ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

臨死体験のパターンと瞑想のワンネス体験から考察する「世界の真理」

投稿日:

臨死体験には、ある一定のパターンが存在する。

臨死体験のパターン

1:死の宣告が聞こえる

2:知覚が鋭敏になる

3:体外離脱する

4:意識だけが宇宙へ旅立つ

5:暗いトンネルを通過して出口に明るい光を見る

6:神秘的あるいは強烈な光に遭遇する
・無条件の愛に包まれ、宇宙と深く結びついていると感じる
・心の安らぎ、とてつもない恍惚感
・人生回顧(ライフ・レビュー)
・無限の知識に触れ、未来が示される
・死後の世界の人々との意識交信、死後の世界の階層を見る、死後の世界との境目を見る

※『チベット死者の書』にも「生命の本性であるまばゆい光が現れる」と書かれている

参考

https://karapaia.com/archives/52137088.html

https://tocana.jp/2020/10/post_173095_entry.html

https://onlylife.jp/blog/1/1-1/1-1-3/1-1-3-4/

http://osoushiki-plaza.com/anoyo/takai/takai1.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A8%E6%AD%BB%E4%BD%93%E9%A8%93

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E6%AD%BB%E8%80%85%E3%81%AE%E6%9B%B8

この臨死体験のパターンから、プロティノスの新プラトン主義の思想またはプラトンのイデア論または仏教思想にも結び付けることができるかどうか考察していきたいと思う。

>神秘的あるいは強烈な光に遭遇する
この神秘的な光こそ「一者」であると思われる。

>無限の知識
一者には無限の知識、つまり宇宙の全ての可能性が一者の中にあると考察できる。
また、この一者を「イデア」と捉えることもできる。

また、瞑想による体験として「ワンネス、宇宙との一体化」の体験が報告されている。
これは仏教の「空」に相当する。

このことから、一者は宇宙そのものであると考察できる。

>人生回顧(ライフ・レビュー)
ここからわかることは、自己と他者を分けるのは「記憶の違い」つまり「カルマ」の違いであると考察できる。

>死後の世界の階層
この階層は、カルマの違いによる階層であると考察できる。

これらの考察を基に、宇宙の始まりについて、世界の真理についての考察を行いたいと思う。

一者は、精神の源でもあると同時に、物質世界の源でもあるとするならば、
「一者から精神の源であるヌース質料が流出し、ヌース質料は一者を振り向いて見ることで、ヌースつまり“心に映し出された物質世界”を生み出す」
という考察ができる。

これが宇宙の創造であり、ビッグバンの始まりである。

心に物質世界が映し出されることで、行いが発生し、行いが発生することでカルマが発生する。

カルマが発生することで、新たな心を生み出し、新たな心は再び一者を見ることで新たに“心に物質世界が映し出す”

カルマは、プロティノスの言うロゴスに相当し、生み出された新たな心というのは魂に相当する。

この、“心に物質世界が映し出される”つまり「世界の創造」の連続が「時間の流れ」を生み出す。
カルマの連続が、魂を構成する。

仏教の経典『ダンマパダ』にこう記されている。

>ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される

これが、心が世界を創るということであり、プロティノスの新プラトン主義の唯心論にも当てはまる。

このように、臨死体験のパターンと瞑想のワンネス体験から、プラトンのイデア論、プロティノスの新プラトン主義、仏教の思想に通じる「世界の真理」を考察することができるということがわかる。

※実際に自己意識の中心にある真理の扉を開いて心の眼で見て確かめる上では、「瞑想」のみを推奨したい。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

無知であるがゆえに知能を生み出した説

——————————————&# …

no image

生物の進化と、魂の進化

仏教における、六道輪廻において、人間界のほうが畜生界(動物)より上となってます。 また、ショーペンハウアー哲学においても、植物を低位のイデア、最上位のイデアを人間と捉えています。 ベルクソンは「創造的 …

no image

ショーペンハウアー、プラトン、仏教

ショーペンハウアー「自殺について」漫画版読み終えました。感想としては… 内容は、仏教哲学の思想が一番近いかなという印象でした。もともと、ショーペンハウアーは東洋思想に大きく影響されたから、その思想が色 …

no image

「本当は存在しない」と同時に、「全ての可能性が存在する」

前回の記事で、「意味」や「目的」は、本当は存在しないと記載した。 高次な神の次元に行くほど、仏教の『般若心経』で説かれている内容が真理になってくると思われる。 だが、シャーマニズムにおける祖霊は「未分 …

no image

西田哲学の中に、真理を理解するヒントがあるように思えた

茂木健一郎さんの動画自己意識の中心の空虚さについて自己意識の中枢はなぜ無色透明なのかを見ているうちに、西田幾多郎の「絶対無」という概念をふと思い出しました。 西田哲学については、哲学チャンネルさんのこ …