ふるふる哲学

今までいろいろな教えに触れてきましたが、私は「神人さん」の教えが、真の教えとしてとてもわかりやすく感じました。 神人さんの教えに興味のある方は「神人講演会」に参加されることをおすすめいたします。

未設定

過去記事7

投稿日:2018年3月31日 更新日:




「集合的無意識」「夢」「覚醒夢」をホログラフィック・モデルで説明

ホログラフィック・モデルとは?

※画像:https://matome.naver.jp

宇宙そのものは一種の巨大なホログラムであり、時間と空間をまったく超越したレベルからの投影である。

この驚くべき考えを築き上げたのは、アインシュタインの弟子であり、世界で最も尊敬されている量子物理学者のひとり、ロンドン大学のデイヴィッド・ボームと、スタンフォード大学の神経生理学者で、古典的とも言える神経心理学の教科書『脳の言葉』(邦訳、誠信書房、1978)の著者でもあるカール・プリブラムの二人である。

興味深いのは、ボームとプリブラムが、それぞれまったく異なる方角から進んできて、同じ結論に達したという事実だ。

ボームは、通常の理論では量子物理学の世界で遭遇する現象のすべてを説明できないことにあきたらず、長年不満を持ち続けたのちに、はじめて宇宙のホログラフィックな本質に確信を持つようになった。プリブラムのほうも、通常の理論ではさまざまな神経生理学上の謎を説明できなかったため、これに確信を持つに至ったのだった。

しかし、いったんこの考えに到達してからは、ボームとプリブラムともに、ホログラフィック・モデルが他にもいくつかの謎を解明できることにすぐ気づいた。

このモデルがほとんどすべての超常現象や神秘体験を説明するのに役立つということだ。

※出典:『投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待』(著:マイケル・タルボット)
Yahoo!ショッピング検索結果

「集合的無意識」をホログラフィック・モデルで説明

※画像:http://gakumon.info

集合的無意識とは?
・スイスの精神分析医カール・ユングによる概念

治療を始めてまもなくの頃、ユングは、自分の診ていた患者の夢、芸術作品、空想や幻覚の中に、その個人の履歴の産物というだけでは説明しきれないシンボルやアイデアがしばしば含まれていることを確信するようになる。こういったシンボルは、個人的なものというよりも、世界の偉大な神話や宗教に出てくるイメージやテーマに近いものがあった。ユングは、神話、夢、宗教的なヴィジョン体験などは、すべて同じ源、つまりすべての人々が共有する集合無意識から生じてくるものだ、という結論を下したのである。

複数の個人の意識の間に起きることがある説明不可能なつながりにも、このホログラフィックな考えが解明の光を当ててくれる。

ホログラフィック・モデルが予見する、万物の相互結合性という考え方なら、ひとつの説明を提供してくれる。すべてが限りなく相互に結びついている宇宙では、あらゆる意識もまた相互に結合している。表面上の姿とは裏腹に、私たちは境目のない存在なのだ。あるいは、ボームの言葉を借りるなら、「深層では、人類の意識はひとつなのである」。

※出典:『投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待』(著:マイケル・タルボット)

夢は、知覚と隠された秩序との間のかけ橋

※画像:http://whitemarchen.blog27.fc2.com

精神分析医モンタギュー・ウルマンによる、ESP夢実験

その典型的な実験はつぎのようなものだ。超能力をもたない有償のボランティアが、研究所の一室で眠るように頼まれる。そして別の部屋にいる人間が、無作為に選ばれた絵に意識を集中し、眠っているほうの人がその絵のイメージを夢にみるように念じるのである。決定的な結果が出ないときもあった。しかし、眠っているほうの人間が明らかに絵の影響を受けた夢をみる場合もあった。

ウルマンは、こういった実験結果を、ボームの言う隠された相互結合性の状態を示す証拠と考えているが、これとは別に、夢にはホログラフィックな全体性の深遠なる側面が見られるとも感じている。(…詳細は、実際に書籍をご覧ください)

※出典:『投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待』(著:マイケル・タルボット)

覚醒夢と並行宇宙

※画像:http://blog.livedoor.jp/beziehungswahn

物理学者フレッド・アラン・ウルフは、この変わった現象(覚醒夢)を説明するのにホログラフィック・モデルが役立つ可能性があると主張。

ホログラフィック・フィルムが実際には二種類の画像をつくり出していることを指摘した。フィルムの背後の空間にあるように見える虚像と、フィルムの前面で焦点が合う実像である。ウルフは、すべての夢は内的ホログラムであり、通常の夢があまり鮮やかでないのは、それが虚像だからだと考える。しかしまた、脳には実像をつくり出す能力もあり、私たちが覚醒夢をみているときの脳はこの能力を使っているのだと彼は言う。

ウルフは、覚醒夢(そしておそらくすべての夢)は、実は並行宇宙への訪問であるという仮説を立てている。この並行宇宙とは、さらに大きく包括的な宇宙ホログラムの内部に存在する小規模のホログラムである。

この点を含め、夢の究極の本質に関する他の考え方も、書籍の中で探られている。(…詳細は、実際に書籍をご覧ください)

※出典:『投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待』(著:マイケル・タルボット)
Yahoo!ショッピング検索結果
関連商品はこちら

[show_more]

Yahoo!ショッピング検索結果
Yahoo!ショッピング検索結果

[/show_more]

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

イデア論

この世に実在するのはイデアであって、我々が肉体的に感覚している対象や世界とはあくまでイデアの似像にすぎない、とする。   学習というのは実は想起である。 我々のプシュケー(魂)というのは不滅であって輪 …

no image

江原啓之 著「人はなぜ生まれいかに生きるのか」

江原啓之 著「人はなぜ生まれいかに生きるのか」を読んで、私が解釈したその世界観を図にしました。 プラトンのイデア論を発展させた、プロティノス祖の「新プラトン主義」の ●「ヌース」は「一者」、あるいは、 …

no image

それでも、「無償の愛」という絶対的真理がそこにはある

自我や煩悩は肯定しても良い。 人間臭さも肯定して良い。 かつては、それを望んで我々は自由を獲得しようとしたのだから。 自我や煩悩は肯定して良いけど、それでも1つだけ忘れてはいけない絶対的真理があると思 …

no image

ワーク一覧(『【宇宙くんの手紙】中村咲太』のYouTube動画を見た内容のメモ)

※2023年2月末までの内容です。3月以降の内容はご自身でお確かめください。もしくは、『僕が宇宙の仲間に聞いたこと』(著:中村咲太)の書籍にわかりやすく書かれておりますので、そちらを参照されたほうが確 …

no image

私の思う創造神話

原初の世界は、神一者のみが存在する世界であった。個の無い世界であり、神=世界であり、世界には神だけが存在していた。 神は「自己」と「他者」という概念が存在する「個」を欲した。 神は「個」を創造した。 …