ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

あらゆる哲学や宗教に共通すること

投稿日:

パルメニデスの言う「一なるもの」は、

プラトンの言う「イデア」であり 、

プロティノスの言う「一者」

ショーペンハウアーの言う「意志」

ウィトゲンシュタインの言う「論理空間」

ユングの言う「集合的無意識」

デヴィッド・ボームの言う「内在秩序」

そして茂木健一郎氏の言う「一つの意識」 なんだろうなと思いました。

 

そこに宗教やSFを加えるなら、

一神教における「唯一神」

バラモン教における「ブラフマン」

仏教における「空」

スピリチュアリズムにおける「アカシックレコード」

SFにおける「集合精神」

がそれに当たるような気がします。

こんな感じに共通性を見出せるような気がします。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

イデア論

この世に実在するのはイデアであって、我々が肉体的に感覚している対象や世界とはあくまでイデアの似像にすぎない、とする。   学習というのは実は想起である。 我々のプシュケー(魂)というのは不滅であって輪 …

no image

絶対無の場所は、世界そのものかもしれない?

「絶対無の場所」とは、「世界そのもの」ではないか? 絶対無の「無」というのは、意識の視点から見た「無」であり、だが厳密には無ではなく「原意識」と呼ばれる潜在的性質が絶対無の場所にはある。 それと同時に …

no image

アカシックレコード

デートスポットとして名高い、お台場。 ネオン輝く夜の夜景を背景に、僕は彼女と二人っきりのひと時を過ごしていた。 (ああ・・・このままずっとこの幸せなひと時が続けば良いのに・・・) 刻々と近づく、今日と …

no image

「中道」という生き方

人間は、常に「目的」を求める生き物である。「目的」に向かっている時に人間は生き甲斐を感じ、逆に目的の枯渇が人間にとっての苦となる。 人間は退屈を苦と感じ、常に退屈を生み出さない努力を永遠と続ける存在で …

no image

人生は旅である

人生は旅である。 様々なクオリアと出会う旅であり、様々なクオリアを生み出す旅である。 そして、死とは旅の終着点であり、故郷への帰還である。