ふるふる哲学

学びの過程を記しています。新しい記事になるほど学びを深めた上での記事となります。

未設定

悟りとは

投稿日:

多くの人は
「本当はやりたいことがある。でも、周りの目があるから… 金銭的な心配があるから… 常識的に考えるとこうだから…」
と何かといろいろ自分の中の“しがらみ”を自ら作ることによって「本当のやりたいこと」ができていない、
というのが一般的な多くの人
であると共に、悟りというのは、

これらの自分の中にあるブレーキを外していくことにより、
「何のしがらみも無く」「素直に」「自分の生きたいように生きれる」「やりたいことをただ素直にできる」

これが悟りの境地なのであろう。

その際、アクセルも外していくことによって、
「絶対にこれを手に入れて現世的成功をおさめて承認欲求を満たしてみせるメラメラ」という現世利益的な欲求から、
現世利益というしがらみからも解放された、より本質的な「やりたいことをただ素直にやる」という悟りの境地に至れる。

それは、源に還るための道筋(カルマ)を最短で昇っていくための境地であるといえる。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

精神の世界と混沌

複数の神話の中に、「混沌から世界が生まれた」という表現があります。※ギリシャ神話や、ニュージーランドの神話、中国の盤古神話、北欧のエッダやインドのベーダ、日本神話等… Wikipediaの創造神話の項 …

no image

睡眠は、特殊な輪廻転生の一種である説

後期密教、タントリズムではこのように考えられている。 >タントリズムでは、「人間の1日」の周期と、「人間の一生」の周期と、「宇宙」の周期と「神の1日」の周期を重ねて考えました。
つまり、「睡眠/夢見/ …

no image

過去記事11

世界の本質を最もよく描いた宗教は仏教なのではないか説 ~第2話「宇宙論」~ 宇宙の果てには何があるんだろう? 宇宙の誕生(ビッグバン)より前の世界は、どんな世界だったのだろう? それを解き明かす理論と …

no image

「ソウルメイト」という概念について、自分なりに調べて考察

スピリチュアルにおいて、「ソウルメイト」という概念がある。 おそらく、人生において重要人物となる存在は、確実に「ソウルメイト」なのだろう。 それと同時に、ある程度そのソウルメイト同士の、人生における影 …

no image

現時点での私の中の結論

私なりに今までの得た知識等を総合して考えてみた結果、現時点での私の中の結論は、 『汎経験説』(Wikipediaより:汎経験説とは、現象的意識・クオリアといった心的経験が、脳や神経細胞といった巨視的な …