ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

最も、最適な「祈り」の方法は、神社やお寺に参拝することである説

投稿日:2022年4月19日 更新日:

「祈り」を実践する上で、具体的にどのように行うことが最適であるかについて考えたところ、
実はその答えは身近なところにあった。

それは「(身近な)神社やお寺に参拝すること」である。

(少額ずつでも定期的に)お賽銭を入れることで「お布施」となり、徳が積まれ、
感謝の心を持って「祈り」を捧げることで、心が浄化されていく。

このような意味で、
神社やお寺に参拝することが、最適な実践方法であると思われる。

お七夜と命名
初宮詣、初寺詣
お食い初め
初節句
初誕生
七五三詣
十三詣
結婚式
厄除け
歳祝い、賀寿祝い
神葬祭、寺院葬

これらの「人生儀礼」において、神社やお寺に行く機会がある。
だが、日ごろから神社やお寺に参拝することも大事なことである。

具体的な参拝方法については、こちらのサイトを参考にしてください。

https://www.oshiete-oterasan.com/sp/knowledge/c-sanpaijinjya.html

https://www.oshiete-oterasan.com/sp/knowledge/c-sanpaitera.html

 

※だが、おそらくこれは眠りの時代においてのことであり、目醒めの時代においては1人1人がみんな自分自身がパワースポットになる時代になると思われる。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

いろいろな宗教を総合して考えてみた結果

苦は、人との関係や自然との関係においてのみもたらされ、快楽もまた、人との関係や自然との関係においてのみもたらされる。世界の全ては、人との関係や自然との関係によって構成されている。 キリスト教における「 …

no image

マルクス・ガブリエル、ヘーゲル、仏教、スピリチュアルの言葉を使って真理について考察

空(くう)から、あらゆる意味の場が発生した。 あらゆる全ての意味の場の中心にある本質は、空というvoidである。 世界の目的は「あらゆる全ての意味の場」を止揚した「理想郷の意味の場」の創造である。 我 …

no image

火の鳥の正体は、インド神話における創造神ブラフマーではないか説

手塚治虫氏の名作『火の鳥』  Yahoo!ショッピング検索結果 晩年、最後に描く予定だった幻の作品「火の鳥 現代編」 その内容とは、「猿田の最期の末裔(手塚治虫氏)の亡骸から、火の鳥が誕生する」という …

no image

過去記事7

「集合的無意識」「夢」「覚醒夢」をホログラフィック・モデルで説明 ホログラフィック・モデルとは? ※画像:https://matome.naver.jp 宇宙そのものは一種の巨大なホログラムであり、時 …

no image

強引にアートマン(魂)の存在を肯定して、輪廻転生を肯定した場合の私の思う仮説

~前提~ ・時間の流れが無い、「イデア」という形相がある ・物理世界に発現する主観的世界においてのみ、時間の流れが存在する ・決定論的な世界観   ~強引にアートマン(魂)の存在を肯定して、輪廻転生を …