ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

私個人の思想

投稿日:

私個人が「理想」だと思う境地、
こういう境地を目指したいと思う「理想の姿」についての思想を語りたいと思う。

私は人生において、こういう境地になりたいと思って生きている。

それは、
「無所有の状態で幸せになれる境地」である。

真理は外にあるのではなく、自分の内側にある。

真理を知りたいと思うならば、自己意識の深層の中枢を観察すれば良い。

※その実践方法の1つとして、サマタ瞑想がある。
(だが、そのサマディに執着しない)

何も所有する必要はない。
なぜならば、所有しているものは全て「生きている間」だけしか所有することができない。

それに執着したところで、いつか必ず手放す時が来る。

私の思う究極的な幸せとは、「無所有の状態で、全てを悟り、無所有の状態こそが最高の幸せである」という境地である。

無所有、だが孤独ではなく、全てと繋がり合っている。

幸せとは、繋がり合いである。

自分が今ここにいる。
ただそれだけで幸せである。

 

※現代の常識においては、最低限所有しなければ生きていけないものに関しては所有せざるを得ないため、最低限のもののみ所有することになる。

※また、家庭を持つことに関して、家族という存在は「独立した1人の人間」であり、私が所有しているわけではなく、独立した1人の人間同士尊重し合い、繋がり合う境地が理想的であると私は思う。
血縁の近さは、繋がりの深さであり、家族とは、繋がりの深い間柄である。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

FNS歌謡祭 コンテスト時代

FNS歌謡祭というものがあります。 フジテレビ系列で放送されている、年末大型音楽番組であります。 コンテスト時代は(1974年 – 1990年)であり、実は、明確な目的をもって始まったので …

no image

睡眠は、特殊な輪廻転生の一種である説

後期密教、タントリズムではこのように考えられている。 >タントリズムでは、「人間の1日」の周期と、「人間の一生」の周期と、「宇宙」の周期と「神の1日」の周期を重ねて考えました。
つまり、「睡眠/夢見/ …

no image

人生の目的、課題におけるキーワード

●物質主義、ものへの執着、肉体的な欲、精神的な依存を減らす心・精神性において「奉仕」を重要視する ●対人関係において、慈愛の心を持ち、見返りを求めない奉仕の心を持つ ●苦しみは、天からの贈り物であり、 …

no image

仏教について

仏教の教えは本来、死後のことにはあまり触れてない。「無記」という形でお釈迦様は、回答をしていない。仏教は、過去や未来にとらわれない「今を生きる」教えであり、そもそも、スピリチュアルな霊的真理を知りたい …

no image

スピリチュアリズム入門を読んで、自分なりにまとめたメモ

スピリチュアリズム普及会スピリチュアリズム入門https://spiritualism-books.jp/sp-introduction1/   睡眠中すべての人間が、幽体離脱している(思い出せないだ …