ふるふる哲学

学びの過程を記しています。新しい記事になるほど学びを深めた上での記事となります。

未設定

相対主義 or 絶対的真理?について

投稿日:

相対主義である「人それぞれ」というのは思考停止に陥る危険性がある。

だが、絶対的なものがあると決めてしまうのは独断のドグマに陥る危険性がある。

哲学というのは、知を愛するが語源であり、探求に終わりはない。

これが真実だと思ったことも、容易にひっくり返ることがある。

長らく天動説が絶対的真理だと思われてたが、実は地動説が正しかったのように。
(でも、地動説が真理だとも絶対的には言えない)

どんなに普遍的な真理があると思っていても、それはいつか容易にひっくり返る可能性はある。

それが正しいと考えたら、正しいと信奉しない人を否定せざるを得ない。

絶対的な真理があるのか?ないのか?
それはやはり人間が判断できることではないのかもしれない。

哲学を学ぶということは常に、不満足であるということ、欠けているということを意識して、
それについて向き合っていくこと。

それが哲学であるのだろう。

ネオ高等遊民:哲学マスター
https://youtu.be/x1SL2uAE_LY
こちらの動画でこのことを学びました。

真理はやはり存在しないのかもしれない。人間が知ることは不可能なのかもしれない。
いつ私はこのことを受け入れられるのだろうか。
本当の悟りとは何か? お釈迦様が真に言いたかったことは何だろうか?
お釈迦様の「無記」がヒントになるのかもしれない。

常見、断見といった悪見につながることをお釈迦様は、無記として回答・言及を避けた。
このことは、つまり、「相対主義」「絶対的真理」この二元論に囚われるなと言ってるのだろうか。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

現時点での私の中の結論

私なりに今までの得た知識等を総合して考えてみた結果、現時点での私の中の結論は、 『汎経験説』(Wikipediaより:汎経験説とは、現象的意識・クオリアといった心的経験が、脳や神経細胞といった巨視的な …

no image

仏教の歴史は、原点回帰の歴史である説

原初的な、狩猟文化の「アニミズム」的な世界観においては、原地母神の創造性との一体化が世界観の本質であった。 参考:https://morfos.blog.ss-blog.jp/2020-11-05 ま …

no image

『【宇宙くんの手紙】中村咲太』のYouTube動画を見た内容のメモ6

●魂のマイポジションに戻る時🌟宇宙のサポーターとのチャネリングのやり方https://youtu.be/v1wYUd2IOB4 魂のマイポジション現実のマイポジション→ 職業、主婦、等あり方のマイポジ …

no image

本来の自己を思い出す

人間の文明の成長過程は、人間が赤ちゃんから子供時代を経て大人に成長する過程に似ているような気がする。 そして、ある段階で気が付く。赤ん坊の頃が一番神に近い存在であったということに。 エーリヒ・フロムの …

no image

私の考える創造神話と終末論

生成、消滅、変化のしない、時間も流れない、「一切の認識を超えた世界」があります。それは「一者」と呼ばれる世界であり、「空」と呼ばれる世界でもあります。 始め、「一切の認識を超えた世界」から、イデアと呼 …