ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

仏教の教えを実践できない人のための方法

投稿日:

仏教の教えを知識としては知っている。

中道という考え方を知っていて、お釈迦様の人生を追体験すれば悟りの境地に至れるということも知識としては知っている。

けど、どうしてもそれを実際に実践することができない。

そういう人は、どんなことを心掛けていけば良いのだろうか?

それはおそらく、
「人生の苦を喜んで受け入れる」ことなのだろう。

人生の苦を喜んで受け入れ、
むしろ人生の苦こそ絶好のチャンスなのだということを知る。

それだけでもだいぶん違うのかもしれない。

その人生の苦を受け入れ、それを乗り越えた先に、きっと少なくともちょっとした「悟り」があるのかもしれないのだから。

だから、全てに「ありがとう」と私は言いたい。

それが、ニーチェの言う「運命愛」でもあるのかもしれない。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

それでも、「無償の愛」という絶対的真理がそこにはある

自我や煩悩は肯定しても良い。 人間臭さも肯定して良い。 かつては、それを望んで我々は自由を獲得しようとしたのだから。 自我や煩悩は肯定して良いけど、それでも1つだけ忘れてはいけない絶対的真理があると思 …

no image

「神との合一」は、「死」によって必ず達成される

「神との合一」は、「死」によって必ず達成される。 「死」の先にあるのは、仏教でいう「空」であり、それすなわち「神との合一」である。 世界に意識はひとつ、という考えがあるが、私という意識と、あなたという …

no image

私の考える創造神話と終末論

生成、消滅、変化のしない、時間も流れない、「一切の認識を超えた世界」があります。それは「一者」と呼ばれる世界であり、「空」と呼ばれる世界でもあります。 始め、「一切の認識を超えた世界」から、イデアと呼 …

no image

自説:一者との合一は不可能である

一者との合一は不可能である。一者は、常に持続を創造する存在を超えた存在であり、存在を超えた存在であるため、我々存在する者が一者と合一することは不可能であると思われる。 では、仏教の言うところの「涅槃に …

no image

一者はハイブマインド説

私の意識=あなたの意識という「世界に意識は一つ」の一つは、文字通りの一つではなく、「ハイブマインド」なのかもしれない。それも、個性を保持してながら必要に応じて集合精神に入ったり出たりできるタイプの「弱 …