
根源的な意識の母体(空)⇒「意味の種」と言うべき「光」や「音」、「種子」⇒ 元型的・象徴的な動的なイメージ(象徴物・諸尊像など)⇒ 形の定まった言葉やイメージで構成される日常の認識世界

●狩猟文化の原地母神信仰との比較
・原地母神:根源的な意識の母体(空)
・シャーマンがトランス状態に入る時、あるいは、入った時の、典型的に現れる言葉やイメージ以前の生理的な「幻視」と「幻聴」:「意味の種」と言うべき「光」や「音」、「種子」

~比較2~
●後期密教
曼荼羅:体系化された、清浄な元型的イメージの表現 ⇒ マクロコスモス(外的世界)とミクロコスモス(内的世界=心身)の両方の根源的な力の全体が、束縛されずに創造的に現われた姿(煩悩がなく、かつ、創造的)

●狩猟文化の原地母神信仰との比較
・「パワー・オブジェクト」や「スピリット・ヘルパー」には多くの種類があり、これを4方に配置したり、12の月に配置したりして、体系化がされている:後世における曼荼羅や象徴体系の原型
・「原地母神」として表される創造力に合一し、再生する:マクロコスモス(外的世界)とミクロコスモス(内的世界=心身)の両方の根源的な力の全体が、束縛されずに創造的に現われた姿(煩悩がなく、かつ、創造的)

~比較3~
●後期密教
霊的生理学(気の身体論)
「気の身体の種(心滴=ティクレ、ビンドゥ)」の状態 ⇒ 骨格となる主要な気の脈管(ツァ、ナーディー)⇒ 全身を流れる脈管としての気の身体

●狩猟文化の原地母神信仰との比較
体の中には、一種の生命の樹がある
これをつたって体の中を昇降する霊的エネルギーは、「天の雫(体の稲妻)」と呼ばれる
そして、体に3つの霊的センター(頭頂、心臓、肝臓)がある
⇒ インドや中国で発展した霊的生理学に近いものが、マヤ/トルテカにもあった

~比較4~
●後期密教
マントラ

●狩猟文化の原地母神信仰との比較
「精霊」的存在によって、体の各部位を表す呪術的な言葉を教えられ(言わされ)、様々な病気の原因と治療に関する知識を得る
呪術的な言葉は、体の各部位を操作する力を持つ
儀式などで、精霊との会話で使う
精霊を呼び出す「パワー・ソング」で使われることもある
⇒ マントラ

~比較5~
●仏教
須弥山世界
世界の中心:「メール山(須弥山)」がある
天上:何層にも渡る世界がある
地下:7層の世界がある

●狩猟文化の原地母神信仰
「天上」、「地上(中間世界)」、「地下(冥界)」
世界の中央:大きな樹(世界樹、宇宙樹)があって、3つの世界をつなげている
あるいは、大きな山(世界山)がある
天:複数の層(7層や9層というのが多い)から構成されている
地下:いくつかの層があると考えることもある

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

最も、基本的な実践方法は「祈り」である説

>祈りは、最も基本的な宗教行為や民間信仰の一つである。 >「教義や教則、またそれらを含めた聖典や教本をもつ宗教」に限らずそれ以前に、世界中の古代文明において発生したシャーマニズム(祈祷・占い・呪術・薬 …

no image

やはりネーターの定理でクオリアを説明できるかもしれない?(クオリアに保存則はやはり当てはまる?)

「外界にあるエネルギー」が、感覚器を通して脳内で「情報化」され、それが「クオリア」として変換される。 「外界にあるエネルギー」も「クオリア」も、同じネーターの定理で説明できる保存量である。 とするなら …

no image

『【宇宙くんの手紙】中村咲太』のYouTube動画を見た内容のメモ11

●【宇宙会議で聞いたコト】7月からの「世界&人類」のエネルギーやポイント🌍https://youtu.be/xGXDLXZQrf0 ハイブリッド共同評議会宇宙のいろいろな種族、マスターたちが集まって会 …

no image

スピリチュアリズムから見た心霊現象の歴史(系譜)を読んで、自分なりにまとめたメモ

スピリチュアリズム普及会スピリチュアリズムから見た心霊現象の歴史(系譜)http://sp-phenomena.in.coocan.jp/part2/p2chapter1/index.htm   ~ア …

no image

あらゆる哲学や宗教に共通すること

パルメニデスの言う「一なるもの」は、 プラトンの言う「イデア」であり 、 プロティノスの言う「一者」 ショーペンハウアーの言う「意志」 ウィトゲンシュタインの言う「論理空間」 ユングの言う「集合的無意 …