ふるふる哲学

学びの過程を記しています。新しい記事になるほど学びを深めた上での記事となります。

未設定

過去記事9

投稿日:2018年4月8日 更新日:




「超常現象」をホログラフィック・モデルで説明

ホログラフィック・モデルとは?

※画像:https://matome.naver.jp

宇宙そのものは一種の巨大なホログラムであり、時間と空間をまったく超越したレベルからの投影である。

この驚くべき考えを築き上げたのは、アインシュタインの弟子であり、世界で最も尊敬されている量子物理学者のひとり、ロンドン大学のデイヴィッド・ボームと、スタンフォード大学の神経生理学者で、古典的とも言える神経心理学の教科書『脳の言葉』(邦訳、誠信書房、1978)の著者でもあるカール・プリブラムの二人である。

興味深いのは、ボームとプリブラムが、それぞれまったく異なる方角から進んできて、同じ結論に達したという事実だ。

ボームは、通常の理論では量子物理学の世界で遭遇する現象のすべてを説明できないことにあきたらず、長年不満を持ち続けたのちに、はじめて宇宙のホログラフィックな本質に確信を持つようになった。プリブラムのほうも、通常の理論ではさまざまな神経生理学上の謎を説明できなかったため、これに確信を持つに至ったのだった。

しかし、いったんこの考えに到達してからは、ボームとプリブラムともに、ホログラフィック・モデルが他にもいくつかの謎を解明できることにすぐ気づいた。

このモデルがほとんどすべての超常現象や神秘体験を説明するのに役立つということだ。

※出典:『投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待』(著:マイケル・タルボット)
Yahoo!ショッピング検索結果

五感を超えた結びつき ~テレパシー~

※画像:https://www.youtube.com

催眠術をかけられた人間が、他の人の感覚に「入り込む」ことができるということがいくつかの研究者によって報告されている。

イギリスの物理学者ウィリアム・バレット卿は、ある若い女性を使った一連の実験でこの現象が存在する証拠をつかんでいる。

催眠術をかけた後で、バレットは彼女に対し、自分が味わうものは全部彼女にも味がわかると告げた。「彼女のうしろに立つと、私はまず塩をとって口に入れてみた。その瞬間、彼女は口から吐き出すようにして言った。『なんで塩なんか入れるのに?』 つぎに砂糖を試してみた。『ああ、これならいいわ』。どんな味がするかたずねると『甘い』と答えるのだった。続いて辛子、胡椒、生姜などを試した。私が何を口に入れても彼女はそれを当てることができたし、明らかにその風味を味わうこともできるようであった」。

著作『遠隔からの影響力実験』で、旧ソヴィエトの生理学者レオニード・ワシリエフは、1950年代にドイツで行われた研究でも似たような結果が得られたことをあげている。

(※詳細は書籍をご覧ください)

※画像:http://nyankowankochang.hatenablog.com

どうも私たちは、また別なかたちで互いに結びついているようだが、これはホログラフィック・ユニヴァースではそれほど不思議なことではない。

そればかりか、こうした結びつきは、私たちが意識の上では気づいていないときでも表れているのである。

いくつかの研究によって、ひとつの部屋にいる人間の電気ショックを与えると、別の部屋にいる人間につながれたポリグラフ(うそ発見器)の針が振れることが実証されている。被験者の目の前で光を点滅させると、別の部屋に隔離された人間に接続されたEEG(脳波計)に変化が記録され、そして別の部屋にいる「送り手」が、知らない人の名前のリストの中に知人の名前を見つけると、被験者の指の血液の流量(自律神経系の働きを示す高感度機器、プレチスモグラフによる計測)までもが変化するのである。

※出典:『投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待』(著:マイケル・タルボット)

同じ空想現実の構築

※画像:http://news.rabbitalk.com

私たちの間に深い結合性が存在し、この結合性を通して受けとった情報から確固たる現実と断言できるものを構築する能力が私たちにあるとすると、もし二人以上の人間が催眠術を受け、空想の中で同じ現実を構築しようとしたらどうなるであろうか。

この興味をそそられる問題は、カリフォルニア大学デイヴィス校の心理学教授チャールズ・タートの手で行われた実験によってその答えが出されている。

タートは、催眠術者として高い技能をもち、深いトランス状態にもすぐ入れるという、アンとビルという名の二人の大学院生を見つけた。彼はまず、アンに頼んでビルに催眠術をかけてもらい、こんどは反対にビルにアンを催眠術にかけさせた。

―中略―(詳しくは実際に書籍をご覧ください)

二人の話している様子を聞きながら、二人が同じ幻覚現実を体験していることがすぐにわかった。

一緒に体験しているこの夢世界では、自分たちは話を交わしているのだ、と二人は答えた。これは、二人の間で交わされるなんらかの超常的コミュニケーションが関わっている現象だとタートは感じた。

アンとビルの「海辺の世界」は、ホログラフィックな現実の完璧な例と言える。相互結合の中から紡ぎ出される三次元構造の現実 ―― それは意識の流れによって維持され、そして究極的にはそれを創出した思考プロセスと変わらぬくらい変幻自在なのだ。

※出典:『投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待』(著:マイケル・タルボット)
Yahoo!ショッピング検索結果
関連商品はこちら

[show_more]

Yahoo!ショッピング検索結果
Yahoo!ショッピング検索結果

[/show_more]

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

64劫目で理想郷が生まれる

阿毘達磨倶舎論によると、64劫目で三禅天まで無くなり、全ての存在が四禅天で暮らすことになるらしい。 つまり、全ての存在が悟りの境地に至るにはこれだけの長い時間がかかるのだといえる。 だが、この一連のプ …

no image

現時点での私の中の結論

私なりに今までの得た知識等を総合して考えてみた結果、現時点での私の中の結論は、 『汎経験説』(Wikipediaより:汎経験説とは、現象的意識・クオリアといった心的経験が、脳や神経細胞といった巨視的な …

no image

『【宇宙くんの手紙】中村咲太』のYouTube動画を見た内容のメモ8

●【ここからの目醒めのポイント✨】「大いなる自分」が創る流れ。|#宇宙 #リーディング #満月 #スピリチュアルhttps://youtu.be/nttqaeURDvM 抗えないような大いなる自分が創 …

no image

雑記

人生とは何か? 私はなぜ生まれ、そしてなぜ生きて、なぜいつか死ぬのか? 誰もが一度は疑問に思うことだろう。 古代から人類は、このことについて疑問に思い、そしてそれに対する解答を探求してきた。 その中で …

no image

雑記

全ては、物理法則に従って動く因果的決定論な世界。   「自由意志は幻想である」これは学会の定説であるらしい。 自由意志は本当は無い。だが、我々は自由意志が「ある」ように感じている。 自由意志という存在 …