ふるふる哲学

今までいろいろな教えに触れてきましたが、私は「神人さん」の教えが、真の教えとしてとてもわかりやすく感じました。 神人さんの教えに興味のある方は「神人講演会」に参加されることをおすすめいたします。

未設定

ブロック宇宙論とクオリア

投稿日:

心の哲学まとめWiki の 「現象的意識の非論理性」https://w.atwiki.jp/p_mind/pages/139.html と 「意識の統一性」https://w.atwiki.jp/p_mind/pages/155.html

という記事を読んでいて、“哲学や科学分野の初心者な私”がふと自分の中でイメージした宇宙像は…

量子化された時空を1つの「ブロック宇宙」と捉え、量子化された時空分の量子化されたクオリアがそこに内在している、

その「量子化ブロック宇宙」が1生物個体の一生分集まってできた、「1個体分のブロック宇宙」があり、

全生物のブロック宇宙が存在している。

その「全生物のブロック宇宙」は、「全宇宙史ブロック宇宙」の中に存在している。

という、ブロック宇宙像をイメージしました。

つまり、
「全宇宙史ブロック宇宙」があり、
その中には、「全生物のブロック宇宙」が1個体ごとに存在し、
その1つ1つの1個体ブロック宇宙は、量子化された「量子化ブロック宇宙」により構成されている、
という感じのブロック宇宙を想像したのだが、

知識不足の私ならではのイメージと思ってもらえると幸いです。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

仏教の教えを実践できない人のための方法

仏教の教えを知識としては知っている。 中道という考え方を知っていて、お釈迦様の人生を追体験すれば悟りの境地に至れるということも知識としては知っている。 けど、どうしてもそれを実際に実践することができな …

no image

やはりネーターの定理でクオリアを説明できるかもしれない?(クオリアに保存則はやはり当てはまる?)

「外界にあるエネルギー」が、感覚器を通して脳内で「情報化」され、それが「クオリア」として変換される。 「外界にあるエネルギー」も「クオリア」も、同じネーターの定理で説明できる保存量である。 とするなら …

no image

量子の観測問題とベルクソンの哲学

量子の不思議な特性に「波動関数の収縮」というものがあります。観測していない時の粒子の状態は「波動」であり、意識が観測すると「粒子」になる。意識が観測している時の粒子というのは「A地点にしか存在しない」 …

no image

「本当は存在しない」と同時に、「全ての可能性が存在する」

前回の記事で、「意味」や「目的」は、本当は存在しないと記載した。 高次な神の次元に行くほど、仏教の『般若心経』で説かれている内容が真理になってくると思われる。 だが、シャーマニズムにおける祖霊は「未分 …

no image

もう一つの案(唯識を中心に)

唯識において、「種子」という、いろいろの現象を起こさせる可能性である、可能力があります。 ベルクソンは「世界はイマージュの総体」だと言いました。 イマージュ ≒ 種子 と解釈すると、唯識においては、「 …