ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

神と一対一で向き合うとはどういうことか?

投稿日:

キルケゴールは、人間の実存には3つの段階があると言い、
「宗教的実存」は、その3段階目で、
「死に至る病(絶望)を自覚し、単独者として神と一対一で向き合うことで本来の自分を取り戻す段階」としています。

この、「神と一対一で向き合う」とは一体どういうことか?
と考えた時、
ハイデガーの「死への存在」が理解へのヒントになるのではないかと思いました。

私たちには、みんな必ず「確実な死」という共通する避けられない人生の終焉が待っています。
この「確実な死」と向き合うことで、真の自己を取り戻すということが、キルケゴールの言う「神と一対一で向き合う」ということではないかと思うのです。

神と向き合う ≒ 死と向き合う
と言っても良いと思います。

将来の「確実な死」と向き合うことで、真の自分の人生を送ることができるということですね。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

『【宇宙くんの手紙】中村咲太』のYouTube動画を見た内容のメモ11

●【宇宙会議で聞いたコト】7月からの「世界&人類」のエネルギーやポイント🌍https://youtu.be/xGXDLXZQrf0 ハイブリッド共同評議会宇宙のいろいろな種族、マスターたちが集まって会 …

no image

ブロック宇宙論とクオリア

心の哲学まとめWiki の 「現象的意識の非論理性」https://w.atwiki.jp/p_mind/pages/139.html と 「意識の統一性」https://w.atwiki. …

no image

雑記

今までの探求の道筋 今まで私が「この世とは何か?」について探求してきた、道筋のざっとメモったやつを挙げます。 メモをそのまま挙げるので、読みにくいとは思いますが・・・ 宇宙への興味 ・次元とは何か―0 …

no image

解脱

プラトンが唱える「輪廻転生の輪からの解脱」の元ネタは、それより前にあった古代ギリシャの「オルペウス教」という宗教です。 そして、仏教がいう「輪廻転生の輪からの解脱」の元ネタは、それより前にあった古代イ …

no image

補足

~補足6~ドイツの哲学者マルクス・ガブリエルの著作『なぜ世界は存在しないのか』に書かれていることは真理に近いように思える。 ~補足7~宇宙論について、ロジャー・ペンローズの提唱した「共形サイクリック宇 …