ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

相対主義 or 絶対的真理?について

投稿日:

相対主義である「人それぞれ」というのは思考停止に陥る危険性がある。

だが、絶対的なものがあると決めてしまうのは独断のドグマに陥る危険性がある。

哲学というのは、知を愛するが語源であり、探求に終わりはない。

これが真実だと思ったことも、容易にひっくり返ることがある。

長らく天動説が絶対的真理だと思われてたが、実は地動説が正しかったのように。
(でも、地動説が真理だとも絶対的には言えない)

どんなに普遍的な真理があると思っていても、それはいつか容易にひっくり返る可能性はある。

それが正しいと考えたら、正しいと信奉しない人を否定せざるを得ない。

絶対的な真理があるのか?ないのか?
それはやはり人間が判断できることではないのかもしれない。

哲学を学ぶということは常に、不満足であるということ、欠けているということを意識して、
それについて向き合っていくこと。

それが哲学であるのだろう。

ネオ高等遊民:哲学マスター
https://youtu.be/x1SL2uAE_LY
こちらの動画でこのことを学びました。

真理はやはり存在しないのかもしれない。人間が知ることは不可能なのかもしれない。
いつ私はこのことを受け入れられるのだろうか。
本当の悟りとは何か? お釈迦様が真に言いたかったことは何だろうか?
お釈迦様の「無記」がヒントになるのかもしれない。

常見、断見といった悪見につながることをお釈迦様は、無記として回答・言及を避けた。
このことは、つまり、「相対主義」「絶対的真理」この二元論に囚われるなと言ってるのだろうか。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

FNS歌謡祭コンサート時代

FNS歌謡祭のコンサート時代は、1991年から始まります。 FNS歌謡祭というタイトルは、コンテスト時代から変わりませんが、「その年を象徴する歌手の代表曲を披露するのみ」という形式に変わったのです。 …

no image

全ての真理は、パルメニデスの「一なるもの」や仏教の「空」に還元されるのではないか説

パルメニデスの「一なるもの」 仏教の「空」 これらの概念が、全ての基盤になっているのかもしれない。 ジョン・ホイーラーは、リチャード・ファインマンに電話で「単一電子宇宙仮説」を提案したそうです。物質も …

no image

宗教を比較した考察

ゾロアスター教・感謝の儀式・森羅万象に宿る善のために働く精霊・善悪二元論・最後の審判・天国と地獄・善思・善語・善行の3つの徳(三徳)の実践 マンダ教・流水による洗礼、信仰儀礼の遵守による光の世界の帰還 …

no image

ありのままに見た「世界」とはどんな世界か?

ありのままに見た「世界」・宇宙:複数の銀河団やあらゆる天体の存在する時空間・銀河団:多数の銀河が互いの重力の影響によって形成された銀河の集団・銀河系:複数の惑星系や恒星を含む天体の集まり・太陽系:太陽 …

no image

凄いサイトとそのkindle本を見つけた ⇒ 情報と物質の関係に基づいた「心身問題・観測問題は擬似問題」の科学的証明

http://infomatlabo.cool.coocan.jp/ 心身問題や観測問題について議論しているサイトであるが、 「心身問題とは何か 心身問題は擬似問題である」 「クオリアの起源 「クオリ …