ふるふる哲学

今まで探求してきたものをまとめたメモ、「学びの過程」

未設定

世界の目的は「理想郷」の創造である

投稿日:

各思想の解釈

●プラトンのイデア論
①善のイデア ⇒ ②イデアを創造 ⇒ ③イデアから追放された魂 ⇒ ④宇宙誕生 ⇒ ⑤徳を積む ⇒ ⑥イデアへ帰還

●キリスト教
①神 ⇒ ②エデンの園を創造 ⇒ ③失楽園 ⇒ ④宇宙誕生 ⇒ ⑤アガペー、隣人愛 ⇒ ⑥最後の審判で天国へ(エデンの園へ帰還)

●仏教
①如来 ⇒ ②仏国土を建立、空劫、第四禅天(色究竟天、阿迦尼吒天) ⇒ ③成劫 ⇒ ④宇宙誕生 ⇒ ⑤住劫、カルマを解消 ⇒ ⑥壊劫から空劫へ(第四禅天へ帰還)

世界の目的は「理想郷」の創造である。

神はまず最初に、理想郷を創造した。
だが、誕生したばかりの魂は煩悩にまみれており、その煩悩により理想郷から追放されることとなった。
そして宇宙が誕生した。

宇宙は、煩悩を解消するための場であり、「真の理想郷」を創造するためのプロセスの場である。
煩悩を解消した魂は、理想郷に帰還する。
全ての魂が理想郷に帰還すると、宇宙は消滅し、全ての魂が神となった「真の理想郷」が誕生する。

言い換えれば、世界の目的は、キリスト教の言うところの「最後の審判で全生命が天国に行くこと」であり、仏教の言うところの「全生命が仏陀(阿羅漢)になること」であるのかもしれない。

忍者AdMax



忍者AdMax



-未設定

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ネーターの定理ではクオリアは説明できない?(クオリアに保存則は当てはめらない?)

「心の哲学まとめWiki」の記事「パルメニデス」にてhttps://w.atwiki.jp/p_mind/pages/96.html >物理的なものは生成消滅しているように見えても、実は他の元素や素粒 …

no image

FNS歌謡祭 コンテスト時代

FNS歌謡祭というものがあります。 フジテレビ系列で放送されている、年末大型音楽番組であります。 コンテスト時代は(1974年 – 1990年)であり、実は、明確な目的をもって始まったので …

no image

意志はいかなる目標も限界もない。 意志は終わるところを知らぬ努力である。

ショーペンハウアー(著)「意志と表象としての世界」第29節:意志はいかなる目標も限界もない。 意志は終わるところを知らぬ努力である。 を読んで、はっとさせられました。 人生とは終わり無き努力であり、こ …

no image

過去記事2

ブラックホールとホログラム ~『隠れていた宇宙 』(著:ブライアン・グリーン )~ ※以前の自身のブログ記事を転載 いや~~~、今回の章は非常に理解が難解であった。 おそらく、この章に書かれた内容の、 …

no image

可能性としてすでに未来は決定しているが、現実としてはまだ存在していないというタイプの決定論的世界である

~補足1~論理的に「世界」そのものを語ることはそもそも不可能である。無限後退… の先に何があるのだろうか… 語ることはできない。「一者」というのは、そもそも存在をも超越した存在であり、人が知覚すること …