ふるふる哲学

今までいろいろな教えに触れてきましたが、私は「神人さん」の教えが、真の教えとしてとてもわかりやすく感じました。 神人さんの教えに興味のある方は「神人講演会」に参加されることをおすすめいたします。

未設定

悟り・サマーディと、霊能者や占い師・スピリチュアル系の人との関係性について(本物と偽物の違いは何か)

投稿日:

霊能者や占い師・スピリチュアル系の人が世の中にはたくさんいます。
その中でも、どのくらい信じて良いかどうか、本物と偽物の違いは何なのか?について考えるにあたり、
この動画の内容がかなり参考になると思いました。

「他人の心を読む能力」「すべての生き物の声を理解する能力」「星の配置を知る能力」他_【完全解説】ヨーガ・スートラ(8)
https://youtu.be/Sqm8UgBfluQ

2:47 他心通より引用

他心通:他人の心に超集中力を向けることによって、他人の心と一体化して他人の心がわかる

自分や相手の過去世や来世を見る能力、心の中を見る能力、いわゆる六神通と言われる神通力は、サマーディの後に起こる

八正道とかのひたすら基礎的な訓練を続け、第一サマーディ→第二サマーディ→第三サマーディ→そして第四サマーディという究極の瞑想状態に入る
この4つのサマーディ全部をクリアした後に、神通力が現れる

だが、瞬間的にサマーディに入れる人はまずほとんどいない
(凄く準備をした後にサマーディに入れる人はいる)

そこまで本当はいってないけど、何となく経験する神秘的な経験を真実の経験と取り違えている人もいる

仏典やヨーガ経典においては、サマーディという二元を超えた究極の瞑想状態に入れないとその前の経験というのは全部魔境である
その前で神の声が聞こえたり、他人の声が分かったり、過去世が分かったりというのは全部不正確な情報である

それを経験すること自体は悪いことではない
でもそれを信じすぎてはいけない
それはまだけがれがたくさん含まれたものであるから、正しい情報もその中にあるかもしれないけど、間違った情報もいっぱいあるかもしれない
それくらいの軽い気持ちでいたほうが良いかもしれない

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

悟りとは

多くの人は「本当はやりたいことがある。でも、周りの目があるから… 金銭的な心配があるから… 常識的に考えるとこうだから…」と何かといろいろ自分の中の“しがらみ”を自ら作ることによって「本当のやりたいこ …

no image

古代日本のカタカムナについて

カ:全てのエネルギーの根源カタ:現象世界に出てきたものカム:潜象世界から命の根源を守っている力ナ:これらを総合する括り 潜象世界の「ム」が抜けて、生物脳が劣化→カタカナ生物脳(直感で捉える脳)が劣化→ …

no image

プラトン

紀元前427年~紀元前347年 古代ギリシャの哲学者 ソクラテスの弟子、アリストテレスの師   40歳の頃の第一回シケリア旅行にて、ピュタゴラス学派と交流を持ったことで、数学・幾何学と、輪廻転生する不 …

no image

『眠れぬ夜に目醒めのお話を…』(著:中村 咲太)をおすすめしたい

『眠れぬ夜に目醒めのお話を…』(著:中村 咲太) kindleで買って読みました。 凄く良い本でした。 実際に神秘体験の数々を経験してきた著者だからこそ、描けるものだと思いますし、この長くない絵本の中 …

no image

自灯明・法灯明についての解釈、仏教とキリスト教について

自灯明・法灯明 「自らを灯明とし、自らをより処として、他のものをより処とせず、法を灯明とし、法をより処とせよ」 と説かれている。 だが、その真理の法というのは、自己意識の中心にあり、それは万人に共通で …