ふるふる哲学

今までいろいろな教えに触れてきましたが、私は「神人さん」の教えが、真の教えとしてとてもわかりやすく感じました。 神人さんの教えに興味のある方は「神人講演会」に参加されることをおすすめいたします。

未設定

今日のつぶやき2

投稿日:

【日本人注意】死後の世界と生まれ変わりの結論を聞いてしまいました《神人さんとの対話》
https://www.youtube.com/watch?v=dm9H1bHpXZU

(【真実に目醒め魂を輝かせる】和人チャンネル より https://www.youtube.com/@kamihito-kazuhito.

こちらの動画、ここ最近の中で特に良い動画内容でした。

以前から、神とは森羅万象のことであると教わってたのですけど、
霊人、霊団、宇宙存在に対する捉え方も、一新されたように思います。

霊界の中にも、何百年、何千年前の者たちの意識もそこにあり、その者たちですら本当のことを知らないという現状があり、霊団レベルで存在している
とあるように、霊界には多数の霊団が存在し、それぞれ霊団ごとに思想も異なってくるのだろうとそう考えられます。

何が正しくて何が間違っているか?
信じられている思想は、霊団の数だけ存在する。
と思うと、正解の無い旅の中で、真実を見出していくという、
その過程はまさに、人生とは探求だなとそう思えたりします。

私の今までの初心の頃からの原動力は、「知りたい」という「知的好奇心」であり、
その知的好奇心こそが自分の誇れる大切にしたい特色でもあったと思い出すことができたように思えます。

おそらく私は死後も、真実を知るための探求をしていくのかもしれません。
それが私にとっての喜びでもあると思えます。

目醒めるというのは、正しく知るということなのでしょう
という内容が特にしっくりくる目醒めの定義でした。

それと共に、私は、目醒めとは「森羅万象に感謝すること」でもあるのだろうと、そう思いました。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

最も、最適な「祈り」の方法は、神社やお寺に参拝することである説

「祈り」を実践する上で、具体的にどのように行うことが最適であるかについて考えたところ、実はその答えは身近なところにあった。 それは「(身近な)神社やお寺に参拝すること」である。 (少額ずつでも定期的に …

no image

支配的モナド、従属的モナドという概念から、知識不足な私が勝手に考察

2021年の出生数は81万人だったということを知った。 そして、「そうか…私という存在は、世界の人口約80億人のうちの1人なんだな…」という数の多さを考えてるうちに、「なぜ私は私なのか」という疑問を再 …

no image

西田哲学の中に、真理を理解するヒントがあるように思えた

茂木健一郎さんの動画自己意識の中心の空虚さについて自己意識の中枢はなぜ無色透明なのかを見ているうちに、西田幾多郎の「絶対無」という概念をふと思い出しました。 西田哲学については、哲学チャンネルさんのこ …

no image

補足

~補足6~ドイツの哲学者マルクス・ガブリエルの著作『なぜ世界は存在しないのか』に書かれていることは真理に近いように思える。 ~補足7~宇宙論について、ロジャー・ペンローズの提唱した「共形サイクリック宇 …

no image

ふと思った目醒めた人の特徴について

完全私個人の思いつきかつ、もしかしたらただの勘違いかもしれないのですけど、目醒めてる人の特徴の中に、もしかしたら「疑似的死」を一度経験している人がわりと多いのではないかと、ふとそう思いました。 例えば …